笹生優花1勝目は5メーカー混合セットで2勝目は全部キャロウェイ 契約当初から使う“今季メジャー2勝”の名器とは?

3年ぶり2度目の全米女子オープン優勝を果たした笹生優花(さそう・ゆうか)。2021年に初優勝したときは5メーカーのクラブをミックスしたセッティングでしたが、今年は14本のクラブからボールまでオール・キャロウェイでメジャー2勝目を挙げました。

「APEX UW」は全米プロ覇者のザンダー・シャウフェレも使用

 3年ぶり2度目の全米女子オープン優勝を果たした笹生優花は、2022年にキャロウェイゴルフと契約しました。21年の全米女子オープンで優勝したときはドライバーがテーラーメイド、フェアウェイウッドとユーティリティーはキャロウェイ、アイアンは三浦技研、ウェッジはタイトリスト(ボーケイ)、パターはピレッティという5メーカーの混合セットでした。

昨年“ガチ”のマッスルバックである「APEX MB」にアイアンを変更してから上り調子となった笹生優花 写真:Getty Images
昨年“ガチ”のマッスルバックである「APEX MB」にアイアンを変更してから上り調子となった笹生優花 写真:Getty Images

 しかし、今年は14本のクラブとボールをオール・キャロウェイで揃えています。メーカー契約している選手でも1、2本は他メーカーを使う選手が多く、14本すべてを契約メーカーで揃えている選手は少数派です。

 ドライバーは今シーズン初戦から「パラダイム Ai SMOKE トリプルダイヤモンド」を使っていますが、このドライバーについては「打点がズレたときでも飛距離が落ちないし、方向性が良い」ことが気に入っているそうです。

 米女子ツアーでもトップクラスの飛距離を誇る笹生ですが、「パラダイム Ai SMOKE トリプルダイヤモンド」を使いはじめてミスヒットしたときの曲がり幅を抑えたことが、アンダーパーが笹生と渋野日向子のたった2人という難コースでのメジャー制覇につながったのでしょう。

 また昨シーズン後半から使い始めたパターがオデッセイの「Ai ONE ミルド 3T」です。このパターはAIフェースによりミスヒットに強いことが特徴です。

 一方、キャロウェイと契約した直後の22年から使い続けているのが19度の「APEX UW」。ユーティリティーとフェアウェイウッドの中間的性能を持つ「APEX UW」は5月の全米プロでメジャー初優勝を達成したザンダー・シャウフェレも使っていました。

 そして全米女子オープンでも精度の高いセカンドショットで勝利に貢献したのが「APEX MB」。昨シーズン前半に4試合連続予選落ちするなど苦戦していた笹生は、アイアンを「APEX MB」にしたことで調子を上げていきました。アイアンをかえた初戦(みずほアメリカズオープン)でトップ10に入ると、2週間後の全米女子プロでも2位、8月のエビアン選手権でも3位になりました。それ以来、このアイアンがエースになっています。「APEX MB」については「音がすごくいいし、思っていたより難しくなかった」とコメントしています。

「APEX MB」は完全なマッスルバックですが、バックフェースの中央部分にはタングステンを内蔵していて、従来のマッスルバックに比べると重心を低く、打球を上がりやすくしています。その性能がうまくマッチしたのでしょう。

 日本人初となるメジャー2勝の偉業を達成した笹生は、さらにメジャーでの勝利数を伸ばすポテンシャルを秘めています。

2024 笹生優花の最新セッティング

1W:キャロウェイ パラダイム Ai SMOKE トリプルダイヤモンド(ロフト/9度 IMIDE AND SUNS)
3W:キャロウェイ パラダイム HL(ロフト角/16.5度)
3U:キャロウェイ APEX UW(ロフト角/19度)
4I、5I:キャロウェイ APEX CB
6I-9I:キャロウェイ APEX MB
GW、AW:キャロウェイ ジョーズ フォージド(ロフト角/46度、50度)
SW、LW:キャロウェイ ジョーズ RAW(ロフト角/56度、60度)
パター:オデッセイ Ai ONE ミルド 3T
ボール:キャロウェイ クロムツアーX

【写真】ドライバーに鉛をペタリ…これが笹生優花のウッドからウェッジまで実物の画像です

【写真】18人の一大勢力に! 最新女子世界ランキング 100位以内の日本人選手(6月3日現在)

画像ギャラリー

6位 笹生優花(4.80) フィリピン出身 写真:Getty Images
19位 畑岡奈紗(3.43) 茨城県出身 写真:Getty Images
22位 古江彩佳(3.26) 兵庫県出身 写真:Getty Images
25位 山下美夢有(3.20) 大阪府出身 写真:Getty Images
40位 竹田麗央(2.23) 熊本県出身 写真:Getty Images
41位 岩井明愛(2.20) 埼玉県出身 写真:Getty Images
45位 岩井千怜(2.12) 埼玉県出身 写真:Getty Images
47位 小祝さくら(2.07) 北海道出身 写真:Getty Images
53位 鈴木愛(1.90) 徳島県出身 写真:Getty Images
54位 西郷真央(1.88) 千葉県出身 写真:Getty Images
61位 渋野日向子(1.77) 岡山県出身 写真:Getty Images
70位 西村優菜(1.51) 大阪府出身 写真:Getty Images
72位 櫻井心那(1.48) 長崎県出身 写真:Getty Images
79位 勝みなみ(1.39) 鹿児島県出身 写真:Getty Images
89位 神谷そら(1.22) 岐阜県出身 写真:Getty Images
97位 桑木志帆(1.13) 岡山県出身 写真:Getty Images
98位 吉田優利(1.13) 千葉県出身 写真:Getty Images
99位 稲見萌寧(1.11) 東京都出身 写真:Getty Images
キャロウェイゴルフ日本公式インスタグラム(@callawaygolf_japan)
キャロウェイゴルフ日本公式インスタグラム(@callawaygolf_japan)
キャロウェイゴルフ日本公式インスタグラム(@callawaygolf_japan)
キャロウェイゴルフ日本公式インスタグラム(@callawaygolf_japan)
昨年“ガチ”のマッスルバックである「APEX MB」にアイアンを変更してから上り調子となった笹生優花 写真:Getty Images
1 2 3

最新記事