「10K選べば間違いない」は要注意! ウッズやシェフラーも使う「Qi10シリーズ」打ち比べ ツルさん・ルイゴルフさんの新作ギア選び

インフルエンサーとして若い世代のゴルファーから大人気のルイゴルフさんが、最新クラブから自分に合ったモデルを探す連載企画。サポートしてくれるのはギアに精通したゴルフライターとしてさまざまなゴルフメディアで活躍する鶴原弘高さんです。今回はテーラーメイドで人気の「Qi10シリーズ」を打ってみました。

「Qi10 MAX」はヘッドが大きく見える

 インフルエンサーとして若い世代のゴルファーから絶大な人気を誇るルイゴルフ(大塚塁)さんは、インスタグラムのフォロワーが6万人を超えており、スコアを50日で100切りした方法は大きな話題になりました。

 そんなルイゴルフさんが、ギアに精通したゴルフライターとしてさまざまなメディアで活躍する、ツルさんこと鶴原弘高さんと一緒に自分に合ったモデルを見つける連載企画。今回は、タイガー・ウッズやスコッティ・シェフラーも使用するなど、世界中のツアーで使用率の高いテーラーメイド「Qi10シリーズ」を打ち比べてみました。

今回試打するテーラーメイドの「Qi10シリーズ」
今回試打するテーラーメイドの「Qi10シリーズ」

 まずは、高い慣性モーメントの10Kドライバーとして話題になった「Qi10 MAX」から打ってみました。

【ルイゴルフさん】※以下【ル】
 初めて見ましたけど、これ本当に460ccですか? もっと大きく見えました。

【鶴原さん】※以下【ツ】
 もちろん460ccです。ただ、慣性モーメントを大きくするために縦も横もルール限界まで長くしています。投影面積はドライバーの中でも最大級です。

【ル】今までのテーラーメイドの「顔」とはかなり違います。

【ツ】打った印象はどうでしたか?

【ル】ダウンスイングで少し違和感がありました。ヘッドが大きいので振り遅れるというか、インサイドアウトでドローを打つイメージだったのが、そのままプッシュアウトしてしまいました。

【ツ】ルイゴルフさんのように自分の感覚でフェースを返したいタイプにはミスマッチかもしれません。インパクトまでにフェースがスクエアに戻ってこないので、スライス回転で右方向に飛ぶ打球が多かったです。

【ル】安定感はありました。でも、安定して右に飛んでしまいました(笑)。

【ツ】慣性モーメントが大きいので打球のバラツキは抑えられていますが、ヘッドの微調整がしにくいモデルです。うまくハマった人は安定してストレートボールが打てますが、ルイゴルフさんのように右に飛ぶ人は、何球打っても右に飛んでしまう可能性もあります。

ドローボールが打ちやすい「Qi10」

 次にスタンダードモデルの「Qi10」を試打します。

「Qi10」を試打するルイゴルフさん
「Qi10」を試打するルイゴルフさん

【ル】アドレスした時点から全然、こっちの方がいいと思いましたし、打った結果も良かったです。

【ツ】「Qi10 MAX」だとスピン量が3000回転前後でしたが、「Qi10」だと2500回転の適正値になっています。ボールスピードも70メートル/秒前後だったので飛距離も出ていました。

【ル】持ち球である右に打ち出してからのドローボールを打ちやすかったです。

【ツ】ミスヒットへの強さと操作性のバランスがいいモデルなので、球筋も打ち分けやすいと思います。

【ル】打感も良かったです。ちなみに「Qi10シリーズ」もカーボンフェースですよね。

【ツ】はい。テーラーメイドのカーボンフェースは「ステルスシリーズ」から始まり、どんどん打感が良くなっていると評価されています。

「Qi10 LS」は上級者にオススメ

 最後はロースピンタイプの低弾道で飛ばす「Qi10 LS」を試してみます。

ヘッドの説明をするツルさん(左)とルイゴルフさん(右)
ヘッドの説明をするツルさん(左)とルイゴルフさん(右)

【ル】ちょっと小ぶりに見えましたが、1番飛びました。マン振りしても左に行かないので思い切り打てました。

【ツ】確かに飛んでいますし、チーピンも出ていません。ただ、スピン量が2000回転前後でロースピンすぎるのが気になります。

【ル】1番良い球を打てたのは「Qi10 LS」でしたが、1番ダメなミスが出たのも「Qi10 LS」です。打った瞬間に「あっ!」と思ったら40ヤードも右に飛んでしまいました。

【ツ】あのミスは「Qi10 MAX」なら、20ヤードくらいに抑えることができた可能性が高いですね。

【ル】OBになってしまうのか、ラフで止まるかの差は大きいですね。

【ツ】ヘッドスピード47メートル/秒のルイゴルフさんであれば決して打てないドライバーではありませんが、一発のミスが怖いですね。

 最後に「Qi10シリーズ」の3モデルを打ち比べた感想を聞いてみました。

【ル】魅力的なのは「Qi10 LS」ですが、実用性を考えるとスタンダードの「Qi10」ですね。飛距離や形状、振りやすさ、打感も良かったので、全体的に高得点でした。「Qi10 MAX」は私のスイングとはミスマッチでした。ヘッドサイズが大きく見えることも含めて、意外と好き嫌いが分かれるモデルだと思います。

【ツ】テーラーメイドのドライバーはスピン量が少なめです。スタンダードの「Qi10」でも十分にロースピンになります。「Qi10 LS」はロースピンタイプではなくて、言ってしまえば「超ロースピンタイプ」です。「Qi10 MAX」でも決してスピンが多い方ではなくて、標準くらいになります。それを踏まえて自分に合ったモデルを選ぶことが大切です。アマチュアゴルファーだとルイゴルフさんのようにヘッドスピード45メートル/秒以上でも「Qi10」がマッチする可能性が高いです。「Qi10 LS」は自分で球筋を打ち分けられる自信がある上級者にオススメです。

鶴原弘高 (つるはら・ひろたか)

大阪府出身。ゴルフ専門の編集者兼ライター。仕事のジャンルは、新製品の試打レポート、ゴルフコース紹介、トレンド情報発信など幅広く、なかでもゴルフクラブ関連の取材が多い。現在はゴルフ動画の出演者としても活躍中。YouTubeチャンネル:『A1 GOLF CLUB』 Instagram:@tsuruhara_hirotaka

ルイゴルフ(大塚塁/おおつか・るい)

愛知県出身。レッスン動画で若年層ゴルファーの支持を得る動画クリエイター。168のスコアからたった50日で100切りを達成したノウハウを伝えるインスタグラムのフォロワーは約6.5万人。現在は20代ゴルフコンペの企画運営などを行っている。

【取材協力】フライトスコープジャパン

「FlightScope MEVO Range」と「Pro V1 RCT」ボール
「FlightScope MEVO Range」と「Pro V1 RCT」ボール

 今回の取材はフライトスコープジャパン本社内のパフォーマンススタジオをお借りし、「FlightScope MEVO Range」と「Pro V1 RCT」ボールを用いて計測を行いました。

【画像】あなたの好きなヘッドはどれ? テーラーメイド「Qi10シリーズ」ドライバーの詳細画像(24枚)

画像ギャラリー

テーラーメイド Qi10ドライバー
テーラーメイド Qi10ドライバー
テーラーメイド Qi10ドライバー
テーラーメイド Qi10ドライバー
テーラーメイド Qi10ドライバー
テーラーメイド Qi10ドライバー
テーラーメイド Qi10 LSドライバー
テーラーメイド Qi10 LSドライバー
テーラーメイド Qi10 LSドライバー
テーラーメイド Qi10 LSドライバー
テーラーメイド Qi10 LSドライバー
テーラーメイド Qi10 LSドライバー
テーラーメイド Qi10 MAXドライバー
テーラーメイド Qi10 MAXドライバー
テーラーメイド Qi10 MAXドライバー
テーラーメイド Qi10 MAXドライバー
テーラーメイド Qi10 MAXドライバー
テーラーメイド Qi10 MAXドライバー
テーラーメイド Qi10 MAXドライバー
ルイゴルフさんが打った「Qi10」のデータ。スピン量が2500回転前後と適正値。
今回試打するテーラーメイドの「Qi10シリーズ」
「Qi10」を試打するルイゴルフさん
ヘッドの説明をするツルさん(左)とルイゴルフさん(右)
「FlightScope MEVO Range」と「Pro V1 RCT」ボール

最新記事