「せやねん飛ぶねん」だけじゃない!? キャロウェイ「E・R・C SOFT」をコースで徹底テスト | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

「せやねん飛ぶねん」だけじゃない!? キャロウェイ「E・R・C SOFT」をコースで徹底テスト

西村優菜プロがCM出演するキャロウェイ「E・R・C SOFT」。一体どんな性能のボールで何が新しくなったのか筒康博コーチがコーステスト。どんなゴルファーに合うのか解説してもらいました。

普通ヘッドスピードでも高弾道ショットが打ちやすい

 各社からたくさんの種類が発売されているゴルフボールですが、アマチュアが性能の違いを体感して自分に合ったものを選ぶのが難しいギアでもあります。

 人気と実力を兼ね備えた西村優菜プロがCM出演するキャロウェイの「E・R・C SOFT」は、「せやねん飛ぶねん」というキャッチコピーのインパクトもあり人気上昇中のボールです。

「せやねん飛ぶねん」という西村優菜プロのCMで話題の「E・R・C SOFT」ボール
「せやねん飛ぶねん」という西村優菜プロのCMで話題の「E・R・C SOFT」ボール

 しかし、性能に関しては「飛ぶボールでしょ」程度のイメージしか持っていない方が多いのではないでしょうか。実は新しい「E・R・C SOFT」、軽いノリのCMからは想像できないすごいテクノロジーをいくつも備えているのです。

 一般的に「飛ぶボール」というと、硬いツーピースボールを連想するゴルファーが大半だと思いますが「E・R・C SOFT」はスリーピースです。キャロウェイのスピン系ツアーボールである「CHROME SOFT」シリーズと同じ、ソフトで反発力の高い「ハイパーエラスティック・ソフトファスト・コア」という、舌をかんでしまいそうな最新テクノロジーコアを採用しています。

 そのうえ、ツアーボールより高コスパ。高硬度アイオノマーと低硬度アイオノマーをハイブリッドしたうえに、耐衝撃強化剤を配合したカバーを採用。キャロウェイ独自の六角形ディンプル「ヘックス」パターンと3本ライン「トリプルトラック」も入っている“テクノロジーてんこ盛りボール”が「E・R・C SOFT」なのです。

「トリプルトラック」と「ウレタンコーティング」はパー3でも活躍

 従来のディスタンス系ともウレタンカバーのツアーボールとも違うのが「E・R・C SOFT」に採用されている新「グリップ・ウレタンコーティング」です。

高い初速性能の高反発コアを採用。にも関わらずツアーボール並みに柔らかく、軽い打感でヘッドスピードが速くないゴルファーでも振り抜ける
高い初速性能の高反発コアを採用。にも関わらずツアーボール並みに柔らかく、軽い打感でヘッドスピードが速くないゴルファーでも振り抜ける

 高い打ち出しと初速性能に優れたツーピースボールの外側には、スピンがかかるウレタンをカバーとしてではなく膜のように覆っています。「体感できるの?」と思いましたが、しっかりとツアーボールのような食いつきを感じられました。普通にツアーボールと遜色なくグリーン上で止まりました。

 また、表面にプリントされた3本のライン「トリプルトラック」は、グリーン上はもちろん、パー3のティーショットでも活躍してくれます。これがテクノロジーといえるのは、太さや長さのバランスなどが絶妙だからでしょう。

ロストするまで性能やフィーリングが持続するほどの耐久性
1 2 3

最新記事