「入れごろ外しごろ」のパットはほとんど外れる… 短いパットを確実に入れる方法はあるのか? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

「入れごろ外しごろ」のパットはほとんど外れる… 短いパットを確実に入れる方法はあるのか?

最終ホールで「これ入れたら100切り」などの大事な場面で、短いパットを「確実に入れる方法」はあるのでしょうか。PGAティーチングA級・横山健司プロがカップイン確率を上げる「惜しいパット」を増やすための2つの方法を伝授してくれました。

大事な場面で短いパットを確実に入れる方法は「ない」

 生徒さんとのラウンド会でも、最終ホールで「これを入れたら100切り達成!」という状況はよくあります。しかし「入れごろ」の短いパットは「外しごろ」でもあるので、簡単には決まりません。

「入れごろ」の短いパットは「外しごろ」なのは今も昔も変わらず。そんな短いパットでは事前にやらなければいけないことがある
「入れごろ」の短いパットは「外しごろ」なのは今も昔も変わらず。そんな短いパットでは事前にやらなければいけないことがある

 こんな場面の後には「確実に入れる方法を知りたい」という質問を受けることがありますが、大事な場面の短いパットを確実に入れる方法はありません。しかし、「確実に入れる方法」は習得できなくても、大事な場面で入る確率を上げることは誰にでもできます。

 つまり大事な場面でなくても、短いパットが「入ってもおかしくない」または「惜しい」といえるプレーを作る準備をして欲しいと思います。

入る確率を高めるアドレスはラインと体が平行な方がいい

 大事な場面での短いパットのカップイン確率を高くする方法で、最初に意識したいのはアドレスです。

体とボールが転がるラインがバラバラより(左)、なるべく体のラインを平行に構える方(右)が入る確率は高くなる
体とボールが転がるラインがバラバラより(左)、なるべく体のラインを平行に構える方(右)が入る確率は高くなる

 ボールの出球方向と体の各ラインをできる限り平行にそろえることです。短いパットはボールが転がる方向と体の方向がバラバラでも、インパクトさえ狙ったところに打ち出せればカップインできます。

 しかし、よりカップイン確率を高くするには、当たり前の話ですが平行なラインを多くした方が合理的です。

 仮にカップインしなくても、周りから見て「入ってもおかしくなかった」「惜しい」というパットを常に行うことが重要なのです。

下半身がグラグラしない「力の入れ方」がある

【写真】パットは道具も超重要!? 最新売れ筋パターランキング

画像ギャラリー

2023年9月の売れ筋パターランキング第1位 PHANTOM Xパターシリーズ(アクシネットジャパン) 有賀園ゴルフ調べ
2023年9月の売れ筋パターランキング第2位 オデッセイ TRI-BEAMシリーズ(キャロウェイゴルフ) 有賀園ゴルフ調べ
2023年9月の売れ筋パターランキング第3位 スパイダー GTXシリーズ(テーラーメイド ゴルフ) 有賀園ゴルフ調べ
2023年9月の売れ筋パターランキング第4位 TPトラス ’23(テーラーメイド ゴルフ) 有賀園ゴルフ調べ
2023年9月の売れ筋パターランキング第5位 スコッティ・キャメロン 「SPECIAL SELECT」パターシリーズ(アクシネットジャパン) 有賀園ゴルフ調べ
「入れごろ」の短いパットは「外しごろ」なのは今も昔も変わらず。そんな短いパットでは事前にやらなければいけないことがある
体とボールが転がるラインがバラバラより(左)、なるべく体のラインを平行に構える方(右)が入る確率は高くなる
ツマ先を内向きにして両足が外側に広がるような力の入れ方にすると、下半身がグラグラせずフェースの芯で当てやすくなる
1 2

最新記事