風呂上がりのバスタオルで上達!? ボールを打たずに「しなりとタメ」が作れる“ローピングドリル”とは? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

風呂上がりのバスタオルで上達!? ボールを打たずに「しなりとタメ」が作れる“ローピングドリル”とは?

体が硬くてスムーズに体を動かせなくても、シャフトの「しなり」や「タメ」をうまく使って飛距離を出しているゴルファーは「ローピングテクニック」を使っている人たち。スイングの形を変えることなく、家でも簡単に習得できるドリルをインドアゴルフレンジKz亀戸店・筒康博ヘッドコーチに教えてもらいました。

力に頼らずクラブの動きをスムーズにする「ローピング」テクニック

「クラブをムチのように使う」という言葉のとおり、ロープを振った時のような「しなり」と「タメ」を作るテクニックを「ローピング」といいます。

ゴルフクラブをロープのようにスイングできれば、シャフトの「しなり」や「タメ」が作れるようになる
ゴルフクラブをロープのようにスイングできれば、シャフトの「しなり」や「タメ」が作れるようになる

 体が硬く筋力が強くなくても、スムーズにクラブを動かすコツをつかめばマスターできるので、寒い季節の練習にピッタリです。

 実際にはゴルフ専用のロープを使うのが一番体感しやすいのですが、バスタオルやリボンなどでも代用が可能です。

 コツは肩から腕にかけてもロープの一部だと思い込むこと。そして、ガチガチにならずリラックスした状態からスイングすることです。

クラブをムチのようにスムーズに動かす「ローピング」でスイングできると、効率的に「しなり」や「タメ」が作れたインパクトを迎えられる
クラブをムチのようにスムーズに動かす「ローピング」でスイングできると、効率的に「しなり」や「タメ」が作れたインパクトを迎えられる

「当たり前のこと」を思い出すのが、意外に重要だったりするのです。スイング中は無理やりしならせようとはせず、ロープ先端の「重さ」を感じてください。

棒の先端に「リボン」をつけてた練習グッズも効果的

 ゴルフ専用の練習グッズがなくても、家にあるものでできる代用法もお伝えします。写真のように古いシャフトがベストですが、グリップできる長さの棒にリボンをつけたものでもOK。

新体操のように棒の後から軽くて長いリボンが「追いついて来る」にスイングができれば、タイミングだけでなく正しい軌道も体感できる
新体操のように棒の後から軽くて長いリボンが「追いついて来る」にスイングができれば、タイミングだけでなく正しい軌道も体感できる

 新体操のリボン演技のような気持ちで、グリップ(棒)の後からリボンがついて来るようなタイミングでスイングしてください。腕からクラブの先端にかけて、動く順番とリリースの感覚がよくなっていくドリルです。

 また長めのリボンを使用すれば、ヘッド軌道に近い動きを可視化してくれます。インパクトゾーンでハンドファースにならず、ヘッドの「タメ」がなくなってしまう人にはピッタリで、スイングの改善にも役立ちます。

グッズ作成が面倒くさい人はバスタオルを結ぶだけでもOK

この記事の画像一覧へ(4枚)

画像ギャラリー

ゴルフクラブをロープのようにスイングできれば、シャフトの「しなり」や「タメ」が作れるようになる
クラブをムチのようにスムーズに動かす「ローピング」でスイングできると、効率的に「しなり」や「タメ」が作れたインパクトを迎えられる
新体操のように棒の後から軽くて長いリボンが「追いついて来る」にスイングができれば、タイミングだけでなく正しい軌道も体感できる
バスタオルの先端を「お団子結び」してスイングするだけで、「ローピング」テクニックの練習ができる
1 2 3 4 5

最新記事