「振り幅を小さくするとミスばかり…」 コントロールショットの精度を上げる右ヒザの使い方

スコアメークのカギを握るのはアイアンショット。セカンドショットやパー3ホールのティショットで、狙い通りの方向、飛距離を打つことができれば、安定するはず。そこで、レッスンプロの高橋友希子コーチに、アイアンショットのコツをレッスンしてもらった。今回のテーマは、「コントロールショット」。

ハーフショットでも手打ちはNG!

 番手間の距離を打つ時や飛距離を抑えてグリーンを狙いたい時など、ラウンド中はハーフショットやスリークオーターショットなど、振り幅をコントロールしてスイングしなければいけないシチュエーションがしばしばあります。

コントロールショットを打つときも下半身をしっかり使うことが大切。右ヒザの動きを意識するとスムーズに体が動く
コントロールショットを打つときも下半身をしっかり使うことが大切。右ヒザの動きを意識するとスムーズに体が動く

「フルショットではあまりミスしないけど、コントロールショットになるとダフリやトップが増える。距離感や方向性が狂いやすい」という人は多いのではないでしょうか。

 今回は、そんな時に精度の高いショットを打つコツを解説していきたいと思います。

 コントロールショットがうまくいかない最大の原因は、手打ちです。振り幅が小さいからといって、手先だけで振るのはNG。体をしっかり使ってスイングすることがナイスショットの秘訣です。

左足裏全体で地面を踏んで切り返す

 体を使ってスイングするというのは、足を動かすということ。振り幅が小さくても、下半身を動かすことでスイングが安定するのです。

切り返しのポイントは左への体重移動。左足全体で地面に圧をかけるように力強く踏み込む
切り返しのポイントは左への体重移動。左足全体で地面に圧をかけるように力強く踏み込む

 一つ目のポイントは、切り返しでの体重移動です。コントロールショットが苦手な人は、バックスイングで右足に体重を乗せた後、左に体重移動せずに切り返すケースが多いです。右足に体重が残ったままでは、ダウンスイング以降で下半身を使えず上体で打ちにいってしまいます。

 切り返しでは、左足裏全体で地面に圧をかけながら体重移動するようにしましょう。このアクションを入れることで、ダウンスイングからフィッシュにかけて、足を使いやすくなります。

両ヒザが近づくフィニッシュを目指そう

 切り返しで左サイドに体重移動した後は、腰を回してインパクトに向かいます。この時のポイントは、右足の使い方です。ダウンスイングで右太モモをねじっていくと、腰がスムーズにターンします。

ダウンスイングからインパクト、フォローでは右ヒザを左ヒザに近づけていく。右ヒザをターゲットに向ける意識で右足を回すのがコツ
ダウンスイングからインパクト、フォローでは右ヒザを左ヒザに近づけていく。右ヒザをターゲットに向ける意識で右足を回すのがコツ

 この時、右ヒザが前に出ると、腰の回転が止まるので注意してください。右ヒザを前に出さないコツは、右ヒザをターゲットに向けながら右足を回していくことです。

 ダウンスイング以降はそのまま右足を回し続け、右ヒザを左ヒザに寄せていきましょう。すると、スムーズに足が動いて腰がターンするはずです。フィニッシュで両ヒザの間隔が狭くなっていれば、下半身を使ってスイングできた証拠です。足の動きで振り幅をコントロールできれば、ハーフショットやスリークオーターショットのミスが激減しますよ。

取材協力・レインボーカントリー倶楽部(神奈川県)

【指導】高橋友希子(たかはし・ゆきこ)

1983年生まれ。小学生からゴルフを始め、ジュニア時代に『関東ジュニア』優勝や『世界ジュニア(11~12歳の部)』2位など、輝かしい成績を収める。高校はゴルフの名門・埼玉栄高校に入学し、『日神カップ』優勝などの成績。卒業後は一時、ゴルフから離れたが、26歳の時に再びゴルフの世界へ。現在は、東京、神奈川、千葉等で幅広いアマチュアゴルファーにレッスン活動を行っている。

【連続写真解説】フルショットしかできない人必見!コントロールショットで失敗しない打ち方

画像ギャラリー

コントロールショットでも、下半身を使ってスイングすると安定感がアップする。切り返しは左への踏み込み、ダウン以降は右ヒザの動きに注意して下半身を動かす
コントロールショットでも、下半身を使ってスイングすると安定感がアップする。切り返しは左への踏み込み、ダウン以降は右ヒザの動きに注意して下半身を動かす
コントロールショットでも、下半身を使ってスイングすると安定感がアップする。切り返しは左への踏み込み、ダウン以降は右ヒザの動きに注意して下半身を動かす
コントロールショットでも、下半身を使ってスイングすると安定感がアップする。切り返しは左への踏み込み、ダウン以降は右ヒザの動きに注意して下半身を動かす
コントロールショットを打つときも下半身をしっかり使うことが大切。右ヒザの動きを意識するとスムーズに体が動く
切り返しのポイントは左への体重移動。左足全体で地面に圧をかけるように力強く踏み込む
ダウンスイングからインパクト、フォローでは右ヒザを左ヒザに近づけていく。右ヒザをターゲットに向ける意識で右足を回すのがコツ

最新記事