ロングアイアンを諦めない! “ヘッド遠回し”スイングなら強い球が打てる | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

ロングアイアンを諦めない! “ヘッド遠回し”スイングなら強い球が打てる

スコアメークのカギを握るのはアイアンショット。セカンドショットやパー3ホールのティショットで、狙い通りの方向、飛距離を打つことができれば、安定するはず。そこで、レッスンプロの高橋友希子コーチに、アイアンショットのコツをレッスンしてもらった。今回のテーマは、「ロングアイアン」。

左ヒジを曲げずに手元と体を離したトップを作る

「ロングアイアンは当たりが薄くて球が上がらない、飛ばない」「ロングアイアンはダフリやトップのミスが出る」など、長いアイアンに苦手意識を持っているゴルファーは多いのではないでしょうか。今回はそんなロングアイアンの苦手を克服するコツを紹介します。

ロングアイアンは打ち込みすぎると当たりが薄くなる。左ヒジを曲げないように、懐のあるトップを作ると打ち込み過ぎを防げる
ロングアイアンは打ち込みすぎると当たりが薄くなる。左ヒジを曲げないように、懐のあるトップを作ると打ち込み過ぎを防げる

 うまく打てない原因のひとつは、打ち込みすぎていることです。「アイアンは打ち込むクラブ」という意識が強く、ダウンスイングでタメを作ってヘッドを上から入れると、インパクトまでにフェースが戻り切らず、当たりが薄くなってしまいます。

 ダウンスイングでは鋭角に打ち込まず、ヘッドをヨコから入れるイメージでインパクトすると、球がつかまりやすくなります。

ダウンスイングはヘッドで大きな円を描く

 では、ダウンスイングでヘッドをヨコから入れてインパクトを迎えるにはどうすればいいのか。一つ目のポイントはバックスイングです。

 スイング始動では、手首を使ってヒョイとクラブ上げるのではなく、腕の三角形をキープし、なるべく左ヒジを曲げないようにクラブを上げていきましょう。手元と体の距離を離したまま、体を回してバックスイングすることが大切です。

手先でクラブを上げずに、腕の三角形をキープしてバックスイング。ダウンスイングではタメを作らず、鈍角にヘッドを下ろす
手先でクラブを上げずに、腕の三角形をキープしてバックスイング。ダウンスイングではタメを作らず、鈍角にヘッドを下ろす

 すると、右肩と手元の距離が離れた懐のあるトップができます。ここから、クラブを鋭角に振り下ろすのではなく、ヘッドを遠回りさせるイメージでダウンスイング。

 タメを作ろうとせず、ヘッドで大きな円を描くつもりでクラブを振り下ろしてください。ヘッドが加速してフェースがスムーズにターンし、ボールがつかまりやすくなります。

フェースを少しかぶせて構えると球がつかまりやすい

 手先でクラブを上げず、左腕を伸ばしてバックスイングをすること。ヘッドを遠回りさせてクラブを下ろし、ヨコからヘッドを入れること。この2つのポイントだけでは、まだボールをつかまえ切れないという人は、アドレスにも工夫してみましょう。

つかまりにくいロングアイアンは、フェースを少しかぶせて構えるとつかまりやすくなる。クラブを短く握るのも効果的
つかまりにくいロングアイアンは、フェースを少しかぶせて構えるとつかまりやすくなる。クラブを短く握るのも効果的

 そもそも、ロングアイアンはロフトが立っていてボールがつかまりにくいクラブ。インパクトでフェースが戻りにくい構造になっています。ボールがつかまらないのであれば、最初からフェースを少し閉じ気味にして構えるといいでしょう。

 またロングアイアンは、クラブが長いこともボールをつかまえにくい原因のひとつです。親指分くらいグリップを余らせ、クラブを短く持つと振りやすくなるはずです。

取材協力・レインボーカントリー倶楽部(神奈川県)

【写真解説】ロングアイアンが打てる“ヘッド遠回し”スイング

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/09/52A5308-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/09/52A5305-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/09/52A5306-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/09/52A5307-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/09/修正126-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/09/52A5233-2-2-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/09/52A5210-2-2-150x150.jpg

最新記事