シャフトの“ねじれ過ぎ”が飛ばない理由!? ミート率が上がる正しいトップの作り方

「ベストスコアを更新したい!」、「飛距離をもっと伸ばしたい」など、今年も目標を立てているゴルファーは多いはず。そんな目標を達成するためには、寒い時期の練習が大切です。ゴルフシーズンがくる前にどんな練習をしておけばいいのか。多くのツアープロを育てた鶴見功樹プロに聞きました。今回のテーマは「オンプレーンで振る」。

オンプレーンに振れればミート率が上がる

 ヘッドスピードを上げて飛距離を伸ばしたい! と考えているゴルファーは多いと思います。飛距離アップのためには、確かにヘッドスピードを上げることも大切ですが、同時にミート率も上げなければいけません。

 ヘッドスピードとミート率を同時に上げるポイントは、オンプレーンで振ることです。では、どうすればオンプレーンで振れるのでしょうか。

トップの形をつくって、シャフトと左腕の関係性をチャック。腕とクラブが一直線に見えるのが正しい形
トップの形をつくって、シャフトと左腕の関係性をチャック。腕とクラブが一直線に見えるのが正しい形

 まずは、シャドースイングで正しいトップの形をつくってみましょう。クラブを短く握ってトップをつくり、左腕とシャフトの関係性をチェックしてください。自分から見て、腕とシャフトが一直線に見えていれば、正しいトップをつくれていることになります。

 左腕よりもシャフトが立っていたり、寝ているトップの形はNG。ダウンスイングでクラブをループさせながらクラブを振り下ろすことになり、シャフトにトルク(ねじれ)がかかってしまいます。シャフトがねじれた状態では、ヘッドの挙動やフェースの動きが乱れ、効率的なインパクトができません。つまり、ヘッドスピードもミート率も下がってしまうわけです。

ダウンスイングはシャフトの傾きを変えない

【写真解説】ミート率を上げて飛距離を伸ばす! 正しいトップの作り方

画像ギャラリー

トップでクラブがクロスしたり、クラブをループさせて振り下ろすのはNG。クラブにトルクがかかり、ヘッド挙動が不安定になる
トップの形をつくって、シャフトと左腕の関係性をチャック。腕とクラブが一直線に見えるのが正しい形
正しいトップを作ったら、シャフトの傾きを変えずにクラブを振り下ろす。シャフトにトルクをかからずヘッドの動きが安定。ミート率がアップする
1 2

最新記事