「もう1人で回ってよ」 ミス連発でイライラが態度に…空気の読めない最悪なゴルファーはどんな人? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

「もう1人で回ってよ」 ミス連発でイライラが態度に…空気の読めない最悪なゴルファーはどんな人?

ゴルフは同伴者との仲を深めることにもつながるスポーツですが、中には一緒にラウンドするのをためらうような残念なゴルファーも。そのようなゴルファーにはどんな特徴があるのでしょうか。

「会話をやめない」「スロープレー」も残念ゴルファーの特徴

 同伴者と半日以上の時間を共にするラウンドでは、自分勝手な言動を慎み、お互いが気持ちよくプレーできるように相手へ配慮する意識が求められます。

 しかし、中には同伴者から「もうこの人とのラウンドはやめよう…」と思われてしまうような残念なゴルファーも。その多くはマナーが守られていなかったり、周囲への配慮に欠けた振る舞いが原因で認定されてしまいますが、具体的にどのようなことが挙げられるのでしょうか。

 同伴者を不快にさせてしまうゴルファーの特徴について、レッスンプロの村井良行氏に聞きました。

自己中なゴルファーとのラウンドはこっちもイライラ… 写真:AC
自己中なゴルファーとのラウンドはこっちもイライラ… 写真:AC

 同伴者とプレーの合間に交わす会話は楽しいものですし、仲を深めることにもつながります。もちろん、それ自体は全く問題ない行為ですが、中には他のプレーヤーが打つ直前までしゃべり続けていたり、自分の話ばかりするような人もいるのです。

 村井氏は「特に多いのは、どこのゴルフ場でいいスコアを出したという自慢話の類いや、ティーショットを打っている時でも球の行方を見ずにずっとしゃべっている人がいますね。こちらが興味を持たなくても一方的に話し続けてくる人もいます」と言い、「周囲が疲れてしまうような1人しゃべりは、仲を深めるどころか自己中ゴルファー認定されてしまうので注意が必要です」と警鐘を鳴らしています。

 また、残念なゴルファーの典型的な事例としてスロープレーが挙げられます。ラウンドではハーフを2時間15分以内で回ることが推奨されていますが、同じ組の中に1人だけ時間を気にせずゆっくりプレーするような人がいれば、同伴者も焦ったりイライラしてしまい、スコアに影響を及ぼすこともあるでしょう。

 同伴者を不快にさせるだけでなく、後続組や全体の進行を遅らせることにもつながってしまうので、全てのゴルファーは常にプレーファストを意識して回る心がけが求められます。

 さらに、自分の思い通りのプレーができないからといって、あからさまに不機嫌な態度をとるゴルファーも一緒にラウンドしたいとは思われないでしょう。イライラした感情を表に出してしまえば、ラウンドは一気に楽しくなくなりますし、同伴者に不快な思いをさせることにもなってしまいます。

 ゴルフはプレーヤーの人間性が出やすいスポーツでもあります。ミスが多発して悔しい気持ちも分かりますが、そこはグッとこらえて、同伴者への配慮とラウンドを楽しむ気持ちを持ってプレーするように努めることが、スマートなプレーヤーになる第一歩でもあるのです。

スコアのごまかしは言語道断

ゴルフは審判がいないスポーツ 誠実な気持ちでプレーを 写真:AC
ゴルフは審判がいないスポーツ 誠実な気持ちでプレーを 写真:AC

 そのほかにも、ゴルフは審判がいないスポーツなので、スコア管理は自己申告や各々の判断に任されることがあるものの、村井氏は「スコアをごまかしたりウソをつく人は人間性を疑います」と言い、以下のように話を続けます。

「俗に『卵を産む』という行為ですが、明らかに林の中に打ち込んだショットを探しに行き、ポケットから新たなボールを出して、あたかも見つかったかのように申告してプレーを続行する人がいます」

「これは一緒に見に行かない限り指摘のしようがないかもしれませんが、同じようなケースが何回も続くと少し疑ってしまいます。それにスコアのごまかしは、あえて指摘していないだけで同伴者に気づかれていることも意外と多いですし、ごまかして一時的にいいスコアが出せても上達には全くつながりません」

 気心知れた仲間とのラウンドは本当に楽しいものですが、同伴者のささいな言動が原因でせっかくの楽しい時間が台無しになってしまうことも。長い時間を共にする以上、ラウンドでは相手への配慮やマナーを守ることが求められます。

 ゴルフは個人競技のスポーツとはいえ、自分のことばかりに目を向けるのではなく、利用者全員が快適にプレーできるように努める心がけが何より大切なことであると言えるでしょう。

【写真】ベテランでも意外と正しくできてない!? バンカーのならし方、レーキの置き方

画像ギャラリー

レーキをかける場合は柄をなるべく平行にしてならす 写真:Getty Images
レーキはバンカーの外に置くのが最も一般的 写真:AC
バンカーの内側にフチと平行に置くパターン 写真:AC
レーキのヘッドをバンカー内に入れ、柄の部分をフチと垂直に置くパターン 写真:AC
自己中なゴルファーとのラウンドはこっちもイライラ… 写真:AC
ゴルフは審判がいないスポーツ 誠実な気持ちでプレーを 写真:AC

最新記事