「素振りだけシングル」を卒業したい… キレイな素振りを本番で再現するために必要なことは? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

「素振りだけシングル」を卒業したい… キレイな素振りを本番で再現するために必要なことは?

素振りのように振れたら誰もがシングル、というとオーバーかもしれませんが、ボールにアドレスすると動きが変わってしまうのは誰もが悩むことです。本番でも素振りのようにスムーズに振るために、意識したいことを紹介します。

目標を作って本番のつもり振る!

 ショットやパットをする前に、誰もが行う共通ルーティンといえば、素振りでしょう。練習してきたスイングをするために、本番に備えて動きを確認するのは、ゴルフに限らずスポーツでは当たり前のことです。

 ただ、ゴルフで難しいのが「素振りはきれいといわれるのに、なぜか実際にボールを打つとスイングがおかしくなってしまう」こと。イメージ通りにスイングしようと、繰り返し動画撮影をしながら練習する人も多く見かけます。

「素振りと同じように本番もスイングしたい」というのはアマチュア共通の願望 写真:AC
「素振りと同じように本番もスイングしたい」というのはアマチュア共通の願望 写真:AC

 本番でも素振りと同じようにスイングするには、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。レッスンプロの三浦辰施氏は以下のように話します。

「素振りと聞くと『体を温めるための準備運動の一種』と思う人もいるかもしれませんが、何も考えずに振っていると、想定通りに振れません。素振りは『あそこにボールを飛ばすにはどうすればいいのか』、本番を想定した『リハーサル』であり、弾道をイメージできなければ意味がありません。ですから、ミスが続いてしまう原因は、『狙ったところに打つ』という目的を持っていないからだといえるでしょう」

 大事なのは、目的や目標を明確にするです。

「例えば狙ったところに物を投げる場合、普段から『このくらいの力ならどこまで飛ぶだろう』といったことまで意識することは少ないと思います。しかし、ゴルフの素振りでこれとまったく同じことをしていると、ただ単純に持っている棒を闇雲に振り回しているのと変わらず『素振り』としては成立しません。素振りをしたうえで本番でもキレイに振れている人は、設定した目標物をよく確認し、何に向かって打つのか明確に決めているので、力加減や方向性が定まりミートすることができるのです」

 いい加減な素振りをすれば、体が間違ったスイングに慣れてしまう可能性も考えられます。筋肉には、一定の運動をずっと続けていると伸び縮みや柔軟性が固定される「形状記憶」の機能が備わっているといわれているからです。

素振りの回数は体調次第

 素振りの段階から、本番のようなスイングをしていればナイスショットの確率を上げられる一方で、ただクラブを振っているだけでは、ボールを打つ時と体への負荷や可動域に差が出てしまい、ミスする原因になってしまいます。

 思い描いた通りのショットを打つには、素振りは何回くらい行うのが適切なのでしょうか。三浦氏は以下のように話します。

スイング前の素振り回数に決まりはなく、その日の体調などに合わせて決めるのがベター 写真:AC
スイング前の素振り回数に決まりはなく、その日の体調などに合わせて決めるのがベター 写真:AC

「素振りは何回やっても構いません。私自身も、一発でスイングや弾道などがイメージできれば1回しかしない時もあれば、『なかなか思った通りの形になりにくいな』と感じたら2、3回と繰り返します。ゴルフに限った話ではありませんが、リハーサルというのは日々行っていることが滞りなく行えるかどうかチェックするためのもの。1回で十分な日もあれば、何回も振った方がいいケースもあるわけです」

 素振りにベストな回数は決まっていません。これから打とうとしているショットを思い浮かべることができればオッケー。その日のコンディションに合わせて、柔軟に対応しましょう。

 それでもミスが続くようなら、スイングの根本的な部分が原因になっていることも考えられます。素振りをする前にもう一度握り方を確認したり、スローモーションで細かな動きをおさらいしたり、いろいろ試みるのもよいでしょう。

「練習は本番のように、本番は練習のように」という言葉は、ゴルフでも当てはまります。その日のゴルフがうまくいくかどうかは、素振りの段階で決まっているといっても過言ではないのかもしれません。

【写真】素振りだけでも楽しい!? 池に向かって打つ“水上”ゴルフ練習場&美しい浮島グリーン

画像ギャラリー

写真は相生水上ゴルフセンター。打席の前にため池が広がる景色は壮観! ぜひ一度足を運びたい場所です
新・西山荘CC17番ホールの浮島グリーン。スリリングな興奮を味わおう 写真:ゴルフ場提供
名匠ピート・ダイの設計コンセプトの集大成ともいえる、PGMマリアGLの17番ホールの浮島グリーン 写真:ゴルフ場提供
ピートダイGCロイヤルC8番の浮島グリーン。コースは、ピート・ダイの設計理念がギュッと凝縮された造りになっている 写真:ゴルフ場提供
「素振りと同じように本番もスイングしたい」というのはアマチュア共通の願望 写真:AC
スイング前の素振り回数に決まりはなく、その日の体調などに合わせて決めるのがベター 写真:AC

最新記事