コイン大のマーカーを後ろに置くのは決まりじゃない!? ボールをマークする場所や大きさ・形状にルールはあるの? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

コイン大のマーカーを後ろに置くのは決まりじゃない!? ボールをマークする場所や大きさ・形状にルールはあるの?

ゴルフではエチケットが非常に重要。グリーン上でのボールマーカーの使い方は、他のプレーヤーへの配慮を示すことにもつながります。JLPGAティーチングプロの岡本恵(おかもと・めぐみ)氏がボールマーカーの正しい置き方について解説します。

ボールマーカーを置く場所に決まりはない

 グリーン上でボールをピックアップする際に使用するボールマーカー。置き方やマーカーの形状にルールはあるのでしょうか。JLPGAティーチングプロの岡本恵氏がボールマーカーを使用する際に注意すべきポイントを解説します。

大きめのマーカーとゴルフ場に通常置いてある凹凸がないマーカー
大きめのマーカーとゴルフ場に通常置いてある凹凸がないマーカー

※ ※ ※

 ボールマーカーを置く場所に厳密なルールはありません。しかし、ボールよりカップ側にマーカーを置くのは避けるべきです。これはパッティングラインに影響を与える可能性があり、ライの改善と誤解されてペナルティーの原因となる恐れを否定できません。ボールを元の位置に正確に戻すことが重要ですので、常にカップに対してボールの後ろに置くと決めておくのが最適です。

 ただし、同伴競技者の邪魔になる場合は、マーカーをボールの横に置いても問題はありません。ただし、マーカーを横に置いてボールをピックアップしたのに、間違えてボールをマーカーの前に戻したら誤所からのプレーとなりますので注意してください。

どんな形状のものでもOKだが、凹凸のないマーカーを常備するのがスマート

 ボールマーカーの形状にルールはありません。最近は大きなマーカーが流行っていますが、皆さんもお気に入りのものを使用してください。

 ただし、同伴プレーヤーのパッティングがマーカーに当たってしまう可能性が少しでもある場合、ボールが当たると跳ね返ってしまうようなマーカーの使用は避けましょう。ゴルフ場のキャディーマスター室などに置いてある凹凸が出にくい薄いマーカーを使用するのが、同伴競技者の気遣いが感じられスマート。普段は好みのマーカーを使用し、必要に応じて凹凸のないタイプに切り替えるのが賢明です。

 同伴競技者のボールマーカーが皆さんのプレーに影響を与える可能性がある場合、遠慮なく移動を依頼しましょう。プロの競技では、要請がない限り通常は移動しませんが、カジュアルなラウンドでは「マーカーは大丈夫ですか?」や「気になりませんか?」と尋ねることが、楽しいプレーのためには必要かもしれませんね。

【解説】岡本恵

ツアー参戦経験もあるJLPGAティーチングプロの岡本恵氏
ツアー参戦経験もあるJLPGAティーチングプロの岡本恵氏

JLPGAティーチングプロ。ステップ・アップ・ツアー、アジアンツアーに参戦後、2009年よりティーチングプロとしてゴルフ練習場にて一般ゴルファーを指導。約15年の間に指導したアマチュアゴルファーは1000人以上。マナーやエチケットを守りつつも、楽しくゴルフしていただくのがモットー。現在は名古屋市の竜泉寺ゴルフ場にて指導を行なっている。

【写真】最低限守るべきマナー! 同伴者が打つとき「立っていい場所」「ダメな場所」/正しいバンカーのならし方、レーキを置く場所

画像ギャラリー

怒られてしまう可能性がある立ち位置はココ!飛球線後方に立つのはマナー違反です
ショットをしようとしているゴルファーの邪魔にならない理想的な立ち位置はここ
ラインを踏む可能性があると思う時は「ここを踏んでも大丈夫ですか?」と同伴競技者に確認しよう
最初はレーキの刃のあるほうで砂を押すようにして
引き戻す
裏返して滑らかにならす
裏で滑らかにならしながら入った位置まで戻る
裏で滑らかにならしながら入った位置まで戻る
砂に残るレーキの線や跡がピンに向かって真っすぐになるよう、ピンの方向を意識しながらならす
アゴに近い傾斜の部分は押す力を強くして砂を戻してあげるように
もしアゴのそばにボールがあっても、アゴの側からバンカーに入ってはいけません
レーキを使い終わったらバンカーの手前の低いところに置く
大きめのマーカーとゴルフ場に通常置いてある凹凸がないマーカー
ツアー参戦経験もあるJLPGAティーチングプロの岡本恵氏

最新記事