年に数回のプレーでも「ゴルフ保険」て入ったほうがいいの? 補償される範囲は? どんな事故が起こりえる? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

年に数回のプレーでも「ゴルフ保険」て入ったほうがいいの? 補償される範囲は? どんな事故が起こりえる?

ゴルフで思い切り球を飛ばす爽快感と裏腹に、クラブやボールは時として重大事故の原因にもなり得ます。そのような“もしもの時”に役立つのが「ゴルフ保険」ですが、どのようなサービスを受けられるのでしょうか。

ケガを負わせたときだけじゃないゴルフ保険のカバー範囲

 ゴルフの一番の醍醐味と言えば、大自然の中でボールを遠くへ飛ばせた時の爽快感があります。日常生活でたまったストレスや疲れを解消するためにもってこいのスポーツです。

転ばぬ先の杖は必要です 写真:AC
転ばぬ先の杖は必要です 写真:AC

 しかし、金属でつくられたクラブを思いきりスイングしたり、ほかのスポーツではあまり見られないほど硬いボールを高速で飛ばしたりするのも特徴の一つです。そのため、プレーヤーの不注意やタイミングの悪さで重大事故にもつながりかねません。

 実際に素振り中に同伴プレーヤーの体に当ててしまったり、曲げたボールが危うく隣のホールのプレーヤーに当たりそうになってしまったりと、過失とはいえ危険な行為をしてしまった経験がある人もいるかもしれません。万が一大きな破損やけがをさせてしまった場合は、多額の賠償責任に問われることも十分にあり得ます。

 相手に何らかの損害を与えてしまったゴルファーを救済するものとして「ゴルフ保険(ゴルファー保険)」があります。

 主なサービスとして、クラブを振り回している時や打ったボールが逸れて物や人にぶつけてしまった時に保険金が下りるものが挙げられ、数千万円単位で補償してくれるケースもあります。プランによっては増額や無制限に設定することも可能です。

 さらに、ゴルフ場や練習場で使用中にクラブが壊れてしまった際や盗難に遭った際に新品を買い替える資金を工面してもらえる補償もあり、実際はこのケースで保険を使う場面が一番多いでしょう。なお、対象となるクラブの購入時期によって金額は変動します。

 反対に、自分がボールを当てられたり転倒など単独事故を起こしたりした場合に保険金が下りるサービスもあります。保険会社によって基本契約かオプション契約かは分かれますが、入院もしくは通院の日数に応じてどちらも数百万円ほどまで支払われます。

 ほかには「ホールインワン保険」や「アルバトロス保険」と呼ばれる補償サービスも存在します。ホールインワンやアルバトロスを達成すると、この補償が生まれるまでは、達成者が自費でパーティーや記念品、植樹の費用を出すのが一般的でした。

 しかしゴルフ保険では、およそ数十万円程度まで代金を負担してくれるので、突然の出費にも困らなくて済みます。

 ちなみに、ホールインワン保険(アルバトロス保険)が適用されるには、「同伴者とキャディーの両方が目撃して署名をしてもらう」「事実である映像を提供する」「公式の競技会などで記録される」のいずれかが条件となるので注意が必要です。

ヘッドがキャディーさんのアゴに当たって粉砕骨折させた事例も

 では、実際に保険金が下りた例としては、どのようなものがあるのでしょうか。ゴルフ場の経営コンサルティングを行う飯島敏郎氏(株式会社TPC代表取締役社長)は以下のように話します。

「プレーヤーの不注意でドライバーのヘッドがキャディーのアゴに当たって粉砕骨折した事故が起こり、ゴルフ保険で慰謝料などが下りた話を聞いたことがあります。いつ自分が加害者になるか分からないので、年に数回程度しかゴルフ場に行かない人でも入っておくべきでしょう」

「クラブ破損による負担に関してですが、私自身、7番アイアンでクリークから打とうとしたときにフォロースルーで縁石にぶつけ、シャフトを折ってしまったことがあります。ところが、後日修理費を全額負担してくれたのでとても助かりました」

 三井住友海上や東京海上日動のような大手保険企業でも、医療保険や自動車保険などと並んでゴルフ保険も用意されているため、自分が今加入している保険に追加するといいかもしれません。

 ゴルフ保険は年間およそ5000〜1万円程度の掛け金で加入でき、中には1日単位で入れるものもあります。良い意味でも悪い意味でも、ゴルフはいつ何が起きるか分かりません。あらゆる場面で経済的に助けとなるゴルフ保険には、ラウンドするペースに関わらず加入したほうがいいのは間違いありません。

【写真】最低限守るべきマナー! 同伴者が打つとき「立っていい場所」「ダメな場所」/正しいバンカーのならし方、レーキを置く場所

画像ギャラリー

怒られてしまう可能性がある立ち位置はココ!飛球線後方に立つのはマナー違反です
ショットをしようとしているゴルファーの邪魔にならない理想的な立ち位置はここ
ラインを踏む可能性があると思う時は「ここを踏んでも大丈夫ですか?」と同伴競技者に確認しよう
最初はレーキの刃のあるほうで砂を押すようにして
引き戻す
裏返して滑らかにならす
裏で滑らかにならしながら入った位置まで戻る
裏で滑らかにならしながら入った位置まで戻る
砂に残るレーキの線や跡がピンに向かって真っすぐになるよう、ピンの方向を意識しながらならす
アゴに近い傾斜の部分は押す力を強くして砂を戻してあげるように
もしアゴのそばにボールがあっても、アゴの側からバンカーに入ってはいけません
レーキを使い終わったらバンカーの手前の低いところに置く
転ばぬ先の杖は必要です 写真:AC

最新記事