1ドル150円の今セントアンドリュースでプレーおいくら? “オールドコース確約”は超高額も庶民派な“裏ワザ”なら?

海外旅行に行く人がコロナ禍の前のように戻ってきた昨今、今年こそ憧れのセントアンドリュース・オールドコースをラウンドしてみたいと考えている人が少なくないかもしれません。聖地のラウンドを予約するにはどうしたら良いのか? 英国で旅行会社を経営するトム・バートン氏に聞いてみました。

確実にオールドコースをラウンドするには最低でも86万円

 コロナ禍以降、世界中からセントアンドリュースを訪れる旅行者が急増し、オールドコースでのプレーは非常に困難になっているといいます。では、どのような方法なら可能なのでしょうか? また、円安が進み、ドルが150円を超えたのと同様、ポンドも190円に達しています。もはや日本人には高嶺の花なのか、それとも少しでも安くプレーする方法はあるのか? 英国で旅行会社を経営するトム・バートン氏が指南します。

世界中のゴルファーが憧れる“聖地”セントアンドリュース・オールドコース 写真提供:Luxury Links Golf Tours
世界中のゴルファーが憧れる“聖地”セントアンドリュース・オールドコース 写真提供:Luxury Links Golf Tours

※ ※ ※

 セントアンドリュース・オールドコースでは、以前は前年の夏に翌年のティータイムの予約が可能でしたが、コロナ禍以降にオールドコースのプレー希望者が急増したことにより、現在、この方法は行われていません。ではどのような方法でオールドコースのプレーが可能になるのでしょうか?

 最も確実な方法は、オールドコースのティータイムを保証するパッケージを提供する公認業者を通じて予約することです。これらのパッケージは通常4日間または5日間で、3~5ラウンドのゴルフが含まれ、そのうちの1つはオールドコースでのプレーとなります。最近、海外からのゴルファーが増加し、オールドコースの人気と価格が上昇している影響で4500ポンド(約86万円)から9000ポンド(約171万円)となっています。

Ballot(抽選)システムがオススメ

 私がお勧めするのは「ballot」と呼ばれる抽選システムです。これは2人以上のグループで応募することができるシステムで、成功率は季節にもよりますが、30%から75%の間となっています。このシステムでは、プレー希望日の2日前(日曜日とトーナメント開催日を除く)に投票(抽選)が行われます。参加には全員の氏名、所属クラブ、ハンディキャップの情報が必要です。応募はオンライン、電話、またはオールドパビリオンやクラブハウスで直接行うことができます。

 エントリーは投票日の2日前の14時に締め切られ、結果は同日16時30分以降に発表されます。当選すれば、高額なパッケージを購入せずともオールドコースでのプレーが可能になります。

セントアンドリュースの公式ホームページより「ballot」と呼ばれる抽選システムを利用できる
セントアンドリュースの公式ホームページより「ballot」と呼ばれる抽選システムを利用できる

 また、当日の朝に並ぶという方法もあります。ただ、前日の夜から並んでいる猛者もおり、最近はこの方法でラウンドするのも非常に困難になってきています。なお、今年のプレー代は下記の通りです。

2023年11月1日~2024年3月31日(ローシーズン) 150ポンド(約2万8500円)
2024年4月1日~2024年4月14日(ショルダーシーズン) 210ポンド(約3万9900円)
2024年4月15日~2024年10月13日(ハイシーズン) 320ポンド(約6万800円)
2024年10月14日~2024年10月31日(ショルダーシーズン) 225ポンド(約4万2750円)

 キャディーを雇うことも可能で、標準的な料金は70ポンド(約1万3300円)。イギリスはアメリカのように常にチップを要求する国ではありませんが、キャディーには別途チップを払うのが一般的です。その場合は20ポンド(約3800円)くらいが平均的だと思います。

オールドコースでのプレーにはハンデ証明書が必要

 オールドコースでプレーするためにはオフィシャルハンディキャップが必要です。最大ハンデが設定されていますが、男女ともに36となっており、そこまで高い技量は要求されていません。ただし、プレーする際にはハンディキャップ証明書の提示が求められるので必ず持参してください。

 冬はプレー料金が安く、プレーできる確率も上がりますが、注意したいのは通常11月から3月まではフェアウェイから直接ボールを打つ事が禁じられていること。芝の保護を目的として人工マットに球を乗せてショットをしなくてはならないルールとなっているので注意してください。

トム・バートン

トム・バートン氏
トム・バートン氏

英国で旅行会社「Luxury Links Golf Tours」を経営。日本人の英国ゴルフ旅行のサポートも行っている。ゴルフだけでなく、サッカーのプレミアリーグ観戦、ウイスキーの蒸留所巡り、さらにはビートルズゆかりの地をめぐるリバプールツアーなど、旅行者のさまざまなニーズに応じたツアーを企画。日本人が好むバスタブ付き、冷蔵庫付きのホテルアレンジについても相談に乗ってくれる細やかな対応で評判。「Luxury Links Golf Tours」公式ホームページ https://luxurylinksgolftours.co.uk/

【写真・動画】オールドコース名物の“世界一有名な橋”を改悪!? これが3日で撤去された“幻の姿”です

この記事の画像一覧へ(4枚)

画像ギャラリー

世界中のゴルファーが憧れる“聖地”セントアンドリュース・オールドコース 写真提供:Luxury Links Golf Tours
セントアンドリュースの公式ホームページより「ballot」と呼ばれる抽選システムを利用できる
トム・バートン氏
ザ・クーリエのX(@thecourieruk)より
1 2

最新記事