天然芝から打てる練習場ってあるの!? 交通費をかけても通いたくなる豊富なメリットとは?

ゴルフ練習場と言えば人工芝の上から打つのが一般的ですが、まれに本番さながらに天然芝から打てる施設も存在します。人工芝と天然芝ではどのような違いがあるのでしょうか。

天然芝での練習効果はダフリにシビアなだけじゃない

 ゴルフ練習場では何度も同じ場所で打つため、多くの施設が丈夫かつ手入れが少なくて済む人工芝を採用していますが、まれにコース同様に天然芝の上から打てる施設も存在します。

天然芝で練習することのメリットは? 写真:AC
天然芝で練習することのメリットは? 写真:AC

 東京近郊では川間アルバトロス・レンジ(千葉県野田市)や、湘南銀河大橋ゴルフ(神奈川県平塚市)などで、通常の人工芝の打席のほかに天然芝の打席も設置されています。

 では、天然芝で練習するとどのようなメリットがあるのでしょうか。レッスンプロの山本昌夫氏は以下のように話します。

「最大のメリットは、実際のコースに近い条件で練習ができる点だと思います。人工芝はクラブヘッドが滑りやすく、クラブがダフリ気味に入っても大きなミスになりにくいのが特徴です。しかし、天然芝はクラブのリーディングエッジが地面に刺さりやすいため、『練習場と同じようなスイングをしているのにコースだとうまく当たらない』ということが起きるのです」

「天然芝の練習場ではコース同様に、クラブを振り抜くときの芝の抵抗を感じることができるほか、一般的なゴルフ場に敷かれているゴムマット等と比較して足元が不安定になるため、より足場や下半身を意識した実戦的なアドレスができるようになると思います」

「また天然芝は、芝目やパッと見ただけでは分からない微妙な地面の凹凸の違いが生じるので、打席ごとに少しずつライが変わってくるはずです。繰り返し通って違う打席を利用することで、様々な状況下でのショット練習が可能なのもメリットと言えるでしょう」

「その他、通常の練習場ではドライバーショット用にゴムティーが用意されていますが、ゴムティーは耐久性に優れている代わりに、インパクト時にヘッドにかかる力が大きくなって、弱いスイングでは当たり負けしやすいという特徴があります。一方、天然芝の練習場はラウンド時と同じティーを使用するので、当たり負けすることはなくなるかもしれません」

「さらに、天然芝の練習場にはバンカーショットやアプローチ、パッティング専用のコーナーも併設されていることが多く、あらゆるシーンを想定したトレーニングを行えることもメリットと言えます」

天然芝の練習場にデメリットはある?

 では、天然芝の練習場にはどのようなデメリットが考えられるのでしょうか。山本氏は以下のように話します。

「天然芝の練習場はそもそも施設の数が少ないのが一番のデメリットだと思います。基本的にゴルフ場に併設されているか、練習のみを専門としている施設であっても郊外まで足を延ばさないと見つけるのは難しいでしょう」

「また、天然芝だとショットの際に当然芝が削れます。そのため、アイアンショットの後はディボット跡に目土をするなど、まめに手入れをしてあげる必要があるのです」

 結論。天然芝のゴルフ練習場は、人工芝よりもはるかに実戦的な練習ができ、とくにアイアンやウェッジでよくダフるという人にとっては練習の効果が見込めそうです。

 一方で、利用者のマナーが悪かったり、施設の管理が行き届いていなかったりすれば、ひどい状態のライから打つことを強いられる可能性もありそうです。

 そもそも施設数が少ないので、近所に天然芝から打てる練習場があるというゴルファーはとてもラッキーかもしれませんね。

【写真】街中の練習場とはひと味違う! ゴルフ場に併設されている練習施設 関東3選&関西3選

画像ギャラリー

 ザ・インペルアルカントリークラブ(茨城県) ドライビングレンジとショートゲームエリア(手前)。本コースのようにメンテナンスが行き届いており、広くて開放感抜群 写真:ザ・インペルアルCC
 ザ・インペルアルカントリークラブ(茨城県) ドライビングレンジの打席 写真:ザ・インペルアルCC
 ザ・インペルアルカントリークラブ(茨城県) ゆったりとしたフェアウェイ、ティーグラウンドからグリーンやハザードが見渡せるレイアウトが特徴 写真:ザ・インペルアルCC
大相模カントリークラブ&大相模ゴルフスポーツガーデン(神奈川県) 大相模ゴルフスポーツガーデンのアプローチ練習場。のどかな雰囲気と景色も魅力的 写真:大相模ゴルフスポーツガーデン
大相模カントリークラブ&大相模ゴルフスポーツガーデン(神奈川県) 大相模ゴルフスポーツガーデンのドライビングレンジ。全長300ヤード! 写真:大相模ゴルフスポーツガーデン
大相模カントリークラブ&大相模ゴルフスポーツガーデン(神奈川県) 東・中・西の3コースを有する大相模カントリークラブ 写真:大相模CC
富士市原ゴルフクラブ(千葉県) 「フラットで距離感を養いやすい」と評判のドライビングレンジ 写真:富士市原GC
富士市原ゴルフクラブ(千葉県) 高いアゴの練習にもなるバンカーがあるアプローチ練習場 写真:富士市原GC
富士市原ゴルフクラブ(千葉県) チャレンジ精神を刺激する、ロバート・トレント・ジョーンズ設計のコース 写真:富士市原GC
有馬カンツリー倶楽部(兵庫県) OUT、INの両方の練習グリーンに設けられたバンカー練習場 写真:有馬CC
有馬カンツリー倶楽部(兵庫県) 全長250ヤードのドライビングレンジは打席間もゆったり 写真:有馬CC
有馬カンツリー倶楽部(兵庫県) 練習グリーンは本コースのグリーンと同様、高品質のグリーンコンディションをキープ 写真:有馬CC
有馬カンツリー倶楽部(兵庫県) なだらかな丘陵地に造られた18ホールは、コースのすみずみまで手入れが行き届いている 写真:有馬CC
富士小野ゴルフクラブ(兵庫県) 屋根付きがうれしい200ヤードのドライビングレンジ 写真:富士小野GC
富士小野ゴルフクラブ(兵庫県) メンタルまで鍛えられそうなアゴの高いバンカー練習場 写真:富士小野GC
富士小野ゴルフクラブ(兵庫県) 美しい自然と優れた戦略性が調和したコースに挑戦できる 写真:富士小野GC
木津川カントリー倶楽部(奈良県) 全長190ヤードと距離はさほど長くないが、豊かな緑に向かって爽快なショットが楽しめる 写真:木津川CC
木津川カントリー倶楽部(奈良県) 比較的フラットで距離のある木津川カントリー倶楽部 写真:木津川CC
練習をしない「見学者」を連れていっても、基本的に料金は掛からない 写真:AC
同じ打席で交互に練習することも可能。ただ、打ち放題営業の場合には確認が必要 写真:AC
写真は相生水上ゴルフセンター。打席の前にため池が広がる景色は壮観! ぜひ一度足を運びたい場所です
新・西山荘CC17番ホールの浮島グリーン。スリリングな興奮を味わおう 写真:ゴルフ場提供
名匠ピート・ダイの設計コンセプトの集大成ともいえる、PGMマリアGLの17番ホールの浮島グリーン 写真:ゴルフ場提供
ピートダイGCロイヤルC8番の浮島グリーン。コースは、ピート・ダイの設計理念がギュッと凝縮された造りになっている 写真:ゴルフ場提供
天然芝で練習することのメリットは? 写真:AC

最新記事