全ゴルファーを苦しめる“下りパット” 「慎重に…慎重に……」の強すぎる意識が3パットの原因?

パッティングの際「下りのラインは難しいから避ける」と戦略を立てるのが一般的な考えですが、なぜ上りよりも下りのほうが難易度が高いと感じるのでしょうか?

重要なのはカップインのイメージ?

 スコアを縮めるうえで、パッティングの上達は大きな鍵を握っているといっても過言ではありません。一般的なアマチュアであれば「グリーンオンして2パットでカップイン」を目標とするのが基本的な戦略でしょう。

 18ホールで考えると、パッティングを36打以内に収めることができればスコアはかなり安定すると言えますが、そう簡単にはいかないところがゴルフの難しさでもあります。特にビギナーやアマチュアは、下りのパットで悪戦苦闘することも多いはずです。

 一体なぜ、上りよりも下りのパットのほうが難しいと感じてしまうのでしょうか。レッスンプロの三浦辰施氏は次のように話します。

パッティングの出来がスコアを左右するといっても過言ではない 写真:unsplash
パッティングの出来がスコアを左右するといっても過言ではない 写真:unsplash

「下りのパットはどうしても傾斜の影響を強く受けるので、普段より弱く打たなければいけません。力加減が難しいことはもちろん、ラインに乗っていたとしても勢いが強いとカップに弾かれてしまう可能性があるのも理由の一つです」

「また、強く打ちすぎてカップを通り過ぎてしまった場合、次打が上りのパットになることが多いですが、気持ちを切り替えて強く打てるアマチュアはほとんどいません。だいたい前の強く打ちすぎたイメージを引きずって弱いパットになってしまい、結果的に3打、4打と打ってしまうケースが多いです」

 さらにグリーン上では、ボールスピードが速いほど曲がり幅も大きくなるので、下りパットはより傾斜を読むのが難しくなります。では、どのようなことに気をつけるといいのでしょうか。

「カップのどこからボールをインさせるかをイメージしてからパットをするのがオススメです。ほとんどのアマチュアは『このぐらいの距離を打とう』と決めていると思いますが、カップのどこからインさせるかを考えている人は少ないです」

「例えば下りのパット時に『カップの手前からストンと落ちるような感じで入れる』とイメージしておけば、強く打ちすぎるリスクを減らすことができます。前もってイメージをしないゴルファーは、カップを通り過ぎたあとどのくらい転がっていくのかも分からないので、結果的に多くの打数を要してしまうのです」

下りのパットを残さないマネジメントも大切

セオリー通り手前から慎重に攻めていくのが無難 写真:AC
セオリー通り手前から慎重に攻めていくのが無難 写真:AC

 三浦氏はさらに「下りのパットを残さない攻め方を考えるのも有効である」と言い、以下のように話を続けます。

「例えば、受けグリーンの場合は手前から奥に上っているので、オーバーすると下りのパットが残ってしまいます。このことからも、下りの難しいパットを残さないためになるべく手前から攻めるような意識が大切でしょう」

 近年はカートに備え付けられているナビゲーションでもグリーンの形状を確認することができるので、事前に見ておくだけでもコース攻略のヒントを得られるはずです。特に日本のゴルフ場は受けグリーンが多いので、このような攻め方を知っているかどうかでスコアにも大きな影響を与えます。

 下りのパットは上級者でも難しいと感じるものなので、ビギナーであればなおさら大叩きしてしまう可能性も。攻略のためにはカップインのイメージを持つことに加え、下りのパットを残さないようなマネジメントもスコアメイクのうえでは必要であると言えそうです。

【写真】「マジで直して」 これがコース管理のプロが教える正しいボールマークの直し方/目土の仕方です

画像ギャラリー

まずボールの進行方向側からグリーンフォークを入れて戻す
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
この時点でかなり戻っている
窪みが大きい場合は円を広げて、またぐるりと戻す
窪みが大きい場合は円を広げて、またぐるりと戻す
窪みが大きい場合は円を広げて、またぐるりと戻す
窪みが大きい場合は円を広げて、またぐるりと戻す
最後にパターで軽くトントンとならす。手で軽く押さえても良い
まず斜めにグリーンフォークを入れたら…
フォークのお尻を上げるようにして芝を寄せる
先端を上げるような使い方は芝の根を切るのでNG
上が一般的なグリーンフォーク、下が戸島キーパーの使う業務用のグリーンフォーク
JGMセベバレステロスGCの戸島義貴グリーンキーパーいわく、ほとんどの人は砂の量が少なすぎる
自分がつくったディボット跡にボールが入ったら後続組に申し訳ない
スコップにこんもりと盛った砂を…
ディボット跡にバサッと落として…
芝と同じ高さになるように足の裏で広げる
踏み固めずに平らにならす要領で
目土をした端のところから芝が顔を出しているような仕上がりを目指そう
バラバラになったターフは戻さなくてOK
グリーンフォークを刺した後の動作が間違っている人が多い
日本でも1グリーンが主流になった昨今でも奥が高くなった「受けグリーン」は多い 写真:AC
パッティングの出来がスコアを左右するといっても過言ではない 写真:unsplash
セオリー通り手前から慎重に攻めていくのが無難 写真:AC

最新記事