ドライバーを封印したほうがスコアはまとまる!? “アイアンだけ”のラウンドはレベルアップにつながるの?

ドライバーやウッドを使わないで、アイアンだけでラウンドするとスコアが良くなるという話をよく聞きますが本当なのでしょうか。

アイアンだけだとスコアが悪くなってしまうケースもある

 ビギナーや100切りができない人は、ドライバーやフェアウェイウッドを使わずにアイアンだけでラウンドした方がスコアは良くなる、という話を耳にしたことがある人は少なくないはずです。

ティーショットで周りはドライバーを持っているのに、自分だけアイアンを持つのは勇気がいる 写真:AC
ティーショットで周りはドライバーを持っているのに、自分だけアイアンを持つのは勇気がいる 写真:AC

 たとえば7番アイアンで140ヤードを飛ばせる人は、400ヤード前後のパー4であれば、3打でグリーンオンできる計算になります。2パットでカップインできればボギーで上がれます。このようなプレーを続ければ、100切りは達成できるはずです。

 では、この理屈通りにアイアンだけでプレーすれば、ビギナーはスコアアップできるのでしょうか。現役のシニアツアープロでゴルフスクールも経営している梶川武志プロは次のように語ります。

「ラウンドをする機会が多い人は、練習としてアイアンだけでプレーをすると、さまざまな気づきが得られるのでいいかもしれません。しかし、必ずしもスコアアップにつながるとは限りませんし、逆にスコアを悪くしてしまう可能性もあります」

 本来であればティーショットでドライバーを使うパー5やパー4を、アイアンだけにするのはデメリットが大きいといいます。

「私がラウンドレッスンを行う際、受講者の飛距離に合わせるためにアイアンだけでラウンドすることがあります。その場合、私のスコアは間違いなく悪くなります。それは2打目以降の残り距離が長くなって、ロングアイアンで難易度の高いショットが必要になるからです。ドライバーで多少ミスをしてもある程度の距離を稼げていれば、2打目は短いアイアンを選択できるので、ショットの精度は上がり、スコアはまとまりやすくなります」

 狭いホールでOBがある場合は、ドライバーではなくアイアンを選択するのはいいと話します。

「ドライバーが安定していない日に、OBを避けるためにアイアンを選択するのはマネジメントの一つとして理解できます。状況に合わせてアイアンとドライバー、もしくはウッドを使い分けることが重要であり、最初からアイアンしか使わないゴルフではスコアアップは見込めないでしょう」

2打目をアイアンだけにするのはオススメ

 しかし、2打目についてはウッドなどを使用せずアイアンだけと決めておくのはオススメだと梶川プロは語ります。

「3番ウッドは非常に難しいクラブです。ウッドでチョロを多発してしまうような人は、アイアンで確実に距離を稼いだ方がいいかもしれません。ただ、5番アイアンなどは難しいクラブなので、より簡単な7番アイアン以下の番手を使った方がいいと思います」

 ドライバーやフェアウェイウッドが左右に大きく曲がってしまい、ボールロストが多発してしまう場合はアイアンのみにする選択もいいでしょう。ですが、アイアンだけでラウンドすれば必ずしもスコアが良くなるとは言えません。まずは自分のスコアが向上しない原因がどこにあるのか分析して、より安全なアイアンをどこで使ったらいいのか判断できるようになるといいかもしれません。

【写真】ベテランでも意外と分かってない…これが正しいバンカーのならし方&レーキの置き方です

画像ギャラリー

レーキをかける場合は柄をなるべく平行にしてならす 写真:Getty Images
レーキはバンカーの外に置くのが最も一般的 写真:AC
バンカーの内側にフチと平行に置くパターン 写真:AC
レーキのヘッドをバンカー内に入れ、柄の部分をフチと垂直に置くパターン 写真:AC
ティーショットで周りはドライバーを持っているのに、自分だけアイアンを持つのは勇気がいる 写真:AC

最新記事