“速さ”だけじゃなく“硬さ”も気にするとスコアメイクに超役立つ!? 硬いグリーンの見分け方と攻略方法とは?

グリーンの速さに比べると、硬さを気にする人はあまり多くありません。グリーンの硬さは、プレーにどのような影響を及ぼすのでしょうか。

硬いグリーンは止まらないから注意が必要

 グリーンの指標で速さを気にしている人は多くいますが、グリーン面の硬さまで気にしている人はあまり多くないようです。実際に、スティンプメーターという装置を使用し、速さを計測しているゴルフ場は多くありますが、硬さまで表示しているゴルフ場は少ない傾向にあります。

軟らかいグリーンは、ボールマークが大きく深くなる
軟らかいグリーンは、ボールマークが大きく深くなる

 グリーンの硬さ(コンパクション)はコンパクションメーターという器具で測定され、一般的なゴルフ場は10〜11kg/cm2、プロのトーナメントが開かれるようなゴルフ場では12〜14kg/cm2に設定されています。以前は指数硬度目盛という単位が使われていて、10kg/cm2は23、12kg/cm2が24に相当し、今でもこの指数を使っているゴルフ場もあります。

 ではグリーンの硬さは、実際にはプレーにどのような影響があるのでしょうか。現役のシニアツアープロでゴルフスクールも経営している梶川武志プロに聞いてみました。

「アイアンショットやアプローチの場合、グリーンが硬いとプレーはとても難しくなり、速さよりも気をつかいます。グリーンが速くても硬さがない場合、スピンが効きやすくなるのでボールは止まりますが、硬い場合はボールが跳ねてしまうからです」

「私は160〜170ヤードの場合6番アイアンを使用しますが、通常はグリーン上で止まるボールがグリーンが硬い場合は止まらないので、グリーン手前に落とすなどの工夫が必要になります。同じようにアプローチも止まらずに転がってしまうので、通常より高い球を打つよう意識しなければなりません」

「硬いけれどもグリーンの速さがそうでもないときは、まだいろいろと対処法がありますが、硬くて速い場合は本当に難しいので苦労します」

「また硬さはグリーンの場所によっても違うことが多いです。たとえば、花道に近いところは人が歩くので硬くなりやすいですが、真ん中辺りはそうでもないということがあるので、特に注意をしています」

ボールマークでグリーンの硬さがわかる

 グリーンの硬さの表示がないゴルフ場も多いですが、その場合どのように把握すればいいのか、梶川プロは次のようにアドバイスしています。

「自分や他人がつけたグリーン上のボールマーク(ボールがグリーンに落ちたときにできるヘコみ。ピッチマークともいう)を確認すると、グリーンの硬さの見当がつきます」

「ボールマークが多いコースは軟らかいグリーンですし、あまり見かけない場合は硬い、と判断していいでしょう。またボールマークが大きく深い場合は軟らかなグリーンで、少ししかヘコんでいないときは硬めのグリーンだと判断できます」

「自分のボールマークを修復するのは当然のマナーですが、他人のボールマークも直すといいと思います。その時にグリーンフォークが入りやすいかどうかで硬さがわかります。グリーンが硬い場合はフォークは入りづらく、ヘコみをなくすためにフォークを中央に寄せる作業も力が必要です」

「最初のホールで確認をしておくと、その後のホールも同様な硬さという予測ができます。距離があるショットの場合は直接グリーンに乗せずに、手前から攻めるという選択肢を選べますよね」

「プロはこのような方法を取りますが、アマチュアが一般のゴルフ場でプレーするときは、そこまで過敏になる必要はないと思います。ただ、グリーンの硬さを知っておくと、『ボールがグリーンで跳ねやすいので注意が必要』という認識ができるので、スコアメイクに役立ちます」

 普段のラウンドでグリーンの硬さを意識するだけでも、スコアに良い影響があるようです。今後はグリーンの速さだけでなく、硬さもチェックしてみてはいかがでしょうか。

【写真】「マジで直して」 これがコース管理のプロが教える正しいボールマークの直し方/目土の仕方です

画像ギャラリー

まずボールの進行方向側からグリーンフォークを入れて戻す
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
この時点でかなり戻っている
窪みが大きい場合は円を広げて、またぐるりと戻す
窪みが大きい場合は円を広げて、またぐるりと戻す
窪みが大きい場合は円を広げて、またぐるりと戻す
窪みが大きい場合は円を広げて、またぐるりと戻す
最後にパターで軽くトントンとならす。手で軽く押さえても良い
まず斜めにグリーンフォークを入れたら…
フォークのお尻を上げるようにして芝を寄せる
先端を上げるような使い方は芝の根を切るのでNG
上が一般的なグリーンフォーク、下が戸島キーパーの使う業務用のグリーンフォーク
JGMセベバレステロスGCの戸島義貴グリーンキーパーいわく、ほとんどの人は砂の量が少なすぎる
自分がつくったディボット跡にボールが入ったら後続組に申し訳ない
スコップにこんもりと盛った砂を…
ディボット跡にバサッと落として…
芝と同じ高さになるように足の裏で広げる
踏み固めずに平らにならす要領で
目土をした端のところから芝が顔を出しているような仕上がりを目指そう
バラバラになったターフは戻さなくてOK
グリーンフォークを刺した後の動作が間違っている人が多い
軟らかいグリーンは、ボールマークが大きく深くなる

最新記事