ラウンド前に練習するだけでは不十分!? ベストスコアを更新したゴルファーが当日実践していたこととは?

絶対にベストスコアを更新したいゴルファーは、ラウンド前に「あること」をすると達成できる確率が高くなるそうです。

ゴルフ場まで自身の運転で向かうと体が動きやすくなる

 ゴルフ経験の長いゴルファーであればあるほど、年々ベストスコアを更新するのは難しくなります。ベストスコアを更新するには、スタートホールから好調を維持したまま18ホール回りきるぐらいのクオリティーが求められます。

ラウンド前は運転して頭をシャキッとさせるのがオススメ 写真:PIXTA
ラウンド前は運転して頭をシャキッとさせるのがオススメ 写真:PIXTA

 レッスンプロの山本昌夫氏は、スタートホールからナイスショットを打ってベストスコア更新の確率を上げたいゴルファーは、「あること」を必ずするべきだと話します。

「もし本気でベストスコアを更新したいのであれば、30分〜1時間以上のゴルフ場までの道のりを、クルマで運転していくことがオススメです。運転することで体が眠っている状態から徐々に起きてきますし、頭もかなり回りやすくなります。私の生徒さんも、早朝に自身でクルマを運転してきたゴルファーはキビキビと行動していますし、ラウンド前の練習でもボールをしっかり捉えることができています」

「一方、乗合もしくは電車やバスでゴルフ場に到着した人たちは、ラウンド前の練習でも体が起ききっておらず、ボールをうまく打てない人が多いです。特に電車やバスで来る人は、移動中に眠っていることも多いので、体が朝起きたときの状態に逆戻りしています」

「朝起きてすぐにクラブを持ってショットしても、ナイスショットが打てないのと同じ原理です。つまりラウンド前に練習しただけでは体は万全な状態にならないので、そこまでにある程度体を起こしておく必要があります」

「実際、ツアープロで試合前はゴルフ場から近いホテルを選ぶのではなく、あえて少し離れた場所を選択して、クルマを運転する時間をつくることで体を起こす工夫をしている人もいるといいます」

 都心に住んでいるゴルファーのなかにはクルマを所有していない人もいますが、なにかしらの対策はあるのでしょうか?

「電車やバスでゴルフ場に向かうゴルファーは、移動中に寝るのではなくスマホを見たり、外の景色を見るといいでしょう。さらに最低でもスタート時間の3時間前までには起床しておくと効果的です」

「また、なるべく早めにゴルフ場に到着してストレッチをして、ショットとパターの練習はマストで行っておくと、スタート時には体が起きていてベストパフォーマンスが出しやすいです。なかなかアマチュアゴルファーでここまで徹底的に行う人は少ないですが、『今日は絶対にベストスコアを更新したい!』と気合が入っている日に実践してみてください」

炭水化物は家で食べてこよう

 ほかにも山本氏は、なるべく食事は自宅で済ませてくるのが望ましいと話します。

「ゴルフ場では、よくラウンド前におにぎりやサンドウィッチを食べている人を見かけますが、スタート直前に炭水化物を摂取すると、どうしても体の動きが鈍くなりやすいです。なるべく食事は自宅で済ませてきて、ラウンド中にチョコレートや飴などの軽食で軽く糖分を摂取しながらプレーする方が、エネルギーも補給できてオススメです」

 ラウンドでベストパフォーマンスを発揮するためには、ラウンド前の練習だけでなく、朝起きてからの時間をどのように活用するのかが大切といえそうです。全てのラウンドでこのような習慣を行うことは大変かもしれませんが、体調が良かったり天候に恵まれてプレーしやすかったりと、ベストスコアが狙えそうな日に実践してみるといいかもしれません。

【スポーツ栄養士が教える】これが後半のプレーに好影響を与えるランチメニュー

画像ギャラリー

ボリューム感のある「カツカレー」は“ヒレ”を選ぶのが正解。写真は「昭和レトロな、おいしいヒレカツカレー」1750円(税込み) 写真:リバー富士カントリークラブ
麺類を選ぶなら、豚肉や緑黄色野菜がたっぷりとれるメニューを選びたい。写真は「豚キムチほうとう」1650円(税込み) 写真:河口湖カントリークラブ
ラウンド後半のスコアを崩さない理想的な“ゴルフ飯”。写真は「鰻のひつまぶし」1980円(税込み) 写真:鷲羽ゴルフ倶楽部
栄養価の高い豚肉を食べて、ラウンド後半もナイスショット! 写真は「白河清流豚 生姜焼き定食」1500円(税込み) 写真:白河高原カントリークラブ
鳴尾ゴルフ倶楽部の名物「鳴尾丼」は牛肉を玉子でとじた、いわゆる他人丼
鳴尾ゴルフ倶楽部のシンプルな洋朝食
大阪ゴルフクラブの名物「牛ばら肉のカレーうどん」
ラウンド前は運転して頭をシャキッとさせるのがオススメ 写真:PIXTA

最新記事