「俺ら飛ぶからバックティーでいいんじゃね?」は大間違い! じゃあバックティーデビューの目安ってなに…?

一般的なアマチュアゴルファーはレギュラーティーから回ることが多いですが、もしもバックティーから回ると、スコアはどれくらい変わるのでしょうか?

アベレージゴルファーがバックティーからプレーするとスコアはかなり落ちる

 ゴルフ場はすべてのレベルのプレーヤーが楽しめるように、各ホールにバックティー、レギュラーティー、フロントティー、レディースティーといったティーイングエリアが設置されています。そして飛距離や実力に合わせて、それぞれのティーイングエリアから各ホールの第1打を打ちます。そして第2打以降は、すべてのプレーヤーが同じ条件でプレーします。

 上級者や飛距離が出る人はバックティーから打つことができますが、事前にマスター室などで許可を得なければならないことが通常です。主にバックティー以外は特に許可は必要なく、飛距離が出る女性はレギュラーティーから回ることもあります。

 バックティーとレギュラーティーの総距離の差は500ヤード〜600ヤード程度ですが、この差はゴルフ場によっても大きく違います。全体的に総距離の長いゴルフ場は差が大きく、短いゴルフ場の場合はそれが小さいというのが普通です。

バックティーから回るメリットは? 写真:PIXTA
バックティーから回るメリットは? 写真:PIXTA

 それではバックティーとレギュラーティーでは、どれくらいのスコアの差がでるのでしょうか。現役のシニアツアープロでゴルフスクールも経営している梶川武志プロは、次のように話します。

「具体的にスコアの差というと難しいのですが、上級者の場合でも5打程度の差は出ると思います。バックティーとレギュラーティーの総距離の差が500〜600ヤードだとすると、1ホールあたりでは約30ヤード程度の差になります。するとレギュラーティーで350ヤードのパー4は、バックティーで380ヤードになります」

「単純計算でドライバーの飛距離が220ヤード程度の人は、レギュラーティーでは2打目は残り130ヤードですが、バックティーの場合はそれが160ヤードになります。残り130ヤードだと比較的グリーンオンしやすいですが、160ヤードになるとグリーンオンできる確率は低くなります。また、短い距離であれば避けられるバンカーなども、残り距離が長いと入れてしまう可能性も高くなってきます」

「たった30ヤードの違いですが、グリーンオンを狙うようなセカンドショットやサードショットでは大きな差があり、それがスコアの差になってくるのです」

レギュラーティーでより良いスコアを目指そう

 梶川プロは、「スコアが100前後程度のゴルファーは、バックティーを使ってもメリットがない」といいます。

「スコア100前後のプレーヤーがバックティーで回ることを許可するゴルフ場はあまり多くないと思いますが、もしラウンドできたとするとスコアはかなり悪くなりますし、スロープレーの原因にもなり得ます」

「バックティーで回りたいというのは、自分は飛距離が出るからという自信からだと思います。飛距離が出てもスコアが100前後ということは、OBなどのペナルティが多いことや、パッティングを含むショートゲームがあまり上手ではないことが大きな要因です」

「このような人はバックティーでラウンドすることより、レギュラーティーでより良いスコアを出すことに集中した方が上達は早いのです。バックティーでラウンドした方が良いと思うのは、平均スコアが80台前半のいわゆる上級者で、それ以外のプレーヤーはレギュラーティーでいつも90台でラウンドできるように目指すべきだと思います」

 バックティーからラウンドすると、自分自身のプライドを満足させられるかもしれません。しかし、上達という観点でみると、デメリットの方が目立ちます。基本的にはレギュラーティーからラウンドした方が、スコアアップなどで上達を実感しやすく、気分も晴れやかでしょう。

【図解】意外と知らない…? 接待や上司とのラウンドで役に立つ「カートの上座・下座」&「行き帰りのクルマの上座・下座」を写真で解説

画像ギャラリー

キャディー付きの場合のゴルフカートの席順
セルフプレーの場合のゴルフカートの席順
行き帰りのクルマの席順(タクシーの場合、上司が運転する場合)
行き帰りのクルマの席順(社内のみの場合、お客様を乗せる場合)
バックティーから回るメリットは? 写真:PIXTA
怒られてしまう可能性がある立ち位置はココ!飛球線後方に立つのはマナー違反です
ショットをしようとしているゴルファーの邪魔にならない理想的な立ち位置はここ
コンペのときなどは、こうなってしまいがちですが…

最新記事