「大きい方が上級者に見える!?」 キャディーバッグは何を重視して選ぶ?

さまざまな種類と価格のものが存在するキャディーバッグ。では、価格の高いキャディーバッグにはどのような特徴があるのでしょうか?

キャディーバッグにはカート式とスタンド式の2種類が存在

 キャディーバッグとは、ゴルフクラブを収納するためのケースを指し、クラブを傷つけずに運ぶ、ゴルフには欠かせない道具の一つです。最近では、人気アニメのキャラクターがプリントされているものや、個性的な柄が入ったものなど、デザインの豊富なキャディーバッグも数多く販売されています。

カート式もスタンド式もそれぞれ一長一短あり 写真:Shutterstock

 使い勝手としては、口枠のサイズ、ポケット、軽さなどデザイン面だけでなく、収納力も選ぶ際に確認しておくべき点です。また、キャディーバッグは、大きく分けてカート式とスタンド式の2種類に分けられます。

 まず、カート式とは土台部分に安定感があり、地面に置いた際に直立するタイプのものです。ほとんどの場合は、前側にシューズやアウターなどを入れる大きめのポケット、裏にグローブやボール、ティーなどの小物を入れる小さめのポケットがあることが一般的です。

 一方、スタンド式は持ち運びが便利、かつ軽量な点が特徴で、近年、使用する人が増えてきているタイプのものです。スタンド式の場合は、バッグを担いだときに背中が当たらない方の面に大きなポケットが付いることが大半で、アウターなど大きめの物を収納します。

 また、スタンドの反対側に小さめのポケットが付いているため、そこにはグローブやボールなどの小物を入れることができます。カート式に比べて、軽量で持ち運びが便利な反面、収納スペースは少なめになっています。

 このように、キャディーバッグといっても、デザインや形状によって値段はピンきりで、これから、キャディーバッグの購入を考えている初心者ゴルファーは、値段の高いものと安いものの違いが、どこにあるのか気になるところかもしれません。

 日本ゴルフジャーナリスト協会副会長で、元・国内大手ゴルフメーカーの広報責任者だった嶋崎平人氏は、価格の高いキャディーバッグと安いキャディーバッグの違いについて、以下のように話します。

「当然ながら、ブランドのキャディーバッグは価格が高くなります。次に、9インチや10インチなど収納スペースが多いものは、価格が高くなる傾向にあるでしょう」

「ただ、一番価格に関わってくるのは素材です。ナイロン系のものは安く、合成皮革を使用しているものは価格が高くなります。一般的なバッグと同じで、合成革皮は高級感があり、印字もキレイに入りやすいので、多くのメーカーが使用しています」

 つまり、ブランドや収納スペース、素材によってキャディーバッグの価格は決められていて、価格の高いキャディーバッグは、収納スペースが多く、見た目も高級感があり、デザイン性が優れているものが多いと言えそうです。

近年はスタンド式が人気?

 また、素材が異なるということは、加工の手間や縫製の仕方も変わってきます。ナイロン素材が使用されているキャディーバッグは、パーツが基本的に簡便的なものが使われているのに対して、ツアーでも使われるようなモデルは、細部まで高級感のある造りになっています。

 さらに、収納が多いものは、キャディーバッグ自体の重量が重くなるので、疲れにくいような造りにする必要も出てくるでしょう。

 ちなみにプロゴルファーは、キャディーがバッグを担いでくれることもあり、比較的大きめのものを使用しています。しかし、アマチュアゴルファーであれば、ゴルフ場まで自分で運んだり、カートで移動させたりするので、重すぎるキャディーバッグは実用的ではないかもしれません。

 前述の島崎氏は「軽量で持ち運びが楽、クルマに詰め込む際もスペースを比較的取らないスタンド式は、最近人気が出てきています」と話します。

 デザインや高級感を重視するゴルファーは、合成皮革のキャディーバッグ、デザイン性よりも利便性を重視する人は、スタンド式など比較的軽量なキャディーバッグを選択するのが無難と言えるでしょう。

 近年はアパレルメーカーの参入もあり、「UNITED ARROWS GOLF(ユナイテッドアローズ ゴルフ)」や「BEAMS GOLF(ビームス ゴルフ)」などからも販売されています。また、かばんブランド「BRIEFING(ブリーフィング)」、サングラスブランド「OAKLEY(オークリー)」など、さまざまな業界のブランドから選ぶことができるので、お気に入りのキャディーバックを探すのも、ゴルフライフの楽しみではないでしょうか。

この記事の画像一覧へ(12枚)

画像ギャラリー

『ゼロ・スパイク バイター ライト』 WG(白/ゴールド)
『ゼロ・スパイク バイター ライト』 TR(トリコロール)
『ゼロ・スパイク バイター ライト』 BP(黒/ピンク)
『ゼロ・スパイク バイター ライト』 商品特徴
『ゼロ・スパイク バイター ライト』 商品特徴2
『ゼロ・スパイク バイター ライト』 カラーバリエーション
『ゼロ・スパイク バイター ライト』 商品概要
キャディバッグ『CBG251』 WH(白)
キャディバッグ『CBG251』 NA(紺)
キャディバッグ『CBG251』 商品概要
キャディバッグ『CBG251』 カラーバリエーション
カート式もスタンド式もそれぞれ一長一短あり 写真:Shutterstock

最新記事