熟練ゴルファーの提言「まずハーフスイングから練習するといいよ」→本当に正しい? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

熟練ゴルファーの提言「まずハーフスイングから練習するといいよ」→本当に正しい?

ゴルフ歴の長い熟練ゴルファーから「まずハーフスイングから練習するといいよ」と、アドバイスを受けたことがある初心者ゴルファーは少なくないでしょう。では、なぜハーフスイングで練習すると上達が早まるのでしょうか?

基本的には有効な練習だが万能練習法ではない

 ハーフスイングとは、ハーフショットを打つ際のスイングを指します。フルショットのように、思い切りバックスイングをするわけではなく、飛距離こそ落ちるものの、コントロール性の高いショットを打つことができます。

ハーフスイングの練習が役に立つアプローチショット 写真:AC

 一般的には、右腰ぐらいの高さまでバックスイングをして、左腰ぐらいの高さまで振り抜くスイングがハーフショットです。

 ゴルフを始めたばかりの初心者ゴルファーの中には、熟練ゴルファーから「まずハーフスイングから練習するといいよ」とアドバイスを受けたことがある人もいるかもしれません。では、ハーフスイングで練習すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 レッスンプロの村井良行氏は、以下のように話します。

「ハーフスイングで練習するメリットはいくつかありますが、まず、スイング幅が小さくなることでミート率が上がります。大きいスイング幅にすると、当然ながらボールに当たりづらくなるので、ハーフスイングは、ボールを打つ感覚を養うことができると言えます」

「さらに、両腕で作る三角形が作りやすくなり、腕と体とクラブが同調しやすくなります。クラブの運動量が使えないぶん、体幹や下半身をしっかり使わないと打てないので、良いスイングになりやすいです」

 一方で、ハーフスイングの練習が、全ての初心者ゴルファーにオススメとは言い切れない理由も存在するそうです。

「ただ、『初心者ゴルファーが積極的にハーフスイングを練習した方がいいか』と言われると、それはケース・バイ・ケースだと思います。ハーフスイングは、ボールにクラブが当たる感覚を得やすい反面、大きく振らないことで、スイングの基本である捻転(体をひねるような動き)や、しなって体に巻き付いてくるようなスイング動作が、覚えづらくなってしまいます」

「一概に、初心者に有効かと言えばそうとも言い切れませんが、『クラブが重たくて振れない人』『なかなかボールに当たらない初心者』にはオススメだと思います」

 このように、ハーフスイングには、さまざまなメリットがある一方で、フルスイングをしないことにより、スイングの基本である捻転や、しなりの感覚は習得しづらいのです。

 クラブが重くて振れない女性ゴルファーや、ボールに全く当たらない初心者ゴルファーにとっては、ボールを打つ楽しさを感じてもらうために、ハーフスイングを練習してみるのも良いかもしれません。

ラウンド中にハーフスイングが有効な場面も

 また、村井氏は「ラウンド中、アプローチはハーフスイングに近いようなショットになりますし、林の中などから脱出するために、コンパクトなスイングが必要なときにもハーフスイングは有効です」と話します。

 例えば、フルショットで打つとオーバーをしてしまうようなグリーンを狙うショットでも、ハーフスイングを行うことによって飛距離を調整することができますし、林の中で木々が生い茂るようなスイングスペースが取りづらい場面でも、コンパクトかつ正確なショットが可能になります。

 初心者ゴルファーが、ハーフスイングを積極的に練習していれば上達すると一概には言えませんが、さまざまな場面に応用できるスイングでもあるので、活用してみると良いでしょう。

この記事の画像一覧へ(8枚)

画像ギャラリー

ハーフショットを行う際は、右の上腕が体から離れないようにすると体は自然と回る
ハーフショットを行う際は、右の上腕が体から離れないようにすると体は自然と回る
ハーフショットを行う際は、右の上腕が体から離れないようにすると体は自然と回る
ハーフショットを行う際は、右の上腕が体から離れないようにすると体は自然と回る
フェースの芯でボールをとらえることができれば、自動的に飛距離はアップする
スイング幅の小さなハーフショットならフェースの芯でとらえる確率も上がるし、フェースのどこに当たったかも理解できる
ベルトのバックルを右に向けてから左に向けると、体の回転するようになる
ハーフスイングの練習が役に立つアプローチショット 写真:AC

最新記事