「ワングリップってよく言うけど…」 OKを出す距離、実際どうやって判断してる? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

「ワングリップってよく言うけど…」 OKを出す距離、実際どうやって判断してる?

ラウンド経験の浅いゴルファーは「OKパット」をどのくらいの距離で、どのような場面で出すべきか悩む人が多いかもしれません。OKパットを出すシチュエーションについて、レッスンプロの関浩太郎氏に話を聞きました。

「OKパット」にはリスペクトの意味合いも

「OKパット」とは、プレーヤーが外しようがないほど、カップにボールが近づいた際に、主にラウンドを円滑に進行するため、最後の1打を省略することを指します。いわゆる慣習のようなもので、ストロークプレーの場合、公式のルールブックには「OKパット」の記載はありません。

OKを出す距離に悩むゴルファーも多いはず 写真:AC

 基本的には、ワングリップ(20~30センチ以内)と呼ばれる、パターのグリップと同じくらいの長さを基準にするというのが一般的ではありますが、実際には、40~50センチくらいまではOKを出すというのが、ゴルファーの間で常態化しています。

 しかし、マッチプレーでは、OKパット(正確には「コンシード」)が正式なルールとして採用されています。マッチプレーとは、現在、最もポピュラーなストロークプレー(1ラウンドの総打数を競う)とは別に、対戦相手同士が各ホールの勝敗を競い合い、最終的に勝利したホール数の多いほうが勝つゲーム形式のことを指します。

 こちらは、ローカルルールのOKパットとは異なり、心理的や戦略的駆け引きのために、1メートル以上残っていてもあえて「コンシード」したり、マッチプレーでは基本的に「お先にパット」はできないため、ワングリップ以内でも「コンシード」を出さず、自分が先に難しいパットを入れて、相手にプレッシャーを与えるという戦略もあります。

 一般ゴルファーが使用するローカルルールのOKパットにも明確な基準はないので、経験の浅いゴルファーは、どのくらいの距離で「OK」を出せばいいかジャッジに迷うかもしれません。

「なかなかOKを出さないと意地悪なやつに見られるかも…」「簡単にOKを出しすぎても面白くないし、忖度(そんたく)をしてるように思われるかも…」など、特に目上の人とゴルフをする際は悩みがちです。

 では、実際にどのくらいの距離でOKパットを出すのが無難なのでしょうか?

 レッスンプロの関浩太郎氏は、以下のように話します。

「当然ながらルールで決められているものではないので、明確な『OKパットの距離』はありませんが、やはりワングリップが一般的です」

「コンペなどでは、ラウンドが始まる前に『今日はワングリップOKです』と説明があったりします。これは、人によってOKを出す距離が長かったり短かったりすると、公平性が担保されなくなり、順位に差が出てしまうからです」

 また「OKパットを欲しがってる人には、OKパットはあげられないかな」と関氏は話します。

「OKパットは、プレーファストの観点から『この距離であなたの実力なら、打たなくても入るよね』という意味もあります。ゴルフの実力は人それぞれ異なるので、コンペなどでなければ、OKを出せる距離も変化してきます」

「ワングリップ以上でも、OKをあげられる人もいますし、ワングリップでも入る可能性が低い人にはあげられません。これは、その人の実力を見て判断するしかありませんが、OKパットを欲しているということは、入らないかもしれないと自覚していることでもあるので、打たせるべきではあります」

「ただし、お互いの間柄やTPOによって対応も変わってくるので、接待ゴルフで上司にお願いをされたら受け入れた方が良いですし、友達同士なら厳しく判定しても良いと思います」
 
 OKパットの距離は、実力によって異なるので「この人ならこの距離は外さないだろう」と感じた際は、リスペクトの意味を込めて、ワングリップ以上でもOKを出すこともあります。

自分でOKを出すことはマナー違反

 ほかにも、難易度の高い場所から、素晴らしいショットをしてピンの近くまで寄せることができた際に、称賛の意味を込めてOKを出すということもあります。ピンに寄せるまでの過程が素晴らしいと思えたときには、多少距離があったとしても、リスペクトの意味を込めてOKを出すのも、プライベートラウンドならば良いでしょう。

 また、後続の組が詰まっている場合には、パットが入らないからといって、何度も打っていると迷惑をかけてしまうので、多少距離があったとしても、キリの良いところでOKを出した方がラウンドをスムーズに進められるでしょう。

 このように、OKパットは同伴者との間柄や実力、TPOによって変化してくるので、ラウンドごとに、どのようにするか判断するべきです。

 さまざまな意味合いを持つOKパットですが、あくまでも他者に対してのリスペクトから行うものであるため、自分でOKを出すことはマナー違反とされています。

 たとえ、ワングリップ以内にボールを寄せることができたとしても、同伴者の了承なしにOKと自分自身の判断でボールを拾いあげることはないようにしましょう。

 また、初心者ゴルファーの場合は、OKパットばかりもらっていてもパットが上達しにくいので、進行状況にもよりますが、なるべくトライしてみると良いかもしれません。

この記事の画像一覧へ(12枚)

画像ギャラリー

ヘッドカラーだけでも12色から選べるので、自分だけの個性を主張できる
グリップやヘッドカバーも自分の好きなものを選択できる
スパイダーGT TM1
スパイダーGT TM1
スパイダーGT TM1
スパイダーGT TM1
スパイダーGT TM1
スパイダーGT TM2
スパイダーGT TM2
スパイダーGT TM2
スパイダーGT TM2
スパイダーGT TM2

最新記事