「アドレスで右を向く癖」初心者よりも“そこそこうまい人”のほうが重症度が高い理由 | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

「アドレスで右を向く癖」初心者よりも“そこそこうまい人”のほうが重症度が高い理由

アドレスで右を向く癖は初心者のうちは指摘されることが多いポイントです。でも、実はキャリアが長くある程度うまい人でも右を向く人は多く、むしろ初心者よりも重症度は高いと言います。

本物の上級者以外は基本的に右を向いている

 目標より右を向いて構えてしまうことは、ビギナーによくあることです。でも、仲間内でゴルフがうまいと言われているアナタも、実は右を向いているって気がついていますか?

右を向いて無理やり左に打っていくので「引っかけ」や「チーピン」も多くなる 写真:AC
右を向いて無理やり左に打っていくので「引っかけ」や「チーピン」も多くなる 写真:AC

「クラチャンを狙うくらいの上級者は左を向き、初心者とある程度うまい人は右を向きやすい。ただし、ある程度うまい人は右を向いている自覚がないので、なかなか修正しにくいです」

 こう指摘するのはレッスンを通して、アマチュアのスイングの傾向を知り尽くした南澤聡プロ。

「ビギナーの方は、右を向いてそのままボールを右へ打ち出し、分かりやすいスライスを打ちます。これは目標より1割ほど左を向く意識づけをすることで比較的直りやすい。問題はある程度うまい方です。ドローボールを打つために意図して右を向いているならいいのですが、そうではないのにコースへ出ると引っかけがよく出る人は、“X打法”になっている可能性が高い。両ツマ先のラインにクラブを置いたり後方から動画を撮ったりして、チェックしたほうがいいですね」

 ある程度うまい中級者以上の人が引っかけばかり打っているとしたら、その原因は右を向いている場合が多い、というのです。

 その前に、“X打法”とはどんな打ち方なのでしょう。

「アドレスで右を向いて立ち、クラブを左へ振っていく打ち方を、私はそう呼んでいます。ビギナーの方と同じで、スタンスが右を向いていることに気がついていないのです。ただ、経験値があるのでダウンスイングでクラブがインサイドから下りてきたらボールが右へ飛んでしまうことは感覚で分かります。そうならないよう無意識にクラブを左へ振ることができてしまう。アドレスの違和感をスイングによって修正してしまうのです」

 右を向いて、クラブを左へ振る。ボールも左へ打っていくから“X打法”なんですね。スライスさせたくなければその打ち方でいいのでしょうか。

「確かにビギナーが打つスライスが出ないよう帳尻を合わせているようにみえますが、単純にいうと『右を向いてボールを引っかけている』だけ。ほぼチーピン(急激に左に曲がる球)に近い打球を打っています。アドレスを間違えているのにそうとは思わず、ダウンスイングで右肩をかぶせたり、フェースを閉じたりしている。もともと右を向いている構えに合わせようとしておかしな打ち方をするわけですから、ちゃんとした打球は打てません」

 ある程度うまい人の右を向く癖は、スイングでカバーできる技術があるために、かえって複雑になりがちと、南澤プロは分析します。

アドレスの確認は“本当にうまい人”になるには欠かせない

 では、どうしたら“X打法”を直せるのでしょうか。

「構えた時に違和感がある人や引っかけが出そうな気がする人は、アドレスの方向をチェックする、直す、ということが必要でしょう。左を向きなさいとまでは言いませんが、フェアウェイのセンターをきちんと向いてほしいです。正しいアドレスに対して正しく構えることは、引っかけ癖を直すと同時に、シングルを目指す人には不可欠なチェックポイントだからです」

 今さら基本に立ち返るなんて……と、ばかばかしく思うかもしれませんが、アドレスの確認が重要なのはビギナーだけではありません。むしろ中級以上の人が“本当にうまい人”になるには、避けて通れないチェックポイントのようです。

「ふだんのラウンドでもそうですが、特に試合では、引っかけやチーピンは打ってはいけない危険球です。『○○ゴルフ倶楽部のシングルです』という人でも、右を向いてクラブを左へ振る“X打法”をしているうちは試合に勝てませんし、クラチャンは取れません。ある程度うまいのに引っかけばかり打っている人、スコアが伸び悩んでいる人は、両足のツマ先にドライバーを置いて、右を向いていないかしっかり確認してみましょう」

“本当にうまい人”を目指すゴルファーには、“X打法”は×(バツ)と覚えておくのがいいようです。

【写真】真っすぐ構えやすい! テーラーメイドとキャロウェイの“太ライン・ボール”

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/09/tourresponse_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/09/tourresponse_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/09/tourresponse_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/09/chromesoft_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/09/chromesoft_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/09/chromesoft_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/09/chromesoft_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/09/chromesoft_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/09/1880670_l-2-150x150.jpg

最新記事