女性や若者が増えてもゴルフ場は“おじさん仕様”のまま!? 浴室に“Refa”を導入した関ヶ原CCの意図

野上雅子

2022年11月27日

ライフ

若者層や女性ゴルファーの新規参入が目立つと言われる昨今。受け入れるゴルフ場の側も多様な価値観やニーズに応える変化が求められています。浴室に今までのゴルフ場では考えられない高価なシャワーヘッドやドライヤーを導入した関ヶ原CCの事例から、生まれ変わるゴルフ場の今を追いました。

名門クラブを“やさしく”“映える”ゴルフ場に

 今年3月までの2021年度、ゴルフ場利用者数の累計は8969万人で前年度に比べ835万人、約10%増加しました(一般社団法人日本ゴルフ場経営者協会調べ)。特に若者層や女性の新規参入が目立つと言われ、受け入れるゴルフ場の側も多様な価値観やニーズに応える変化が求められています。東海地方のあるクラブの事例から、生まれ変わるゴルフ場の今を追いました。

18ホール・6553ヤードの関ヶ原カントリークラブ
18ホール・6553ヤードの関ヶ原カントリークラブ

 日本史ファンならずともおなじみ、天下分け目の「関ヶ原の戦い」。合戦の舞台となった岐阜県大垣市の伊吹・養老山脈に囲まれた地に広がる名門・関ヶ原カントリークラブが、女性やビギナーにも“やさしく”、そして“映える”コースへとリニューアルを遂げています。

 名神高速道路・関ヶ原インターから5分、名古屋の中心地からでも40~50分。1974年の開業以来48年にわたり、岐阜の名門コースの一つに数えられている同ゴルフ場の有岡尉行社長はリニューアルの動機をこう語ります。

「ストーリー性とクラブの歴史、雄大なフェアウェイ、好立地。コロナ禍にゴルフを始めた若い方や女性ゴルファーなど多くの方々に、ぜひこの3つの魅力を知っていただきたいという思いからリニューアルに着手しました。これまで支えてくださった地元の有力企業や名士のメンバーやお客様にも、これからご来場いただく次代のゴルファーの方々にも、関ヶ原カントリークラブを存分に楽しんでいただけるような運営を目指しています」

 リニューアルのキーワードは、すべてのゴルファーに“やさしく”、若い人や女性にとってSNS等で“映える”コースづくりだそうです。この場合の“やさしさ”はコースの難易度を下げることではなく、初めて訪れるプレーヤーの目線に立ってコースの環境を整えること。

 同コースはラウンド回数を重ねるほど深い味わいを感じられるコースだと言います。2回、3回、4回……と足を運んでもらうには、初めて訪れたプレーヤーがショット時に迷いやストレスを感じることなく回れる“やさしさ”が大事だと有岡社長は言います。

「コースに関しては5つの改革を行なうことでプレー環境が整ってきました。また、プレー以外でもハウス内の設備を一新するなどして、さまざまなバックボーンをお持ちのお客様それぞれに楽しんでいただけるようになりました」

プレーアビリティーを向上する5つの改革

 具体的にどんな改革が行われたのかというと、

(1)ヤーデージ表示をエッジまでの距離で統一。ベント2グリーンをエメラルドグリーン(E)、ダイヤモンドグリーン(D)と名付け、視認性に優れた特注の残ヤード表示板を作成しました。例えば、エメラルドグリーンを使用する日は、「E100(E150・E200)」の表示板を見ます。同表示板「E 100」からグリーンエッジまで100ヤードです。

(2)新型の5連芝刈り機を導入。刈り高を適正な高さに調整できるようになったことにより、グリーンとラフ、フェアウェイとラフの区別がつきやすくなり、ボールの視認性も向上しました。

(3)乗用カート用の停止位置案内表示を新設置。リモコン付き電磁誘導カートのプレーでは、フェアウェー幅が広いためカートとショット地点とが離れることがあります。そんなときでも「カート停止位置までお進め下さい」などの立て看板がプレーの進行をフォローします。

(4)ティーイングエリアは、ホール毎に3面から5面ありますが、ビギナー女性向けのピンクティーが12ホールで赤ティー(レディース)よりも前にあり、70歳以上の方には白(フロント)より少し短めのゴールドティー(シニア)をご用意しています。赤ティー(レディース)も決しておざなりではなく、飛距離に自信のある方には距離はしっかリとエメラルドでは5309ヤード(ダイヤモンド4992)。中・上級者にも攻略のしがいがあります。

(5)スタート室前のハウスにエアロバイク他ウォーミングアップ用の機材を設置予定。山に囲まれた立地で冬場はかなり気温が低くなるため、スタート前のウォーミングアップは欠かせません。「SIXPAD」で知られるフィットネス機器の開発製造を手がけるMTGさんのエアロバイクを導入する予定で、軽く漕いで体を温めてから朝イチに臨んでいただけます。

 細かい改善点かもしれませんが、初めてで勝手が分からないゴルファーには非常にありがたいことばかりです。こうした親切なアナウンスや配慮があるのとないのとでは、プレーのしやすさが大きく異なるからです。ひいてはスコアも違ってくるでしょう。

「“Refa”のシャワーヘッドにつられて」でもいい

【写真】クラブハウスに甲冑、コースに武者!? “関ヶ原らしさ”にあふれた関ヶ原CCの様子

画像ギャラリー

ゴルフ場には珍しく甲冑が展示されている
「合戦杯」と銘打ったコンペも催されている
コース内に“関ヶ原のバンビちゃん”が姿を現す
今回導入された“Refa”のシャワーヘッド
1人分ずつセパレートされ、“Refa”のドライヤーが完備された化粧ブース
立て看板などでプレーの進行をサポート
18ホール・6553ヤードの関ヶ原カントリークラブ
1人分ずつセパレートされ、“Refa”のドライヤーが完備された化粧ブース
1 2

最新記事