「トイレ行くから先打っといて~」はアリ? むしろ推奨? “レディーゴルフ”を採用してスロープレーから卒業を

2019年1月に施行され、推奨されているルール「レディーゴルフ」。言葉自体は聞いたことがあるものの、具体的な説明ができないゴルファーもいるかもしれません。どんなルールなのでしょうか?

遠球先打を優先しないのが「レディーゴルフ」

 ゴルフは「遠球先打」の原則にのっとり、カップまでの距離が遠い人から順番に打つのが基本です。

「お先に」と順番に関わらず先にカップインをする場面はよく見る光景 写真:AC
「お先に」と順番に関わらず先にカップインをする場面はよく見る光景 写真:AC

 しかし、2019年1月に施行された「レディーゴルフ」により、必ずしも遠球先打を守ってプレーする必要がなくなりました。

 レディーゴルフとは、具体的にどのようなルールなのでしょうか?

 ゴルフ場の経営コンサルティングを行う飯島敏郎氏(株式会社TPC代表取締役社長)は、以下のように話します。

「レディーゴルフとは、カップまでの距離に関係なく、準備ができた人から先に打っても良いというルールのことです」

「スロープレーを抑制することが目的であり、例えば、靴ヒモがほどけてしまった人やお手洗いに行きたい人など、何かしらの理由でボールを打つまでに時間がかかってしまう場合は、あえて順番を前後させて待ち時間を極力少なくします」

 ゴルフは、パットのラインを打つ前に見ることができたりと、後から打つ人のほうが有利に働くスポーツです。

 しかし、ゴルフはプレーファストを心掛ける必要があるので、遠球先打に固執しすぎず、レディーゴルフを取り入れたほうがスムーズに進むでしょう。

 では、プライベートゴルフの場合、どのようにレディーゴルフを取り入れるのがベストなのでしょうか?

 飯島氏は、以下のように話します。

「例えば、ホール間にある自動販売機や茶店を利用する場合、飲料を購入したりお手洗いに行くこともあるでしょう。もし、自分がオナーであれば『お先に打ってください』と同伴者に伝えて、先に打ってもらうという流れです」

「もしくは、同伴者が打ったティーショットが林に入ってしまい、探すのに時間がかかっている場合は、もう一人が先に2打目を打ち、一緒に探すのを手伝ってあげることもアリです。時間短縮にもつながりますし、ボールが見つかればすぐにプレーを再開することができます」

「しかし、自分の準備ができたからといって勝手に先に打つのはNGです。基本的には遠球先打の原則を守り、イレギュラーなことがあった際にレディーゴルフを取り入れるようにしましょう」

レディーゴルフを臨機応変に取り入れたラウンドを

【写真】ついやってない? スロープレーに陥る原因を写真で改めて確認

画像ギャラリー

毎回カートに集合してから移動するのはスロープレーにつながりやすい 写真:ShutterStock
暫定球の適切な判断もスロープレーを防ぐ。積極的にプレーイング4を使うのもあり
判断が微妙なときは暫定球を打てばスロープレーは防げる
自分だけでなく同伴競技者やほかの組にまで迷惑がかかるスロープレー 写真:ShutterStock
スロープレーにならないようゴルフ場内を巡回している「マーシャルカー」
「お先に」と順番に関わらず先にカップインをする場面はよく見る光景 写真:AC
「プレーファスト」を推奨するポスターは多くのゴルフ場で掲示されている
1 2

最新記事