クラブが飛ぶから練習場ボールは飛ばなくなった!? 自前のコースボールで飛ばし自慢は絶対ダメ!

「練習場よりラウンドのほうがショットは安定しないけど飛距離は出る」と感じているゴルファーは多いかもしれません。では、なぜ練習場のボールは飛びづらいのでしょうか。

レンジボールにも多くの種類がある

 多くのゴルファーは、練習場でショット練習を行いラウンドに向けて調整します。ただ、練習場のマットはクラブが滑りやすいので、ダフリに寛容だったり、ボールをミートしやすかったりします。そのため、いざ本コースで芝からボールを打ってみると思うようにいかず悩んでいるというゴルファーも多いかもしれません。

練習場では耐久性に優れたレンジボールを使用している 写真:AC
練習場では耐久性に優れたレンジボールを使用している 写真:AC

 ゴルフ場のティーショットでジャストミートできたときは、想定以上に飛距離が出てスカッとしたという経験があるゴルファーも多いのではないでしょうか。

 一般的に練習場よりもラウンドのほうが、飛距離は出やすいといわれています。

 東京都世田谷区の千歳ゴルフセンター代表で全日本ゴルフ練習場連盟会長を務める横山雅也氏は、その理由について以下のように話します。

「練習場では、飛距離が出にくいぶん耐久性に優れた『レンジボール』と呼ばれるコースボールとは異なる種類のボールを使用しているからです」

「当然ながら練習場では、毎日数え切れないほどのボールをお客様が打つので、ある程度耐久性に優れたボールでないとすぐにダメになってしまいます。一方コースボールの場合は、何百回も打つようなものではないので耐久性は劣るが、飛距離が出るような設計になっています」

 レンジボールは、英語の「ドライビングレンジ」が名前の由来になっており、練習場で使用するために開発されたボールです。

 さらに横山氏は、レンジボールには練習場の特徴に合わせたさまざまな種類があると話します。

「実はレンジボールにも、さまざまな種類があります。例えば、天井にネットがないような練習場もあります。一昔前は、ゴルフクラブやボールの性能がそこまでよくなかったので、場外に飛ぶリスクは低かったのですが、クラブの進化により飛距離が格段に伸びたことなどから、ボールが場外に飛んでしまう危険性が高くなりました」

「しかし、練習場自体の仕様を変更するのは難しいので、より飛びにくい種類のレンジボールを使用して対応しています。他にも池に打つタイプの練習場の場合は、水に浮く性質のレンジボールが導入されています」

 このようにレンジボールにもさまざまな種類があるので、利用する練習場によっても多少飛距離が変わってきます。横山氏は目安として10~20%程度、コースボールの飛距離より落ちると話します。

距離感はコースで身につける

【写真解説】飛距離もミート率も必ずアップ! 手首をタテに使ったスイングの作り方

画像ギャラリー

バックスイングでも手首を親指側に折り、フォローでも手首を親指側に折るイメージを持つ
クラブを持った両手を自分から見て反時計回り回転させる
腕を固定していても手首をタテに使うだけで、クラブを大きく動かせる
手首をタテに使うと腕を大きく動かさなくてもクラブを大きく動かせる
バックスイングでもフォローでもヘッドが頭の高さぐらいにくるまでは体のラインよりも前にキープ
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
ノーコックだとバックスイングで体が起き上がったり、左足に体重が乗ってしまう
ノーコックだとバックスイングで体が起き上がったり、左足に体重が乗ってしまう
練習場では耐久性に優れたレンジボールを使用している
練習場ではスイング作りをメインに行う
1 2

最新記事