プレーファストは絶対なのに… グリーン上だけ走っちゃダメなのはどうして?

「グリーン上を走るな」と注意を受けたことがあるゴルファーは少なくないでしょう。なぜグリーン上だけ走ってはいけないのでしょうか。

グリーンはラフやフェアウェイと比べてかなり繊細

 ゴルフ場には守るべきマナーがいくつかありますが、グリーン上は特に注意が必要です。ミスショットを連発してしまい、早くボールをマークしに行かなければとグリーン上を走ってしまい、同伴者から注意を受けた経験があるゴルファーは少なくないでしょう。

小さなスパイク跡でもラインに影響を与えてしまうことがある 写真:AC
小さなスパイク跡でもラインに影響を与えてしまうことがある 写真:AC

 フェアウェイやラフなどグリーン以外の場所は、むしろ走ってボール地点まで行くことも多いので、なぜグリーンだけ走ってはいけないのかと疑問に感じているゴルファーもいるかもしれません。

 ゴルフ場の経営コンサルティングを行う飯島敏郎氏(株式会社TPC代表取締役社長)は以下のように話します。

「やはりグリーン面は一番刈り込みが短く繊細な場所なので、ジャンプや走るなどの強い衝撃を与えるとすぐに傷んでしまいます。またグリーン上にスパイク跡ができてしまうとラインが変わってしまうこともあるので、ラインを読んでしっかりパッティングができたとしてもカップを外してしまうこともあります」

「自身がパットを外すだけならまだしも、後続の組も同じグリーンを使用することになるので迷惑を掛けない配慮が必要です」

 パターはボールが転がっている間、芝の影響を受け続けることになるので、小さなスパイク跡であってもラインに影響を与えてしまうことがあります。

 ビギナーの場合は、グリーン回りのアプローチがうまくいかずグリーン上を行ったり来たりすることが多々あります。飯島氏は「歩いてグリーン上を何回も移動していると時間が掛かりすぎることもあるので注意が必要です」と話します。

「グリーン上を横断していると時間が掛かることもあるので、一度グリーンから出て走ってボール地点まで行くほうが早いこともあります。一概には言えませんが、臨機応変に対応することによってスロープレーを防ぐことができます」

直接注意するのではなくマスター室に連絡するのが無難

【写真】グリーンフォークを使って修復するのはマナー! 基本的な「ピッチマークの直し方」

画像ギャラリー

グリーンフォークでボールマーク周辺の芝生を寄せる
グリーンフォークでボールマーク周辺の芝生を寄せる
グリーンフォークでボールマーク周辺の芝生を寄せる
最後はパターヘッドで整地
小さなスパイク跡でもラインに影響を与えてしまうことがある 写真:AC
ピッチマークができた際はグリーンフォークを使って修復する 写真:AC
1 2

最新記事