フェースの厚さはわずか1.397ミリ! PXGから中空ボディーのパター「バトルレディII」登場 | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

フェースの厚さはわずか1.397ミリ! PXGから中空ボディーのパター「バトルレディII」登場

PXG Japan合同会社は、新しい「PXGバトルレディIIパター」9タイプを7月25日に発売すると発表しました。

中空ボディーにポリマー素材を充填したパター

 PXG Japanは新しい「PXGバトルレディIIパター」9モデルを7月25日に発売すると発表しました。今回登場したパターは、PXGのアイコン的存在である0311アイアンにインスパイアを受け、中空ボディー内部にポリマー素材を充填するという技術的進歩を遂げています。

 9モデルのヘッドタイプが用意されたミルドパターシリーズは、フェース全体に卓越した一貫性とインパクト時の驚きのフィーリングを提供するように設計されていて、あらゆるストロークに適したクラブヘッド設計とカスタム構成を提供しています。

9タイプのヘッドから自分好みの形状を選べる「PXGバトルレディIIパター」
9タイプのヘッドから自分好みの形状を選べる「PXGバトルレディIIパター」

 2015年にPXGが発表したアイアンに採用された、業界初となる独自の射出成形中空ボディー設計。この技術は、インパクトで比類のない打感を実現しただけでなく、寛容性を高め飛距離の増加につながる超薄型フェースの導入を実現しました。

 この技術がパターカテゴリーでも顕著な性能向上をもたらすと判断。従来のソリッドボディーパターには、重心付近に不要な質量があり慣性モーメント(MOI)を制限していましたが、「PXG バトルレディII パター」は、中空ボディー構造を採用。パターの外周に質量を再配置し、クラブヘッドのサイズに対して高い 慣性モーメントを実現しました。

 ヘッド内部には、非常に軽量なポリマーを充填、インパクト時の音や激しい振動を和らげています。この技術を導入することで、厚さ1.397ミリというパターフェースを実現しました。このアドバンテージは劇的にミスヒットへの寛容性をもたらします。

中空ヘッドに軽量ポリマーを充填している「PXGバトルレディIIパター」
中空ヘッドに軽量ポリマーを充填している「PXGバトルレディIIパター」

 フェース面には「ピラミッドフェースパターン」を採用しています。このミルドパターンは、ソリッドな手応えを残しつつ、インサートパターのソフトな打音を生み出します。

 また、ソール部分に採用されたウエート調整機能は、各パターをさらに微調整することができます。ウエートはクラブフィッターやユーザーがクラブヘッド全体の質量を変更でき、様々な打ち出し条件に合わせることができます。左に引っかけるプレーヤーは、トゥ側に重めのウエートを加えることで、インパクトでフェースが閉じることを防ぐことができます。また、プッシュアウトをするプレーヤーは、ヒール側に重いウエートを入れることで、フェースを閉じやすくすることができます。

 プラチナ仕上げにブラックのアクセントを加えた全9タイプの「PXGバトルレディIIパター」。価格は全タイプ6万6000円(税込み)で、PXG公式ウェブサイト、PXGモバイルフィッティング店舗、全国PXG正規販売店で購入が可能です。

【画像】5種類のブレードタイプと4種類のマレットタイプ! 「PXGバトルレディIIパター」全モデル詳細画像

画像ギャラリー

「PXGバトルレディIIパター Apache」
「PXGバトルレディIIパター Bat-Attack」
「PXGバトルレディIIパター Blackjack」
「PXGバトルレディIIパター Brandon」
「PXGバトルレディIIパター Closer」
「PXGバトルレディIIパター DaggerPlus」
「PXGバトルレディIIパター Hercules」
「PXGバトルレディIIパター Mustang」
「PXGバトルレディIIパター One-and-Done」
9タイプのヘッドから自分好みの形状を選べる「PXGバトルレディIIパター」
中空ヘッドに軽量ポリマーを充填している「PXGバトルレディIIパター」

最新記事