大谷翔平&ダルビッシュ有からパワー注入? 小祝さくらが大役を務めた“地元”での1日を振り返る | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

大谷翔平&ダルビッシュ有からパワー注入? 小祝さくらが大役を務めた“地元”での1日を振り返る

プロゴルファーの小祝さくらが自身のインスタグラムを更新。始球式を行った「エスコンフィールドHOKKAIDO」での1日を写真で振り返りました。

「エスコンフィールド最高でした」

 女子プロゴルファーの小祝さくらが自身のインスタグラムを更新し、始球式を行った「エスコンフィールドHOKKAIDO」での1日を写真で振り返りました。

小祝さくらのインスタグラム(sakura_koiwai_official)より
小祝さくらのインスタグラム(sakura_koiwai_official)より

 プロ野球・北海道日本ハムファイターズの新球場として、小祝の出身地でもある北海道北広島市に今年開業した「エスコンフィールドHOKKAIDO」。

 4月25日に行われたオリックス・バファローズとの試合で始球式を務めた小祝は「エスコンフィールド最高でした」とハートの絵文字を添えてインスタグラムに5枚の写真をアップ。

 投稿にはファイターズのOBでもある大谷翔平、ダルビッシュ有の両選手が描かれた壁画の前でピッチングフォームを披露する様子や、ファイターズガールと共にカメラに向かって笑みを浮かべる小祝の姿などが公開されています。

 始球式は惜しくもワンバン投球となったものの、実際に着用した「SAKURA」の背ネームと「00」の背番号が入ったユニホーム姿のバックショットも披露。地元に誕生した新球場での1日を満喫した様子を伝えました。

 この投稿にファンからは「きれいなフォームでナイスボールでした!」「かわいすぎます」「癒やされました」「エスコン行きたいです」「最高のピッチング」などのコメントが寄せられています。

小祝 さくら(こいわい・さくら)

1998年4月15日生まれ、北海道出身。98年度生まれの“黄金世代”の1人として2017年にプロ入り。19年サマンサタバサガールズコレクション・レディースで初優勝。22年シーズンは2勝を挙げて、メルセデスランキング7位に。ニトリ所属。

【別カットあり】きつねダンス見たかった? 小祝さくらと“ファイターズガール”の交流がアップされた実際の投稿
1 2

最新記事