ツアールーキープロ・内田琴子に聞く! ニッポンハムレディスクラシック <PR>

コロナ禍の中延期されていた「2020年度JLPGA最終プロテスト」が2021年6月22日から4日間行われ、22人のツアールーキープロが誕生しました。今回その中で上位合格した5名に「ニッポンハムレディスクラシック」への主催者推薦枠が与えられ、新たにツアープロの世界へ羽ばたくことになりました!そこで、ニッポンハムレディスクラシックに出場する5人の素顔に迫るアンケート企画が緊急決定。2人目は、地元北海道の出身でプロテスト一発合格を果たした内田琴子プロです。

内田琴子「地元でのプロデビュー戦、結果で恩返ししたい」

4位での一発合格に「安心しました」 提供:JLPGA

 2018年北海道女子アマ優勝、18年国体2位などアマチュア時代からメキメキと力をつけてきた内田琴子。今年3月に高校を卒業したばかりの18歳で、初めて受けたプロテストで最終まで勝ち進み、通算11アンダーの4位で一発合格を果たした。

「とにかく一安心です。1次予選のころは自信がなかったのですが、1次を3位で通過してからは、プロテストがどんな感じなのかわかってきて、少しずつ自信がついて合格に至りました」

 コロナ禍で1年延期になったプロテストだが、「気持ちではすごく落ち込んだけれど、今思えばその時間のおかげで受かったと思うところもあります」という。

 内田の出身地は北海道の空知郡南幌町。札幌市内から車で東へ30キロの場所にある。冬はゴルフ場がクローズしていることもあり、今年2月からは栃木県にある「東松苑ゴルフ倶楽部」で練習していた。
「どこかお願いできる場所がないかを探していたら、受け入れてくれました。住み込みで、普段はバックの積み込みなどをしながら練習していました」

 こうした周到な準備が、プロテスト合格に結びついた。そして、プロデビュー戦が地元開催のニッポンハムレディスクラシックというのもうれしい知らせだ。

「プロデビュー戦が地元なので、いいプレーを見せられるように頑張りたいです」

 これまでお世話になった人たちへ、結果で恩返しするつもりだ。

内田 琴子(うちだ ことこ)プロフィール

2002年10月4日 北海道出身。身長159㎝・体重55㎏。
6歳からゴルフを始める。ドライバー平均飛距離240ヤード。得意クラブはドライバー。目標とするゴルファーは中嶋常幸。

地元でのデビュー戦 結果で恩返ししたい 提供:JLPGA

内田 琴子の素顔に迫る一問一答!

――ゴルフを始めたきっかけ
父に練習場に連れていかれたのがきっかけ。

――プロになろうと思ったきっかけ
先輩たちを見て、自分もなろうと思いました。

――自分のプレーで見てほしいところ
周りの人に楽しんで見てもらえるようなプレー。

――勝負ウェアのカラー
紺色

――プロゴルファーを目指さなければ何になっていた?
イルカの調教師

――好きな言葉・座右の銘
一球入魂

――第一印象でよく〇〇と言われます
白い

――好きな芸能人/アーティストは?
GENERATIONS(ジェネレーションズ)

――休日の過ごし方・マイブーム
買い物

――私のストレス解消法
買い物

――ゴルフ以外で一番楽しい・幸せな時間は何?
愛犬といる時、食べている時。

――あなたにとって北海道といえば?
地元

――ニッポンハムと聞いて思い浮かぶものは?
ソーセージ

――ニッポンハムレディスに向けての目標・思い
プロデビュー戦が地元開催なので、今までお世話になった方々に上位争いしている姿を見せたいです。

周りの人に楽しんで見てもらえる選手が目標 提供:JLPGA

注目のツアールーキープロに聞く!

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/07/nhlc-vol2-5-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/07/nhlc-vol2-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/07/nhlc-vol2-10-150x150.jpg

最新記事