ツアールーキープロ・橋添 穂に聞く! ニッポンハムレディスクラシック <PR>

コロナ禍の中延期されていた「2020年度JLPGA最終プロテスト」が2021年6月22日から4日間行われ、22人のツアールーキープロが誕生しました。今回その中で上位合格した5名に「ニッポンハムレディスクラシック」への主催者推薦枠が与えられ、新たにツアープロの世界へ羽ばたくことになりました!そこで、ニッポンハムレディスクラシックに出場する5人の素顔に迫るアンケート企画が緊急決定。3人目は、父はプロゴルファー、2人の姉もプロを目指すほどのゴルフ一家出身の橋添 穂プロです。

橋添 穂「ツアーで活躍できる日を夢見て」

家族の激励を受け5位合格した橋添 穂 提供:JLPGA

 2度目のプロテスト挑戦で合格を勝ち取った21歳の橋添 穂。通算10アンダーの5位で前回の雪辱を果たした。

「これまで姉2人がテストに挑戦したのですが合格できなくて……。姉はゴルフが上手くて、とても尊敬する存在だったので、プロテストってそんなに難関なのかと思い、自分でハードルを上げていたところがありました」

 4姉妹の末っ子。姉の失敗を知るからこその不安。そんな心配を取り除いてくれたのも、やはり家族だった。今回の2次予選で惜しくもカットとなった次女の香さんには、「大丈夫だから。絶対いけるから」と励まされ、プロゴルファーの父・純司さんにも、「4日間自分のゴルフができれば大丈夫。これまでやってきたことを信じてやれば絶対大丈夫だよ」と背中を押してもらった。

 話を聞けば親思いの努力家だ。山梨学院高校に通い、地元の甲斐ヒルズカントリー倶楽部ではキャディやバッグの積み込みなどのアルバイトもこなしながら練習に励んだ。父がスクールをしている竜王ゴルフ練習場でも腕を磨いた。

 目標とする選手は、ツアー通算18勝で賞金女王にもなったことがある今年44歳の大山志保。「ケガをしても何回もチャレンジして、今でも強くて頑張っている姿がかっこいい。尊敬しています」。

 主催者推薦でニッポンハムレディスに出場する機会を得た橋添。ツアーで活躍するという夢を実現する舞台は整った。

「緊張して固まっちゃいそうですけど(笑)。まずは予選通過して、トップ10入りを目指します」と意気込む。

橋添 穂(はしぞえ みのり)プロフィール

2000年6月23日生まれ 山梨県出身。身長155㎝・体重50㎏。
3歳からゴルフを始める。ドライバー平均飛距離240ヤード。得意クラブはパター。国際スポーツ振興協会所属

耐えるゴルフでツアーでの活躍を目指す 提供:JLPGA

橋添 穂の素顔に迫る一問一答!

――ゴルフを始めたきっかけ
父がプロゴルファーで姉3人もやっていたから。

――プロになろうと思ったきっかけ
父親のすすめです。

――自分のプレーで見てほしいところ
耐えながらチャンスをつかむところ!

――勝負ウェアのカラー
ピンク

――好きな言葉・座右の銘
堅忍果決(けんにんかけつ)

――実は私〇〇なんですOR第一印象でよく〇〇と言われます
末っ子っぽくないと言われます(笑)

――好きな芸能人/アーティストは?
窪田正孝/EXO(エクソ)

――休日の過ごし方・マイブーム
犬の散歩、ティラミス作り

――私のストレス解消法
温泉・サウナ

――ゴルフ以外で一番楽しい・幸せな時間は何?
愛犬といる時間

――あなたにとって北海道といえば?
おいしいものがたくさん!

――ニッポンハムと聞いて思い浮かぶものは?
大谷翔平選手

――ニッポンハムレディスに向けての目標・思い
プロになって初めてのトーナメントなので、良い思い出になるようトップ10を目標にがんばります!

目標はツアー18勝の大山志保という橋添 穂 提供:JLPGA

注目のツアールーキープロに聞く!

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/07/nhlc-vol3-5-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/07/nhlc-vol3-10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/07/nhlc-vol3-4-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/07/nhlc-vol3-2-150x150.jpg

最新記事