全英オープンで史上3人目のレフティー王者が誕生! 170センチのブライアン・ハーマンが独走V | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

全英オープンで史上3人目のレフティー王者が誕生! 170センチのブライアン・ハーマンが独走V

第151回全英オープン最終日は現地時間23日、イングランド・ホイレークのロイヤルリバプールGCで行われた。2日目から首位を走り、この日も2位に5打差をつけてスタートした米国の36歳、ブライアン・ハーマン(Brian Harman)が最終日も70をマーク。通算13アンダー、2位との差を6打に広げて逃げ切り優勝を飾った。

相棒キャディーの兄もメジャーチャンピオン

◆米国男子プロゴルフ<全英オープン 7月20~23日 ロイヤルリバプールGC(イングランド) 7383ヤード・パー71>

 第151回全英オープン最終日は現地時間23日、イングランド・ホイレークのロイヤルリバプールGCで行われた。2日目から首位を走り、この日も2位に5打差をつけてスタートした米国の36歳、ブライアン・ハーマンが最終日も70をマーク。通算13アンダー、2位との差を6打に広げて逃げ切り優勝を飾った。7アンダーの2位タイには、スペインの強豪ジョン・ラームら4人が入った。

2日目から首位を守って2位に6打差の独走優勝を果たしたブライアン・ハーマン 写真:Getty Images
2日目から首位を守って2位に6打差の独走優勝を果たしたブライアン・ハーマン 写真:Getty Images

 日本勢は松山英樹が最終日を70でラウンドし、前日の17位タイから3アンダーの13位に上昇してフィニッシュ。一方、41位タイでスタートした星野陸也は77を叩き、通算7オーバーの60位タイに終わった。

 レフティーとしては1963年のボブ・チャールズ(ニュージーランド)、2013年のフィル・ミケルソン(米)に次ぐ、3人目の全英王者。186センチのチャールズ、190.5センチのミケルソンに比べると、はるかに小柄な170センチだが、ショットの正確性とパットのうまさを武器に、2日目から首位に座り続けた。

 しかし最終日は2番でボギーが先行すると、5番でもボギーを叩いてしまい、この日の天気同様、重苦しいムードに。米ツアーでは2017年に2勝目を挙げて以来優勝しておらず、メジャー未勝利というのも不安材料に挙げられた。同じ5番でバーディーを奪ったラームに3打差まで詰め寄られると、大会史上多く起こった悲劇が引き合いに出される。

 例えば1999年、カーヌスティ―。最終ホールで2位に3打差をつけていたジャン・ヴァンデベルデ(フランス)の大逆転負けが語られ始める。昨年の全英に優勝したキャメロン・スミスにしても、首位のローリー・マキロイとビクトル・ホブランにつけられていた4打差をひっくり返してのもの。

 しかし、逆転負けを喫した山ほどいる悲劇の主人公たちと、この日のハーマンは違った。直後の6、7番で連続バーディー。降りしきる雨の中、セーフティーリードを保ち続け、後続に付け入るスキを与えなかった。

 最後の試練は18番。第3打をグリーンサイドのポットバンカーに入れたが、これを1.8メートルにつけると、ようやく笑みがこぼれる。ウイニングパットをあっさり決めて、キャディーのスコット・ツエー氏と優勝の喜びを分け合った。ツエー氏の兄は1986年の全米プロチャンピオン、ボブ・ツエ―。頼れる相棒の兄もまた、メジャーチャンピオンだった。

 クラレットジャグを受け取ったハーマンは「ワイフと家族に明日会えることを楽しみにしています。このコースは本当に、私に試練をもたらしましたが、このトロフィーを手にできて、今は本当に感動しています」と喜びをかみしめながら語った。

日本勢最高位はやはり後半粘った松山英樹

 一方、10打差からの猛追に懸けた松山英樹は、出足の1、2番とグリーンサイドのバンカーにつかまりながら、しぶとくパーセーブ。まずまずの滑り出しとなったが、4番で第2打をポットバンカーへ。しかも3打目は左を向いて横のフェアウェイに出すしかなかった。4打目のアプローチも寄せ切れず2パットのダブルボギーを叩いてしまった。

 7番でもボギーを叩き、一時は1オーバーまで後退したが、ここから松山は粘った。9番ではピン奥5.5メートルを沈めて初バーディーを奪うと、11、12番と連続バーディー。この日の借金を一気に返し、16番でも左のラフから2.5メートルにつけバーディー。1つスコアを伸ばす通算3アンダーで17位タイから13位タイまで浮上してフィニッシュした。

 ホールアウト後は「1番ホールは3番アイアンで200ヤードも飛んでいなくてびっくりした。でも、それが基準になって、スタートからドタバタしながらも後半はいいパットも入ってくれて、スコアを戻すことができてよかった。今日は1つか2つ伸ばせばトップ10に入れるかと思ったけど甘かったですね」と言いながらも、サバサバした表情。

「全英オープンではなかなかいいプレーができていなかったけど、自然に合わせながらのゴルフが今回できたと思う。20位以内には入れたんで、来年はいいプレーをしたい」と、前向きな発言も飛び出した。

 メジャー4試合がすべて終わり、この後、主戦場である米ツアーはいよいよ終盤戦。

「(全英の成績が良ければ休養を入れることも)考えていたけど、この感じだと6連戦する感じですね」と、あえて過酷な日程を選択することも匂わせた。

 3度目の出場で初めて予選を通過した星野陸也は、3バーディー、3ボギー、2トリプルボギーと苦しい最終日となった。6つスコアを落として通算7オーバー60位タイで大会を終えている。

ブライアン・ハーマン(Brian Harman)

1987年1月19日生まれ、ジョージア州出身。地元のジョージア大学を経て2009年にプロ転向。12年から本格的にPGAツアーに参戦し、13-14シーズンのジョンディアクラシックで初優勝、16-17シーズンのウェルズファーゴ選手権で2勝目。23年全英オープンでメジャー初制覇を達成した。ツアー通算3勝。

【動画】“無理ゲー”すぎる! ロイヤルリバプールの地獄級ポットバンカー

【写真】ロイヤルリバプール=ホイレイクの美しい景色

画像ギャラリー

ロイヤルリバプール=ホイレイクの美しい景色 写真:Getty Images
第151回全英オープン初日を戦う星野陸也 写真:Getty Images
2日目から首位を守って2位に6打差の独走優勝を果たしたブライアン・ハーマン 写真:Getty Images
1 2

最新記事