お手本は菅沼菜々! 「ラインに乗ったと思ったのにカップ際で切れちゃった…」をなくすラインの読み方

多くのツアープロのコーチとして活躍している石井忍氏が、“ここはスゴイ”と思った選手やプレーを独自の視点で分析します。独自の視点で分析する。今回注目したのは、国内女子ツアー「NEC軽井沢72ゴルフ」で初優勝を挙げた菅沼菜々。

アップライトなスイング、高いトップが特徴の菅沼菜々

 8月11~13日まで、「軽井沢72ゴルフトーナメント」が長野県の軽井沢72ゴルフ北コースで開催されました。優勝したのは菅沼菜々選手です。神谷そら選手をプレーオフで下し、涙のプロ初勝利を挙げました。

 3日間競技の今大会、プレーオフに進んだ2人のスコアは通算16アンダーでした。4日間競技なら、20アンダーに匹敵する好スコアです。

ボール周りだけじゃなく、カップ周辺のラインをチェックすることでカップイン確率は確実に上がる 写真:Getty Images
ボール周りだけじゃなく、カップ周辺のラインをチェックすることでカップイン確率は確実に上がる 写真:Getty Images

 国内女子ツアーに限らず、世界のツアーを見渡すと、以前に比べて今年は優勝スコアが20アンダー以下という試合が増えたように感じます。理由として考えられるのは、ゴルフギアの進化や弾道測定器の普及、また以前よりも簡単に情報収集できるようになって練習やトレーニング、スイングを効率的に磨けるようになったことなど。

 それぞれ進化してきたこれらの要素がリンクし始めたことが、「20アンダー以下」が急増した大きな理由のように感じます。私は、今シーズンを「20アンダー元年」と勝手に呼んでいるんです(笑)。

 さて、優勝した菅沼選手は、アップライトなスイング、高いトップが特徴ですよね。スタッツを見てみると、トータルドライビング11位、ボールストライキング11位とショット力が高いことが分かります。

 また、パーオン率17位(69.6798)に対し、パーオンホールの平均バーディ数9位(1.7642)と、パッティングの巧さも魅力の選手といえるでしょう。

ミドルパットはカップ周りの曲がり具合をイメージ

 そんな菅沼選手のパッティングで興味深いシーンがありました。今大会のプレーオフ2ホール目。残り127ヤードのセカンドショットをピン左上1.5メートルにつけて迎えたバーディーパット。ウィニングパットを打つ前の素振りです。

 菅沼選手は、カップから50センチくらいの所に立ち、ラインを確認して素振りをします。続いて、ボール側に一歩下がり、カップまで1メートルくらいの所で再びラインを見て素振り。最後に、もう一歩下がってボールの位置立ち、ラインを確認します。ラインを三分割してチェックして臨んだこのパットを沈め、菅沼選手は優勝を決めました。

 ラウンド中に「ラインに乗ったと思ったのに、カップ周りで切れてしまった」とか、反対に「切れずにカップ横を抜けてしまった」という経験をしたことがないでしょうか?

 ボールのスピードが遅くなるカップ間際は、傾斜の影響を大きく受けることになります。菅沼選手は、ラインを三分割してチェックしていましたが、カップ際の傾斜だけでも見ておくといいでしょう。特にミドルパットなどでは、ボールの位置からラインをチェックするだけでなく、カップ周りの曲がり具合をイメージしておくと効果的。カップインの確率が高くなるはずです。

菅沼 菜々(すがぬま・なな)

2000年2月10日生まれ、東京都出身。18年プロテスト合格。20-21年シーズンは賞金ランキング47位で初のシードを獲得。22年シーズンは、メルセデス・ランキング8位と躍進。23年「NEC軽井沢72ゴルフ」では、神谷そらとのプレーオフを制して悲願の初優勝を挙げる。あいおいニッセイ同和損保所属。

石井 忍(いしい・しのぶ)

1974年生まれ、千葉県出身。日本大学ゴルフ部を経て1998年プロ転向。その後、コーチとして手腕を発揮し、多くの男女ツアープロを指導。「エースゴルフクラブ」を主宰し、アマチュアにもレッスンを行う。

【動画】「今は夢のよう……」 菅沼菜々が初優勝スピーチで優勝の喜びと病気について語った実際の映像

この記事の画像一覧へ(1枚)

画像ギャラリー

ボール周りだけじゃなく、カップ周辺のラインをチェックすることでカップイン確率は確実に上がる 写真:Getty Images
1 2

最新記事