「その質問が一番困る」と苦笑した問いとは? ルーキー神谷そらが日本女子プロゴルフ選手権を制覇

第56回日本子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯最終日は、2打差3位でスタートした神谷そら(かみや・そら)が小祝さくら(こいわい・さくら)を逆転。1打差で大会初優勝を飾った。

「去年は練習場で、テレビで見てた側ですし…」

◆国内女子プロゴルフ<日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 9月7~10日 パサージュ琴海アイランドゴルフクラブ(長崎県) 6755ヤード・パー72>

 海外進出へのステップを神谷そらが着実に上がっている。

ツアー2勝目で早くも国内メジャー(公式戦)を制した神谷そら 写真:Getty Images
ツアー2勝目で早くも国内メジャー(公式戦)を制した神谷そら 写真:Getty Images

 第56回日本子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯最終日は、2打差3位でスタートした神谷が小祝さくらを逆転。1打差で大会初優勝を飾った。

「不思議な感覚です。去年は練習場で、テレビで見てた側ですし、出れただけでもすごくうれしかったし、優勝できてまだ実感もなくてソワソワしています」。いつも通りのほんわかした口調で、開口一番、神谷は言った。

 小祝、西郷真央という実力者2人と最終組で優勝争いを繰り広げ、1つ前の組には山下美夢有、稲見萌寧の年間女王経験者もいる。そんな中でものびのびと自分のゴルフを繰り広げ、10番で単独首位に立つ。残り3ホールで3打差あったが、しぶとい小祝が食い下がり、最後は1打差。それでも、自分のプレーでこれを振り切り通算12アンダー。小祝を1打差で下した。

 実感のないビッグタイトル獲得で、3年シードを手にしたが、目標の海外参戦については11月のTOTOジャパンクラシック(2~5日、茨城県・太平洋C美野里C)で自分の実力を試してから考えることに決めている。

 日本を舞台にした米ツアーの1戦にやってくる選手たちの中で、自分がどれだけできるか。「どこまで通用するか見たいなと思っています」。こう考え始めたのは4月にフジサンケイレディスに優勝してからだが、公式戦優勝で、海外進出はより現実に近づいた。

 2度目のプロテストを控えて腕を磨いていた練習場で見た昨年大会では、同い年の川崎春花が勝つのを見て刺激を受けた。「すごいな。ちょっと悔しいなって気持ちもあって、じゃあ、頑張ろう」と、翌月のテストに臨んで1位合格。ルーキーイヤーの2勝目が、この大会となった。

 ツアーNo.1の飛距離(今大会終了時で平均259.69ヤード)の秘密を尋ねられると「その質問が一番困る」と苦笑。それでも「小さい頃から飛んでたんです。小3で200ヤードは飛んでた。子供の頃から行ってたのが大人のスクールでジュニアはいなかった。成人男性と練習するし、たまにコンペでも一緒に回る。それに追いつこうと小さい頃から振ってたのが今の飛距離につながっているのかなと思っています」と笑う。

 2015年の大会優勝者でもあるテレサ・ルーが目標の人だと、アマチュア時代から公言。同じタイトルを手にしたことについて聞かれると「いま知りました。忘れてました。一緒のところ(試合)で勝った。めっちゃうれしい」と、満面の笑みを浮かべた。

 ルーを目標にする理由は、ジュニア時代に悩んでいた頃にテレビでプレーを見て光明を見出したから。「飛ぶからこそ曲がって、悩んで刻み倒していた頃です。スイングメチャクチャきれいで、攻撃的なスタイルがいい」と、ルーを手本にしっかり振り切るスタイルを見いだした。

 前日、プレーを終えた時には最近、癖になりかけている熱中症気味で「頭がガンガンします」と言っていたが、10時間の睡眠で元気に起床。プレー中は「たぶんアドレナリンでごまかしてました」と、集中することができた。

 3週後には、シーズン3つ目の公式戦、日本女子オープン(9月28~10月1日、福井県・芦原GC)があるが、神谷はここで行われた昨年の中部アマでプレーし、優勝を飾っている。「プロになって戻ってこようって決めてたので、達成できてうれしいです」と言うにとどめたが、勝つことができれば喜びは倍以上になるに違いない。

「メジャー(公式戦)優勝者のイメージは?」という問いに「歴代優勝者はすごい方たちばかりなので、すごいカッコいいなと思います」と、答えたあたり、まだ自分がその仲間入りした自覚がなさそうだ。

 優勝を意識してから小祝に1打差につめられた18番のティーショットも「左に行ってしまったけど、気持ちよく振れたからオッケ~。セカンド頑張ろう」と、上手に自分をコントロール。その2打目も「フルスイングの距離じゃなくて気持ち悪いなと思ったけど、構えたら球の軌道がイメージできた」と、グリーンを少しこぼれたカラーに運び、パーで切り抜けて勝ちにつなげた。

 飛距離だけでなく、誰もが苦しむグリーンでの切り替えもうまく、冷静なプレーで大会を制した神谷。シーズン終盤に向けて、台風の目になるかもしれない。

神谷 そら(かみや・そら)

2003年4月18日生まれ、岐阜県出身。2022年のプロテストに2度目の挑戦でトップ合格。同年のQTで7位に入ってツアー序盤の出場権を獲得すると、デビュー8戦目の「フジサンケイレディスクラシック」で早くも初優勝を手にし、公式戦「日本子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」で2勝目を挙げた。平均飛距離250ヤードを優に超えるティーショットが武器。郵船ロジスティクス所属。

【写真&動画】買ったらいくら? 高級車「ランドローバー ディフェンダー110」驚きの機能を紹介する神谷そら 実際の投稿

【写真25枚】「資生堂 レディス前夜祭」 女子プロたちの“豪華絢爛”ドレスアップショット!

画像ギャラリー

川崎春花:爽やかなグリーンが映える。かわいらしいポーズもお手の物
桑木志帆:白と黒の大人っぽさでコーディネート
尾関彩美悠:グレーのドレスがお似合い。黒髪の巻き髪もキュート
佐久間朱莉:白のドレスで爽やかさを演出
後藤未有:白ジャケットに明るいオレンジのパンツのセットアップ
吉本ひかるはシックにグレーのドレス。新垣比菜はブルーに白タテのラインが入った上下のセットアップ。「ポーズをとって」と言われるとうまくできずに照れ笑い
山内日菜子:明るい色のピンクのドレス
鶴岡果恋:明るいイエローのワンピースがイメージにもバッチリ。
鶴岡果恋と金澤志奈
脇元華:黒の上下でカッコよさを演出。「今日は髪型にもこだわってまーす!」
脇元華:黒の上下でカッコよさを演出。「今日は髪型にもこだわってまーす!」
木村彩子:シックな黒のドレスで決め「ベストスコア出すぞ~」
小祝さくら:ベージュのドレスで落ち着いた雰囲気。ぎこちなさポージングもご愛敬
藤田さいき:大人っぽい色気と落ち着いた立ちポーズはさすがベテラン。「私の写真いるの?見る人いないって」と笑いをさそう
青木瀬令奈:たくさんの真っ赤な花と黒と合わせたドレスが映える。「応援してね」
佐藤心結:ベージュジャケット白パンツ 神谷そら:黒のドレス
澁澤莉絵留と後藤未有
澁澤莉絵留:白と紫のパンツ「応援してね」のボードを持ち、「チュッ」とお茶目な一面も
佐久間朱莉と桑木志帆
大里桃子:黒と濃いブルーのドレスで落ち着いた印象
菅沼菜々は淡い青のドレス、稲見萌寧は薄ピンク。2人で一緒に指ハートのポーズ
吉田優利:レース調のピンクのワンピースに巻き髪がお似合い
岩井千怜は明るい色のピンクのワンピースに屈託のない笑顔。岩井明愛はグレーのシャツに黒のパンツでカッコよさ演出。撮影ポーズ時には「恥ずかしい」と顔を赤らめていた
岩井千怜は明るい色のピンクのワンピースに屈託のない笑顔。岩井明愛はグレーのシャツに黒のパンツでカッコよさ演出。撮影ポーズ時には「恥ずかしい」と顔を赤らめていた
180度違うテイストの衣装で登場した岩井明愛(左)と千怜 写真:山上忠
ツアー2勝目で早くも国内メジャー(公式戦)を制した神谷そら 写真:Getty Images
1 2

最新記事