ファイナルQTで5位の成績を収めた18歳ルーキー菅楓華がスコア誤記で失格処分に | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

ファイナルQTで5位の成績を収めた18歳ルーキー菅楓華がスコア誤記で失格処分に

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は、来季の国内女子ツアー出場権をかけたQTファイナルステージで5位に入ったルーキーの菅楓華が、スコア誤記で失格処分となったことを発表した。

11番ボギーをパー、14番バーディーをパーと間違えて提出

 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は4日、先月28日から4日間の日程で行われたQTファイナルステージで5位の成績を収めた菅楓華がスコア誤記の規則3.3b(3)違反で失格となったと発表した。

QTファイナルステージをプレーする菅楓華 写真:GettyImages
QTファイナルステージをプレーする菅楓華 写真:GettyImages

 菅は最終日(12月1日)を終えて、提出したスコアカードの「11番と14番をパーで提出」していた。しかし、事実は「11番は2オン3パットのボギー」「14番はバーディー」と確認された。ホールアウト後のインタビューで、「11番はボギー、14番と15番ホールは連続バーディー」と話していた事実を後日、競技委員が知り、本人に確認したところでスコア誤記が発覚した。

 つまり、14番ホールに関しては、バーディーだったスコアに対してパーと記載されており、実際のスコアよりも多いスコアを提出していたため、提出されたスコアが有効。競技終了前後に関わらず、スコアの訂正はできない。

 11番ホールは、ボギーだったスコアに対してパーと記載されており、実際のホールのスコアよりも少ないスコアが提出されていたため、規則20.2e(2)に基づき、規則3.3b(3)の違反で失格となった。

【写真】主なシード喪失選手のQTファイナル順位

画像ギャラリー

QTファイナル2位 小倉彩愛 写真:GettyImages
QTファイナル6位 大里桃子 写真:GettyImages
QTファイナル10位 岸部桃子 写真:GettyImages
QTファイナル26位 三ヶ島かな 写真:GettyImages
QTファイナル49位 セキ・ユウティン 写真:GettyImages
QTファイナル51位 金田久美子 写真:GettyImages
QTファイナル56位 渡邉彩香 写真:GettyImages
QTファイナル64位 サイ・ペイイン 写真:GettyImages
QTファイナル78位 植竹希望 写真:GettyImages
QTファイナルステージをプレーする菅楓華 写真:GettyImages

最新記事