「五輪に出られるように」古江彩佳が米ツアー開幕戦で4位タイ 稲見萌寧はデビュー戦19位タイと健闘 | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

「五輪に出られるように」古江彩佳が米ツアー開幕戦で4位タイ 稲見萌寧はデビュー戦19位タイと健闘

米女子ツアー開幕戦で古江彩佳(ふるえ・あやか)が通算8アンダーの4位タイに入った。米ツアーデビュー戦となった稲見萌寧(いなみ・もね)は通算イーブンパーの19位タイ、畑岡奈紗(はたおか・なさ)は22位タイでフィニッシュした。

リディア・コが節目の20勝目で大会制す

米国女子プロゴルフ<ヒルトングランドバケーションズ トーナメント・オブ・チャンピオンズ 1月18~21日 レイクノナG&CC(フロリダ州) 6617ヤード・パー72>

 米女子ツアーの今季開幕戦「ヒルトングランドバケーションズ トーナメント・オブ・チャンピオンズ」には、日本勢が3名出場。初日に首位発進し、最終日は首位と5打差の4位タイからスタートした古江彩佳は、4バーディー、3ボギーの71で回り、通算8アンダーの4位タイでフィニッシュした。

開幕戦を4位タイと上々のスタートを切った古江彩佳 写真:GettyImages
開幕戦を4位タイと上々のスタートを切った古江彩佳 写真:GettyImages

 また、米ツアーデビューとなった稲見萌寧は、通算イーブンパーの19位タイと健闘。3日目には「66」で回り、この日のベストスコアをマークするなど、上位フィニッシュへの期待ものぞかせた。畑岡奈紗は通算1オーバーの22位タイで大会を終えている。

 試合後のインタビューで古江は「自分の去年の調子を維持しながらうまくシーズンに臨めた。まずは(8月のパリ)五輪に出られるように、前半戦を頑張りたい」と話した。大会を制したのは、通算14アンダーでフィニッシュしたリディア・コ。2位に2打差をつけ、節目となる通算20勝目をマークした。

古江 彩佳(ふるえ・あやか)

2000年生まれ、兵庫出身。19年「富士通レディース」でツアー史上7人目のアマ優勝を達成してプロ転向。20年にプロ初勝利を飾り、20-21シーズンはトータル6勝で賞金ランキング2位と躍進した。22年からは米女子ツアーを主戦場にして22年に同ツアー初優勝。同年は国内ツアーでも「富士通レディース」で連覇と大会3勝目を挙げた。日本8勝、米国1勝。富士通所属。

【動画】7バーディー、ノーボギーで首位発進! これが古江彩佳の初日スーパープレー実際の映像です

【写真】初日首位に貢献したブリヂストンの未発表ドライバーと未発表ユーティリティーを大きく見る

画像ギャラリー

ブリヂストンの未発表ドライバーを持つ古江彩佳
ブリヂストンの未発表ドライバーと未発表ユーティリティーを持つ古江彩佳
開幕戦初日にスタートダッシュを決めた古江彩佳 写真:GettyImages
開幕戦を4位タイと上々のスタートを切った古江彩佳 写真:GettyImages
1 2

最新記事