蛭田みな美がツアー2勝目へ自己ベスト「63」で単独首位発進 3連勝目指す竹田麗央は25位

国内女子ツアーの第9戦「パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント」の第1ラウンドが終了。2023年「CAT Ladies」以来のツアー2勝目を目指す蛭田みな美が自己ベストの「63」をマークし単独首位発進を決めた。

舞台は千葉県の浜野ゴルフクラブ

◆国内女子プロゴルフ <パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント 4月26~28日 浜野ゴルフクラブ(千葉県) 6669ヤード・パー72>

 国内女子ツアーの第9戦「パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント」が26日に開幕。第1ラウンドが終了し、2023年「CAT Ladies」以来のツアー2勝目を目指す26歳の蛭田みな美が自己ベスト「63」をマークし単独首位発進を決めた。

蛭田みな美がツアー2勝目へ自己ベスト「63」で単独首位発進した 写真:Getty Images
蛭田みな美がツアー2勝目へ自己ベスト「63」で単独首位発進した 写真:Getty Images

 5番で144ヤードを1メートルにつけてバーディーを先行すると、8番パー3で5メートルを入れて2つ目。9番パー5では204ヤードの2打目を2メートルにつけてイーグルを奪った。後半もパットが冴え5つ伸ばした。

 トーナメントコースレコードと自己ベストを更新し「私自身7アンダーしか出したことなかったので、すごくうれしです」と喜び、「ピンチはほとんどなかったです」と完ぺきなラウンドを振り返った。

 1打差の8アンダーでツアー1勝・34歳の木戸愛が追走する。

 首位と3打差の6アンダー3位タイに天本ハルカと尾関彩美悠がつけている。

 さらに1打差の5アンダー5位タイに河本結、渡邉彩香、岡山絵里、全美貞(韓国)の4人が続いている。

 首位と5打差の4アンダーグループに佐久間朱莉、金澤志奈、三ヶ島かな、青木瀬令奈、アマチュアの伊藤二花ら16人が並んでいる。

 前人未踏の初優勝から3連勝に挑む竹田麗央は序盤の2番と3番を連続バーディーとしたが、その後は一進一退の展開で3アンダー25位タイ。

 ディフェンディングチャンピオンの穴井詩は2アンダー35位タイ。

 米国女子ツアー「シェブロン選手権」に出場し、帰国後の初戦となる岩井明愛は1アンダーで49位タイ。

 今季2戦目の成田美寿々は1オーバー75位にいる。

<上位の成績>
1位/-9/蛭田みな美
2位/-8/木戸愛
3位/-6/天本ハルカ、尾関彩美悠
5位/-5/全美貞、渡邉彩香、河本結、岡山絵里
9位/-4/岩井千怜、佐久間朱莉、金澤志奈、三ヶ島かな、青木瀬令奈、ほか

【写真】「いつも優しいお姉ちゃん」 菅沼菜々&なみきの“親密”プライベートショット これが実際の投稿です

この記事の画像一覧へ(4枚)

画像ギャラリー

菅沼菜々のインスタグラム(@nanasuganuma_official)より
菅沼菜々のインスタグラム(@nanasuganuma_official)より
菅沼菜々のインスタグラム(@nanasuganuma_official)より
蛭田みな美がツアー2勝目へ自己ベスト「63」で単独首位発進
1 2

最新記事