全米OP控える石川遼、前年覇者・金谷拓実、シニア初V・片山晋呉ら参戦【国内男子ゴルフ・メジャー初戦】

国内男子ツアーの今季メジャー初戦「BMW 日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」が6日に開幕する。今年も“宍戸の丘”を舞台に賞金総額1億5000万円、優勝賞金3000万円をかけて熱戦が繰り広げられる。

舞台は今年も宍戸ヒルズCC 西コース

◆国内男子プロゴルフ メジャー第1戦<BMW 日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ 6月6~9日 宍戸ヒルズカントリークラブ 西コース(茨城県) 7430ヤード・パー71>

 国内男子ツアーの今季メジャー初戦「BMW 日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」が6日に開幕する。今年も“宍戸の丘”を舞台に賞金総額1億5000万円、優勝賞金3000万円をかけて熱戦が繰り広げられる。優勝者には賞金&副賞のほかに2025年からの5年シードと、DPワールド(欧州男子)ツアー「BMWインターナショナルオープン」の出場権が与えられる。

今季メジャー初戦に挑む石川遼 写真:JGTO Images
今季メジャー初戦に挑む石川遼 写真:JGTO Images

 前年大会は初日から首位をキープした金谷拓実が、最終日を2バーディー、2ボギーの「71」でプレー。通算11アンダーで逃げ切り、国内メジャー初制覇&ツアー通算4勝目を挙げた。

 2週前の「~全英への道~ミズノオープン」で3年ぶりツアー3勝目を飾った木下稜介は、2021年以来の大会制覇&連勝で波に乗りたいところ。

 07年大会覇者で地元・茨城県出身の片山晋呉は、前週の国内シニア「すまいーだカップ」でシニアツアー初優勝。若手に負けじとレギュラーツアーでも栄冠を狙う。
 
 5月「中日クラウンズ」で初優勝を果たした米澤蓮、同「関西オープン」で同じくツアー初勝利をもぎ取った幡地隆寛も出場。

 翌週13日開幕の米男子メジャー「全米オープン」に出場する石川遼、河本力、清水大成もフィールド入りした。

 その他、歴代覇者の比嘉一貴(22年)、堀川未来夢(19年)、市原弘大(18年)、ショーン・ノリス(17年/南アフリカ)、塚田陽亮(16年)、宮本勝昌(10年)らも名を連ねる。

 4日に予選ラウンドの組み合わせが発表され、金谷は初日、岩崎亜久竜と杉浦悠太とともに午前9時38分に。石川は木下と蝉川泰果と午前11時32分にいずれも1番からスタートする。

 また、週末の8日(土)と9日(日)には東コース1番ホールで「かさまスポーツ&フードフェス」が開催される。キッチンカーで自家製ハンバーガー、笠間名産の栗のモンブランなどのグルメが堪能できるほか、BMXやスナックゴルフ、スケートボードやボルダリングなど、さまざまなスポーツが体験でき、音楽ライブや、8日(土)には花火大会も企画されている。

【写真】石川遼の最新14本を激写!! ドライバーには見慣れないシャフトが…!?(2024年6月)

画像ギャラリー

キャロウェイ パラダイム Ai スモーク ◆◆◆(トリプルダイヤモンド) ドライバー(10.5度) シャフト:Tour AD GC プロトタイプ (60g台、硬さS)
キャロウェイ パラダイム Ai スモーク MAX フェアウェイウッド(3番15度) シャフト:Tour AD TPプロトタイプ(70g台、硬さX)
キャロウェイ APEX UW<2022年>(3番19度、4番23度) シャフト:Tour AD UB(3番 8X/4番 9X)
キャロウェイ APEX MB アイアン ツアーバージョン(5番~PW) シャフト:日本シャフト モーダス3 システム3 プロトタイプ
キャロウェイ JAWS RAW(ジョーズ ロウ)ウェッジ(50、54、58度) シャフト:日本シャフト モーダス3 システム3 プロトタイプ
オデッセイ ホワイトホット XG #7 H CS プロトタイプ
キャロウェイ クロムツアーXボール<2024年>
石川遼のキャディバッグの中身を調査
今季メジャー初戦に挑む石川遼 写真:JGTO Images

最新記事