野澤真央がプレーオフで敗れ初V逃す「優勝争いに食らいついた自分を褒めたい」

プロ6年目、24歳の野澤真央が若林舞衣子にプレーオフで敗れ、悲願の初優勝を惜しくも逃した。「この経験をムダにしないように頑張りたい」と前を向く。

◆国内女子プロゴルフ<GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ 7月16日~18日 茨城・イーグルポイントゴルフクラブ 6657ヤード・パー72>

首位スタートの野澤真央 プレーオフで力尽きる

 最終日を1打差の単独トップで迎えた野澤真央。緊張感からか表情は少し硬かった。

「優勝争いをすると自分は崩れていってしまうタイプ。若林さんが崩さずに伸ばしていくゴルフをしていたので、本当についていくのに必死でした。でもそのおかげで、背中を追いかけてしっかり頑張れた戦いだったと思います」

惜しくも敗れた野澤真央「この経験をムダにしない」 写真:Getty Image

 確かに序盤から若林には勢いがあった。一方の野澤には1番を3パットのボギーとし、3番、4番で連続バーディーのあと、6番でトラブルがあった。ティショットを左の林の中に入れ、隣のホールを使っての痛恨のダブルボギーで後退。前半終了時点で、若林に1打差をつけられた。

「ずっと緊張しっぱなしでした」という後半も11番と13番でバーディーを奪うものの、10番、11番、13番と順調にバーディーを奪う若林に対し、ついていくので精いっぱい。しかし、その粘りがプレーオフにつながった。若林が14番と最終18番をボギーとして、通算15アンダーで並んだのだ。

 ツアー初優勝をかけて挑んだプレーオフは、2ホール目で若林がバーディー、野澤がパーとして勝負あり。「プレーオフもレギュラーツアーで初めてだったので、どうなるのかも自分でも分からなかった。とりあえず最後までずっと緊張していました」と、独特の雰囲気に打ち勝てなかったと告白した。

初めてのプレーオフは今後のいい経験に 野澤真央選手 写真:Getty Image

 今年に入ってからは18試合で11回も予選落ちしているが、今回の優勝争いでポテンシャルの高さをゴルフファンにアピールするには十分だった。ドライバーの平均飛距離は250ヤードで、女子ツアーでも屈指の“剛腕”。パワフルなスイングは、見る者を引きつける魅力がある。

「優勝争いに食らいつけたところは、今まで自分にはなかったところ。褒めてあげたいなと思います。シードを獲ることや賞金ランキングを上げることよりも、優勝争いを目指して頑張っていきたい」

 この気持ちを忘れなければ、初優勝を見られる日は近いはずだ。

この記事の画像一覧へ(3枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/nozawa_gmo_GettyImages-1329305550-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/nozawa_gmo_GettyImages-1329305665-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/nozawa_gmo_GettyImages-1329316792-150x150.jpg

最新記事