自己採点は「30~40点くらい」 銀メダル獲得後ツアー即参戦の稲見萌寧は19位タイ

東京五輪で銀メダル獲得後、国内ツアーに即参戦した稲見萌寧。注目のなかで迎えた試合を通算3アンダーの19位タイで終えた。「最終ホールだけでも見せられてよかった」とバーディー締めに笑顔を見せていた。

◆国内女子プロゴルフ<NEC軽井沢72 8月13日~15日 長野・軽井沢72ゴルフ北コース 6679ヤード・パー72>

“時の人”稲見萌寧 五輪銀メダル後の試合は19位タイ

銀メダリスト稲見萌寧は19位タイでフィニッシュ 写真:Getty Images

 東京五輪女子ゴルフで銀メダルを獲得した稲見萌寧。日本中がメダルラッシュに沸くなか、稲見も時の人となった。

 ただ、国内女子プロゴルフツアーはほぼ毎週トーナメントが開催されているため、五輪が終わっても稲見にはほぼ休むひまはない。五輪後のツアー即参戦ということもあり、どのようなプレーを見せてくれるのか注目が集まっていた。

 しかし、先週は日本全国的に天候は大荒れ。NEC軽井沢72の舞台となった長野県の軽井沢72ゴルフ北コースも大雨の影響で2日目が中止となり、最終の第2ラウンドも9ホールのみとなり、競技が27ホールに短縮された。

 稲見は、インスタートの9ホールとなった15日の決勝ラウンドで14番を3パットのボギーとしたが、16番パー5でバーディー。最終18番では、ピンまで156ヤードのセカンドショットを5番アイアンで1メートルにつけてバーディーで締めた。通算3アンダーの19位タイとまずまずの結果に終わったが、「30~40点くらい」と満足のラウンドではなかったようだ。

稲見萌寧の一挙手一投足には今後も注目が集まる 写真:Getty Images

「上位では争えなかったんですけれど、(結果が)良かった次の週って地味に嫌な感じではあるので、とりあえず予選通過して、アンダーで回れて良かったです。最後の18番は普通にこの雨だと届かないと思ったので、もうひと番手あげてフルショットくらいの力で、スイングの振り幅とスピードをコントロールしました」

 とにかく崩れることなく、最後を狙い通りの場所に打ってのバーディーは、「全然気分が違います」と話す。次の試合につながるゴルフができたことには、ある程度満足できたようだった。

 それにしても東京五輪のメダル獲得の影響はやはり大きく、現在賞金ランキング2位で賞金女王争いも佳境を迎える。これからも“時の人”の一挙手一投足に注目が集まることだろう。

【写真】メダリストの風格!ブラックのレインウェア着こなす稲見 実際の画像を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/inami_karuizawa-3-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/inami_karuizawa-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/inami_karuizawa-2-150x150.jpg

最新記事