“完全復活”した堀琴音からにじみ出る“悔しさ”と“自信”

ニトリレディスで堀琴音は、通算12アンダー、首位と4打差の3位タイで終えた。パー73に設定された大会3日目には「64」をマークし、ツアー最少ストローク記録を更新している。

完全復活をとげた堀琴音が今年6回目のトップ10入り

◆国内女子プロゴルフ<ニトリレディスゴルフトーナメント 8月26~29日 小樽カントリークラブ(北海道) 6775ヤード パー73(1R・3R)/ 6695ヤード パー72(2R・4R)>

 パー73に設定された大会3日目に、1イーグル、8バーディー、1ボギーの「64」、9アンダーをたたき出し、ツアー最少ストローク記録を更新した堀琴音は、「ショットが良くなってきたんだな」と、自信をのぞかせていた。

ツアー最少ストローク記録を更新した堀琴音は3位タイフィニッシュ 写真:Getty Images

 難コースといわれる小樽CCでの記録更新で自信を深めた堀は、最終日を優勝した稲見萌寧と同組でプレー。前半は4番と9番でバーディーを奪うと、後半は14番でもバーディーでスコアを伸ばして優勝争いに加わった。だが、最終18番をボギーとして通算12アンダーで終えた。

 結果は堂々の3位タイ。しかし、結果以上に悔しさがにじみ出ていた。

「萌寧ちゃんのショットがすごく安定していて、全然曲がらなくて、パットもすごく決まっていたので、『勝つ人はこういう人なんだな』と思いました。すごく悔しいです」

 最後まで稲見の背中を追いかけたが、最後は突きはなされた。今年絶好調の選手が持つ強さを全身で感じていたのかもしれない。

自信を取り戻した堀琴音はメジャー大会でのツアー2勝目を狙う

自信を取り戻した堀琴音 狙うはツアー2勝目 写真:Getty Images

 それにしても堀は、7月のニッポンハムレディスでの涙のツアー初優勝から完全復活をとげたと言っていいだろう。その後はコンスタントに予選を通過し、今大会での3位タイという結果も、ツアー2勝目への期待を持たせてくれるものだった。

 次戦のゴルフ5レディスは休養にあて、国内メジャーの日本女子プロゴルフ選手権に出場する。

「2勝目がメジャーだったら最高だと思います。自信も出てきましたし、早く2勝目が欲しい」と前を向いた。

【写真】大スランプから完全復活! 堀琴音、初優勝への軌跡を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/hori-kotone_nhlc_resize_GettyImages-1328103383-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/hori-kotone_nhlcGettyImages-1328097156_resize-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/hori-kotone_nhlcGettyImages-1328089390_resize-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/hori-kotone_nhlc_resize_GettyImages-1317717211 保険の窓口レディース-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/hori-kotone_nhlc_resize_GettyImages-1268360771 ニトリレディース2020-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/hori-kotone_resize_GettyImages-1325350225-アースモンダミンカップ-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/01_horikotone_2021nitori_GettyImages-1336985152-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/02_horikotone_2021nitori_GettyImages-1336998642-150x150.jpg

最新記事