菊地絵理香「水シャワーを5分浴びる」夏バテ対策で地元連勝と“リベンジ”誓う | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

菊地絵理香「水シャワーを5分浴びる」夏バテ対策で地元連勝と“リベンジ”誓う

今季1勝の菊地絵理香が地元の北海道開催となる「北海道meijiカップ」で、「大東建託・いい部屋ネットレディス」に続く今季2勝目、地元での連続優勝を狙う。

地元開催だがコースには苦手意識

◆国内女子プロゴルフ<北海道meijiカップ 8月5~7日 札幌国際カントリークラブ 島松コース(北海道) 6557ヤード・パー72>

 先々週の「大東建託・いい部屋ネットレディス」で今季初優勝した菊地絵理香。地元の北海道で通算5勝目をマークして、喜びの涙を見せていたが、優勝への反響についても「思ったよりも喜んでくれる人がいるので、それにはビックリしました」と語る。

「大東建託・いい部屋ネットレディス」でツアー5勝目を挙げた菊地絵理香 写真:Getty Images
「大東建託・いい部屋ネットレディス」でツアー5勝目を挙げた菊地絵理香 写真:Getty Images

 そして今大会も北海道での開催。菊地には地元での連続優勝の期待がかかるが、そのことを自分自身でもかなり意識しているようだった。

 再び地元での優勝がかかっていることについて聞かれると、「それは言われると思っていました」と笑う。「もちろんプレッシャーです。でも先週よりは調子が良くなっています」と期待を込める。

 ただ、油断はしていない。

「コースに対する苦手意識があります。全体的にグリーンもラインも読みづらいので、いかにシンプルにできるかがカギ。3日間大会なので1日はビッグスコアを出さないといけないので、初日は出遅れないようにしたい」

 菊地は2008年から19年まで毎年、同大会に出場しているが、すべて予選を通過。しかし、トップ10入りは15年6位タイ、16年9位タイの2回のみ。

「この試合はあまり成績も良くないので、リベンジしたい気持ちはあります」と気を引き締める。

 夏バテ対策は「胃もたれしないものを食べることと、水シャワーを5分くらい浴びる」こと。「今日は大好きなラーメンを食べにいきたい」と、地元で束の間のリフレッシュから、明日の初日はスタートダッシュをかける。

菊地 絵理香(きくち・えりか)

1988年7月12日生まれ、北海道出身。ティーチングプロである父の影響で6歳からゴルフを始める。2008年のプロテストに2度目の受験で合格し、12年には年間獲得賞金ランキング43位で自身初のシード入り。15年の「KKT杯バンテリンレディスオープン」でツアー初優勝。今季の「資生堂レディスオープン」で2位タイに入り、生涯獲得賞金6億円突破を果たした。「大東建託・いい部屋ネットレディス」で優勝し、ツアー通算5勝。

この記事の画像一覧へ(17枚)

画像ギャラリー

タイトリスト TSi4
タイトリスト TSi4
タイトリスト TSi4
タイトリスト TSi4
タイトリスト TSi4
タイトリスト T300
タイトリスト T300
タイトリスト T300
タイトリスト T300
タイトリスト T300
タイトリスト T300
タイトリスト T300
タイトリスト T300
タイトリスト T300
タイトリスト T300
クラブ選びは“顔”を重視する菊地絵理香 写真:Getty Images
「大東建託・いい部屋ネットレディス」でツアー5勝目を挙げた菊地絵理香 写真:Getty Images

最新記事