プレジデンツカップ出場選手が中間発表 松山英樹は世界選抜チームの2番手で選出

米国チーム対世界選抜チーム(欧州を除く)で争われる隔年開催の対抗戦「プレジデンツカップ」の自動選出メンバーが発表され、松山英樹は世界選抜の2番手として出場する。

各チーム12名の最終メンバーは9月6日、7日に発表

 米国チーム対世界選抜チーム(欧州を除く)で争われる隔年開催の対抗戦「プレジデンツカップ」(9月20~25日、ノースカロライナ州・クエイルホロークラブ)の出場選手が中間発表された。

前回大会(豪州・ロイヤルメルボルンGC)で対戦した松山英樹とトニー・フィナウ 写真:Getty Images
前回大会(豪州・ロイヤルメルボルンGC)で対戦した松山英樹とトニー・フィナウ 写真:Getty Images

 今回発表されたのは、各チームが決めた基準によるポイントランキング上位の自動選出メンバー。米国チームは6名、世界選抜チームは8人が発表された。

 なお、海外選抜チームのキャプテン、トレバー・イメルマンと米国チームのキャプテン、デービス・ラブ3世により、それぞれ9月6日と9月7日にキャプテン推薦の選手が発表され、各チーム12名のメンバーが最終決定する予定だ。

 各チームの自動選出メンバーは下記の通り。

米国チーム

スコッティ・シェフラー(PGAツアー通算4勝、プレジデンツカップ初出場)
パトリック・キャントレー(PGAツアー通算8勝、プレジデンツカップ出場1回)
ザンダー・シャウフェレ(PGAツアー通算7勝、プレジデンツカップ出場1回)
サム・バーンズ(PGAツアー通算4勝、プレジデンツカップ初出場)
ジャスティン・トーマス(PGAツアー通算15勝、プレジデンツカップ出場2回)
トニー・フィナウ(PGAツアー通算4勝、プレジデンツカップ出場1回)

世界選抜チーム

キャメロン・スミス(豪州、PGAツアー通算6勝、プレジデンツカップ出場1回)
松山英樹(日本、PGAツアー通算8勝、プレジデンツカップ出場4回)
イム・ソンジェ(韓国、PGAツアー通算2勝、プレジデンツカップ出場1回)
ホアキン・ニーマン(チリ、PGAツアー通算2勝、プレジデンツカップ出場1回)
キム・ジョンフン(韓国、PGAツアー通算1勝、プレジデンツカップ初出場)
コーリー・コナーズ(カナダ、PGAツアー通算1勝、プレジデンツカップ初出場)
アダム・スコット(豪州、PGAツアー通算14勝、プレジデンツカップ出場9回)
ミト・ペレイラ(チリ、PGAツアー未勝利、プレジデンツカップ初出場)

 1994年に始まったプレジデンツカップの過去13大会の戦績は、米国チームの11勝1敗1引き分け。今回のメンバーの実績を見ても米国の優位は動かないが、今年、大ブレイクしたキャメロン・スミスや松山の活躍で、1998年以来の勝利をもぎ取ってほしいところだ。

【写真】プレジデンツカップ出場選手の主な顔ぶれ

画像ギャラリー

世界選抜:松山英樹
世界選抜:キャメロン・スミス
世界選抜:ホアキン・ニーマン
米国:スコッティ・シェフラー
米国:パトリック・キャントレー
米国:ザンダー・シャウフェレ
米国:ジャスティン・トーマス(右)
前回大会(豪州・ロイヤルメルボルンGC)で対戦した松山英樹とトニー・フィナウ 写真:Getty Images

最新記事