優勝争いも伸ばせなかった畑岡奈紗 ディフェンディングの次戦に爆発なるか

 米女子ゴルフのCP女子オープンは28日、カナダのオタワ・ハント&ゴルフクラブで最終ラウンドが行われた。9位から出た畑岡奈紗は3バーディー、3ボギーの71と伸ばせず、通算11アンダーで13位タイに終わった。

最後まで「ショットとパットかみ合わず

◆米国女子プロゴルフ<CP女子オープン 8月25~28日 オタワ・ハント&ゴルフクラブ(カナダ) 6709ヤード・パー71>

 米女子ゴルフのCP女子オープンは28日、カナダのオタワ・ハント&ゴルフクラブで最終ラウンドが行われた。9位から出た畑岡奈紗は3バーディー、3ボギーの71と伸ばせず、通算11アンダーで13位タイに終わった。

悔しさを胸に、次戦ディフェンディングチャンピオンとしての試合に臨む畑岡奈紗 写真:Getty Images
悔しさを胸に、次戦ディフェンディングチャンピオンとしての試合に臨む畑岡奈紗 写真:Getty Images

 試合は3位スタートのポーラ・リトー(南アフリカ)が最終日は前半で5バーディーのロケットスタートに成功。通算19アンダーに伸ばし、ツアー9年目にして初優勝を果たした。

 リトーは「ずっと緊張していた。いつかは勝てると思ってプレーしていた。夢がかなってうれしい」と喜びを爆発させた。

 畑岡は出足の1番でいきなりつまづいた。グリーンをショートし、アプローチを1メートルにつけながら、このフックラインをポロリと外す。5番ではピン右1メートルにつけるスーパーショットを見せて1パットのバーディー。7番でもラフから3メートルにつけて1パットのパーセーブと、フラストレーションのたまるゴルフが続き、なかなかスコアが伸ばせないまま前半を折り返した。
 
 後半も12番でバンカーにつかまり、4メートルと寄せ切れずボギーが先行。13番では50センチのショートパットを外し連続ボギーと、苦しいゴルフが続いた。しかし14番で奥から4メートルを決めると、続く15番でも1.5メートルにつけて連続バーディー。再び借金を帳消しにしたが、結局この日はイーブンパーの71でホールアウト。上位進出はならなかった。
 
 9位から13位への後退とあって、畑岡自身もいまひとつさえない表情。

「今日はスコアを伸ばして終わりたかったけど、ショットとパットもかみ合わず、71というスコアは残念でした」と悔やんだ。ただ、課題も見つかった。「左に巻くボールが何ホールか出たので、カットボールの練習が必要だと思う」と、調整が急務であることを口にした。

 というのも、来週は特別な試合。畑岡の連覇がかかるデーナオープンがオハイオ州ハイランドメドウズGCで開催されるからだ。昨年は畑岡が初日、爆発的な61をマーク。2日目69、3日目64と好スコアを重ねた相性のいいコースだ。雨により大会は54ホールに短縮されることとなったが、結局畑岡が2位に6打差をつけ、LPGAツアー4勝目を挙げている。

 それだけに畑岡も「来週はディフェンディングチャンピオンとして戦う試合ですし、その翌週は新しい試合。オハイオでプレーできるのが楽しみです」と極めて前向き。ショットを立て直しての連覇に期待がかかる。

 古江彩佳は2バーディー、3ボギーの72とスコアを1つ落とし、通算6アンダーで45位タイに終わった。こちらも「バーディー獲ってすぐボギーという流れで、もったいなかった。チャンスが少なかったのは反省点だと思います。切り替えて、来週は来週で自分のプレーができるように頑張りたい」と古江もオハイオシリーズでの巻き返しを誓った。

畑岡 奈紗(はたおか・なさ)

1999年1月13日生まれ、茨城県出身。2017年プロ入り。渋野日向子、原英莉花らツアーを席巻してる「黄金世代」の一人。2016年「日本女子オープン」で史上初のアマチュア優勝を成し遂げ、2018年の「ウォルマートNWアーカンソー選手権」で米ツアー初優勝を日本人最年少で達成。アビームコンサルティング所属。

【動画】「彼女たちみたいにスイングできたらいいのに」 渋野日向子とブハイの“スイング比較”
1 2

最新記事