吉田優利が8アンダー! 連覇へのカギは「アクセサリー新調!?」

昨年のゴルフ5レディスを制した吉田優利が、勝みなみが初日にたたき出したコースレコードに1打差という「64」をマーク。一気にスコアボードを駆け上がった。

「プロとしての価値は優勝でしか表せない」

◆国内女子プロゴルフ<アルペングループ創業50周年記念大会 ゴルフ5レディス 9月2~4日 ゴルフ5カントリー オークビレッヂ(千葉県) 6465ヤード・パー72>

 吉田優利が連覇に向けてグイっと浮上した。

 ゴルフ5レディス2日目。吉田は首位に8打差の1アンダー32位タイから、いきなり3連続バーディーでスタート。ディフェンディング・チャンピオンとして臨みながら、ダボ、ボギーと2ホールで3オーバーの出だしとなった前日とは違い、リズムよくプレーを続けた。

一気にスコアを伸ばし連覇に向け好位置で最終日を迎える吉田優利(写真右) 写真:Getty Images
一気にスコアを伸ばし連覇に向け好位置で最終日を迎える吉田優利(写真右) 写真:Getty Images

 9番パー4、10番パー4も連続バーディーで通算6アンダーとすると、パー5の13番でも5メートルを沈めてみせる。16番パー5、17番パー4の連続バーディーで締めて8アンダー「64」。

 終わってみれば、初日に勝みなみが叩き出したコースレコードにあと1打と迫るプレーで、通算9アンダーと、連覇に一気に近づいた。

「昨日よりチャンスにつく回数が多かったかな。昨日の(出だし)2ホールは、OBと池だけだし、OBも木に当たってのものだからそんなに悪くない、気にしていませんでした。そのぶん、今日いいとこに行かないと上に追いつかないと思ったので、いいプレーができてよかったです」と笑う。

 24試合に出場してトップ10入りが5回。特に直近の8試合はうち5回トップ10入りと安定したプレーを続けている今季だが、優勝はできていない。

「プロとしての価値は優勝でしか表せないのかな、と思っています。去年はデコボコの成績でも2回勝てた。そこに価値があるとわかっているからこそ」と、もどかしさを隠さない。

「優勝できないけど調子がいいというのは、何か変えないといけないんじゃないかと思って」と、アクセサリーやベルトを新しいものに変えて気分を変えている。どんなことでもいいから優勝へのきっかけが欲しい。そんな気持ちが、笑顔の裏に透けて見える。

「ここには池もあるし何があるかわからない。明日は取りこぼしのないようにしたいです」と慎重な姿勢を見せた吉田。連覇という大仕事に向かって突き進む。

 次週には日本女子プロゴルフ選手権(9月8~11日、京都府・城陽CC)、4週後には日本女子オープン(9月29日~10月2日、千葉県・紫CCすみれC)と、公式戦が待ち構えている。大切な秋を前にして、吉田の勢いが止まらない。

吉田 優利(よしだ・ゆうり)

2000年4月17日生まれ、千葉県出身。2019年プロ入り。西村優菜、古江彩佳、安田祐香らと同学年の“プラチナ世代”の一人。2021年「楽天スーパーレディース」でツアー初優勝を飾り、同年の「ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント」でも優勝を遂げた。エプソン所属。

【動画】「かわいすぎる!」と話題になった吉田優利のバーディーパット見送り
1 2

最新記事