「3メートル“しか”オーバーしなかった」惜敗も強気が光った吉田優利 胸張りメジャー獲りへ

ゴルフ5レディス最終日、首位の勝みなみに1打差2位からの逆転を狙った吉田優利は、土壇場でクラブハウスリーダーのセキ・ユウティンに追いついたものの、プレーオフ2ホール目で惜敗を喫した。

「次につながるものがたくさんあった」

◆国内女子プロゴルフ<アルペングループ創業50周年記念大会 ゴルフ5レディス 9月2~4日 ゴルフ5カントリー オークビレッヂ(千葉県) 6465ヤード・パー72>

優勝争いのプレッシャーの中でも生き生きとした表情でプレーした吉田優利 写真:Getty Images
優勝争いのプレッシャーの中でも生き生きとした表情でプレーした吉田優利 写真:Getty Images

 連覇を逃しても、吉田優利は前向きでいることを忘れなかった。

 ゴルフ5レディス最終日、首位の勝みなみに1打差2位からの逆転を狙った吉田は、大混戦の中、しぶといプレーを続けた。

 圧巻は、17番のバーディーだ。4組前のセキ・ユウティンが先に12アンダーでホールアウトしたのを意識しながら、1打ビハインドで迎えた正念場のパー3。6番アイアンで左奥13メートルにつけたバーディーパットをねじ込んだ。

「1打差なのは分かってました。これ(バーディー)で、やっと追いついたイメージ。『入れて、次!』みたいな気持ちでした」。プレーオフに持ち込んだ。

 18番パー4の繰り返しとなったプレーオフ。1ホール目でパーオンし、チャンスを迎えた。セキは3オン。吉田は18メートルのバーディーパットを、3メートルもオーバーするほどしっかりと打った。「(正規の)18番で少しショートしてたので、強く入った。でも3メートルくらいしかオーバーしてなかった」

 この場面で、この言葉。「3メートルしか」と言える選手が、どれだけいるだろうか。

 結果的には、返しも入らず3パットボギー。セキのピンチを救い、2ホール目で負けてしまうのだが「攻め続けられた結果」と、吉田はまったく後悔していない。

 次のホールは、ともに2オン。吉田がバーディーを決められず、セキが4メートルを決めて優勝を決めた。吉田は、笑顔でセキを祝福した。

「純粋に勝てなくて悔しい気持ちもありますし、自分がやらなければいけないことができたという気持ちもあります」

 最後は相手が一枚上手だったが、連覇のかかった大会で、土壇場で追いつき、プレーオフに持ち込んだ強さが光る一戦だった。17番を振り返って「追いつかないと優勝できないというのは、当たり前だけど難しいこと。それを分かってプレーできたことは、次につながるものがたくさんあったと思います」と、胸を張る。

 自信を深めて臨む“次”は、日本女子プロゴルフ選手権(8~11日、京都府・城陽CC)。どんな戦いを見せてくれるのか楽しみだ。

吉田 優利(よしだ・ゆうり)

2000年4月17日生まれ、千葉県出身。2019年プロ入り。西村優菜、古江彩佳、安田祐香らと同学年の“プラチナ世代”の一人。2021年「楽天スーパーレディース」でツアー初優勝を飾り、同年の「ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント」でも優勝を遂げた。エプソン所属。

【動画】「体勢かわいすぎるんですけど」 吉田優利のバーディーパットにファンくぎ付け
1 2

最新記事