13戦中8勝を挙げ昨年合格の94期生が女子下部ツアーを席巻中! 川崎春花や尾関彩美悠に続くのは誰だ!?

女子の下部ツアーにあたるステップ・アップ・ツアーで昨年プロテストに合格したばかりの94期生が大活躍している。すでに13戦中8勝を挙げ、ランキングトップ3を独占中です。

レギュラーツアーでもすでに2勝を挙げている94期生

 女子の下部ツアーにあたるステップ・アップ・ツアーをルーキーが席巻している。

 先週のかねひで美やらびオープンで4勝目を挙げて賞金ランキング1位を独走している18歳の櫻井心那を筆頭に、昨年11月のプロテストで合格した94期生がここまで13試合中8試合で優勝。賞金ランキング1~3位を独占しているのだ。

 ステップ・アップ・ツアーとは「JLPGAツアーに出場資格を持たない選手および新人を対象に、試合経験を積ませることによる育成・レベルアップを目的としたツアー」。実績のない若手やルーキーにとっては、文字通りステップ・アップを目指すための舞台である。

ステップ初優勝から16日後にメジャー大会である日本女子プロを制した川崎春花 写真:Getty Images
ステップ初優勝から16日後にメジャー大会である日本女子プロを制した川崎春花 写真:Getty Images

 だから、元々フレッシュな選手の活躍が多いのだが、今季は特にルーキーの優勝が目立つ。第3戦のフンドーキンレディースで大林奈央が94期先陣を切ると、次戦の九州みらい建設グループレディース窓乃梅カップで桑山紗月が続いた。

 大林は1999年度生まれで桑山は1997年度生まれ。94期の中では“お姉さん”の部類だ。

 第6戦のECCレディスで櫻井、第9戦の山陰ご縁むす美レディースでは川崎春花が優勝。ともに高校3年でプロテスト一発合格を果たした2003年度生まれ組である。川崎はステップ・アップ・ツアー初優勝からわずか16日後に日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯で衝撃的な大会最年少優勝を飾った。

 同学年・川崎の快挙に刺激されたかのように、櫻井は第10戦山陽新聞レディース、第11戦中国新聞ちゅーピーレディースを連勝。ともに単独首位から堂々の逃げ切りだった。

 第12戦でステップ・アップ・ツアー唯一の4日間大会であるSkyレディースABC杯は櫻井らより1学年上の2002年度生まれで、2回目の挑戦で合格した宮澤美咲が勝ち、そして第13戦のかねひで美やらびオープンでまたもや櫻井が単独首位から逃げ切った。川崎が勝った第9戦以降、94期は実に5連勝中なのである。

 現在、賞金ランキング1位が櫻井、2位が宮澤、3位が大林と94期がトップ3を独占。5位には、すでにステップ・アップを卒業したが川崎の名がある。

 櫻井の年間4勝はステップ・アップ・ツアーのシーズン最多勝タイ記録。獲得賞金は2070万4100円でシーズン最多獲得賞金記録に約22万円にまで迫っている。今季はあと4試合残っているから、最多勝、獲得賞金ともに新記録を樹立するチャンスだ。

賞金ランキング1位の櫻井は現時点で最年少女子プロ

 ブレーク中の櫻井はどんな経歴の持ち主なのか。長崎県出身で2004年2月13日生まれ。2003年度組のプロテスト合格者の中で最も誕生日が遅いため、現時点で「最年少女子プロ」ということになる。

 長崎日大高校時代は全国高校選手権で優勝してはいるがプロのトーナメントや海外でも活躍していた同学年の尾関彩美悠や梶谷翼、佐藤心結、竹田麗央らに比べれば目立つ存在とはいえなかった。

既に4勝を挙げシーズン最多勝&最多獲得賞金記録がかかる櫻井心那 写真:Getty Images
既に4勝を挙げシーズン最多勝&最多獲得賞金記録がかかる櫻井心那 写真:Getty Images

 しかし、プロとなってから開花中。JLPGAツアーへの出場は3試合と少ないが、8月の北海道meijiカップでは最終日最終組を経験し、最後まで優勝を争っての1打差2位。当時は同期でJLPGAツアーに勝った選手はおらず、94期初優勝一番乗りまであと一歩だった。

 身長166センチと体格にも恵まれており、飛距離も出る。パーオン率は74.2165%の高率で、ステップ・アップ・ツアー1位だ。

 昨季の後半は昨年6月のプロテストで合格した1期先輩の93期生がステップ・アップ・ツアーで次々に優勝した。うち、今季のJLPGAツアーで2勝を挙げた岩井千怜をはじめ後藤未有、佐久間朱莉がメルセデス・ランキング50位以内の初シード圏内にいる。見事にステップ・アップを果たしたわけだ。

 櫻井も来季はJLPGAツアーでの躍進が期待できる。

 同期同学年の川崎と尾関はすでにJLPGAツアーで優勝し、佐藤はメルセデス・ランキングでは2人を上回る32位で初シード獲得は確実。一歩先をいく彼女らに追いつき、追い越せるか。まずは14日開幕のステップ・アップ・ツアー、日台交流うどん県レディースで最多勝と獲得賞金の記録更新に挑む。

【尾関彩美悠がトップ合格】昨年プロテストの主な合格者とスコア

画像ギャラリー

8アンダーで見事トップ合格を果たした尾関彩美悠 写真:Getty Images
2位は5アンダーの高久みなみ 写真:Getty Images
3位は2アンダーの泉田琴菜 写真:Getty Images
4位は1アンダーの佐藤心結 写真:Getty Images
5位タイはイーブンパーの新真菜弥 写真:Getty Images
5位タイはイーブンパーの丹萌乃 写真:Getty Images
5位タイはイーブンパーの藤田かれん 写真:Getty Images
5位タイはイーブンパーの竹田麗央 写真:Getty Images
川崎春花は2オーバーで12位タイ合格 写真:Getty Images
ステップ初優勝から16日後にメジャー大会である日本女子プロを制した川崎春花 写真:Getty Images
既に4勝を挙げシーズン最多勝&最多獲得賞金記録がかかる櫻井心那 写真:Getty Images

最新記事