昨年プロテスト合格の阿部未悠が単独3位浮上「優勝したい気持ちはすごく強い」

阿部未悠がNOBUTA GROUP マスターズGCレディースの2日目に4バーディー、1ボギーの69で回り、通算9アンダーで単独3位に浮上した。

「今年の目標は優勝して最終戦に出ること」

◆国内女子プロゴルフ<NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 10月20~23日 マスターズゴルフ倶楽部(兵庫県) 6585ヤード・パー72>

 昨年のプロテストに合格したルーキーの阿部未悠がNOBUTA GROUP マスターズGCレディースの2日目に4バーディー、1ボギーの69で回り、通算9アンダーで単独3位に浮上した。

4バーディー、1ボギーの69で単独3位に浮上した阿部未悠 写真:Getty Images
4バーディー、1ボギーの69で単独3位に浮上した阿部未悠 写真:Getty Images

 先週の富士通レディースで最終日最終組を回り、成績も自身ベストの4位タイ。今季はトップ10入りが5回と好調を維持している。今週も初日から「66」と好スタートを切り、2日目も「ティーショットをフェアウェイに置くことに気を付けてプレーしました。フェアウェイを外したのは1ホールだけで、思うようなショットが打てています」と振り返る。

 前半は4つのバーディーとボギーが1つ。しかし、後半の9ホールはすべてパーで、「風が吹いてきて読みにくかった。方向と距離感を合わせるのが難しかった」と、どうにか耐え抜いた。

 好調の要因については、「先週も3日間通してパットが良くて、その中でショットがついてくれたバーディーもありますし、今週も同じ流れで長いのが入ってくれました」と話す。

 ショットとパットが噛み合い、いい位置からの決勝ラウンド。優勝のチャンスが巡ってきたことに気持ちもたかぶる。

「優勝したい気持ちはすごく強いです。今年の目標は、優勝して最終戦のリコーカップに出ること。ドライバーが曲がらないのも強みですし、攻めるゴルフが好きで、ピンを指していけるようなショットを打てるように練習しています」

 攻めの姿勢を貫き、優勝争いに加われるか。

阿部 未悠(あべ・みゆう)

2000年9月27日生まれ、北海道出身。父の影響で10歳からゴルフを始め、2021年にプロテスト合格。同年はステップアップツアーに4試合に出場。今季はレギュラーツアーを主戦場とし、5月に行われた「リゾートトラスト レディス」ではホールインワンを達成するなど、5位タイの好成績を収めた。ミネベアミツミ所属。

【写真】「#納車は誕生日翌日」 阿部未悠がホールインワン賞金でゲットした“ベンツ”を披露
1 2 3

最新記事