冬ゴルフの手打ち防止に効果的! TOTOジャパンクラシック覇者のツマ先の向きに注目

多くのツアープロのコーチとして活躍している石井忍氏が、“ここはスゴイ”と思った選手やプレーを独自の視点で分析します。今回注目したのは、「TOTOジャパンクラシック」で優勝したジェマ・ドライバーグです。

ドライバーグが2日連続で「65」を出せた要因

 11月3日から6日までの4日間、「TOTOジャパンクラシック」が開催されました。日本で唯一の全米女子プロゴルフ協会(USLPGA)公式戦として行われた大会で、同ツアーからは今年の全米女子オープンでメジャー2勝目を飾ったミンジー・リー選手、世界ランキング(ロレックス・ランキング)1位に輝いたばかりのアッタヤー・ティティクル選手、CMEグローブポイントランキング5位のチェ・ヘジン選手ら、トッププレーヤーが出場。

ショットもパットも左足ツマ先の開きが大きいことで腰が回転しやすい
ショットもパットも左足ツマ先の開きが大きいことで腰が回転しやすい

 また、USLPGAツアーで活躍する畑岡奈紗選手、古江彩佳選手、渋野日向子選手、笹生優花選手ら日本勢も出場しました。渋野選手はUSLPGAメンバーとして今大会に出場することを目標の一つにしていました。ツアー参戦1年目で実現したのは素晴らしいですね。

 ちなみに、CMEグローブポイントランキング2位のティティクル選手、同5位のヘジン選手、そして7月にUSLPGAツアー初勝利を挙げた古江選手もツアールーキーです。日本ツアーでも川崎春花選手や尾関彩美悠選手らがルーキーイヤーで優勝を挙げていますが、USLPGAツアーでも1年目の選手の活躍が目立っていますね。

 一方、日本ツアーからもメルセデス・ランキングの上位35人が出場しました。この大会に優勝すれば、来季のUSLPGAツアーの切符を手にできます。そういう意味では、12月に行われる来季の出場資格を賭けた「最終予選会(Qシリーズ)」に参戦予定の勝みなみ選手、西村優菜選手、さらに将来的に同ツアーを見据えている山下美夢有選手のプレーにも注目でした。結果は、勝選手は8位タイ、西村選手は4位、山下選手は5位タイ。優勝はできませんでしたが、トップ10入りを果たしています。

 さて、そんな日米のトップ選手が集結した今大会を制したのは、スコットランドのジェマ・ドライバーグ選手です。初日は30位タイだったものの、2日目8位タイ、3日目2位と順位を上げ、最終日に逆転。通算20アンダーで初優勝を飾りました。

 ドライバーグ選手は、テンポ良くスムーズに振り抜くスイングで、3日目と最終日にそれぞれ65のベストスコアをマークしました。この“スムーズさ”を生み出す一つの要因が、アドレス時の左足の向きにあります。

左足ツマ先を30度開いて構える

 彼女はショットでもパッティングでも左足ツマ先を30度くらい開いて構えます。左足ツマ先を飛球線側に向けると、ショットでは、ダウンスイングからフォローにかけて、腰を回転しやすくなるというメリットがあります。反対に、右足ツマ先を飛球線後方側に開いて構えると、バックスイングで腰を回転しやすくなります。

これから寒い時期になり、体を回しづらくなります。腰が回らず手打ちスイングになりやすい人は、ドライバーグ選手のツマ先の向きを参考にしてみてはいかがでしょう。

ジェマ・ドライバーグ

1993年生まれ、スコットランド出身。アマチュア時代の2014年、スコットランド代表として日本開催の「世界アマ」に出場。翌15年にプロ転向し、18年からUSLPGAメンバーに。今季の「TOTOジャパンクラシック」では通算20アンダーをマークし、USLPGAツアー初優勝を飾った。

【解説】石井 忍(いしい・しのぶ)

1974年生まれ、千葉県出身。日本大学ゴルフ部を経て1998年プロ転向。その後、コーチとして手腕を発揮し、多くの男女ツアープロを指導。「エースゴルフクラブ」を主宰し、アマチュアにもレッスンを行う。

【動画】「面白い(笑)」 TOTOで藤田さいきが放った“珍”ティーショット
1 2

最新記事