上田桃子 2週連続ダボが効いての逆転負けに「あそこに打ってしまったのが…」

伊藤園レディス最終日、山下美夢有に2打差をつけて首位でスタートした上田桃子。終盤まで息詰まる優勝争いを繰り広げたが、16番で痛恨のダブルボギー。2週連続で逆転負けを喫してしまった。

「最後まであきらめずに戦ったんですけど…」

◆国内女子プロゴルフ<伊藤園レディス 11月11~13日 グレートアイランド倶楽部(千葉県) 6741ヤード・パー72>

 またしても痛恨のダブルボギー。ベテラン、上田桃子は2試合続けての逆転負けを喫した。

18番グリーンでバーディーパットを外して万事休し、顔を覆う上田桃子 写真:Getty Images
18番グリーンでバーディーパットを外して万事休し、顔を覆う上田桃子 写真:Getty Images

 11月に入って、大詰めを迎えた女子ツアー。第1週に米ツアー主催で日本ツアー特別公認のTOTOジャパンクラシックでは、ジェマ・ドライバーグに1打差単独首位で最終日を迎えた。だが、3バーディー、3ボギー、1ダブルボギーで2つスコアを落として、ドライバーグに逆転を許した。結果は8打差5位タイ。完敗だった。中でも痛かったのは11番のダブルボギーだ。

 その翌週に行われた伊藤園レディスは、そのリベンジをかけた試合でもあった。

 今度は山下美夢有に2打差の単独首位と再びアドバンテージを持って最終日を迎える。しかし、悪夢がまたも上田を襲った。今度は15番でともにバーディーを奪った山下、岸部桃子の2人に追いつかれた直後の16番だった。

「右からアゲンストだと思っていたので、しっかり振り切って行こうと思ったんですけど」というティーショットは大きく右に出て、ボールは大木の根元。

「出すにも出せなかったので」という状況からダブルボギーとなってしまった。前週よりもさらに緊迫した場面でのまさかの大失速。「まあ、あそこに打ってしまったのが……という感じです」と、悔いの残る1打となった。

 山下のツアー5勝目を許す結果となってしまった上田。

「後半もそうですし、やっぱりパッティングでチャンスのところを決めきれなかったのがすべてかなと思います」と、敗因を口にした。

「最後まであきらめずに戦ったんですけど……」と、残り2ホールでの挽回をかけたが、岸部にも1打ビハインドの3位。2週続けての悔しい結果を受け入れるしかなかった。

 10代から20代前半の選手たちが台頭する中、36歳になった現在も闘志を失うことなく戦い続け、今季は富士フイルム・スタジオアリス女子オープンでツアー16勝目(2011年ミズノクラシックは、米ツアー選手として出場しての優勝のため、規定で日本女子ツアーの優勝にはカウントせず)を挙げている。

 17勝目を目前にしながら、2試合で勝てなかったショックは大きいが、米ツアーの厳しいフィールドを経験してきた上田なら、さらなるステップアップの糧にしてくれるはずだ。まずは残り2試合。上田桃子の戦いは続く。

上田 桃子(うえだ・ももこ)

1986年6月15日生まれ、熊本県出身。2005年プロ入り。07年にミズノクラシックなど年間4勝を挙げ、翌年から米ツアーに挑戦。21年6月に入籍。今季の「富士フイルム・スタジオアリス女子オープン」優勝がミセスでの初勝利となった。ZOZO所属。

【動画】伊藤園2日目に上田桃子が決めた長~~~~~~いパット
1 2

最新記事